海上釣り堀「辨屋」で「ファミリーフィッシング大会」。マダイ・青物釣れ笑顔溢れる1日【フィッシング遊】

ショップインフォ
ファミリーフィッシング大会の集合写真
                  

今年、フィッシング遊では、4年ぶりとなる「ファミリーフィッシング大会」を開催した。

4年前までは愛知県と三重県の2大会のみの開催だったが、今年は、愛知2会場、静岡、三重と4会場を企画。うち愛知三河エリア一色漁港大会は雨で中止となったものの、残り3大会は無事に開催し盛況に終わった。

開始早々マダイラッシュ!三重県大会は海上釣り堀で開催

11月5日には三重県大会を開催。南伊勢町礫浦にある海上釣堀「辨屋」で行われた。

今回のファミリーフィッシング大会では、単に順位を競うのではなく、釣りを通じて家族のコミュニケーションをとってもらう事を目的に、子どもと大人のペアにつき竿1本のルールで実施。

ファミリーフィッシング大会の様子
親子で一緒になって釣りを満喫出来るイベントだ

当日は、前日放流していた事もあり、スタート直後からマダイのラッシュで始まった。

釣れていないペアには、各筏についたスタッフがしっかりとサポート。また、今回はスナップ写真も撮影し、希望者にはその場でデータをプレゼントするなど、長時間の釣りでも飽きさせないよう工夫して行われた。

ファミリーフィッシング大会の釣果
当日はマダイがよく釣れた
ファミリーフィッシング大会の釣果
   
ファミリーフィッシング大会の釣果
マダイを手にVサイン

参加者達も釣りを楽しみ、カンパチの他、10㎏を超えるブリも釣れ、笑顔溢れる釣り大会となった。

ファミリーフィッシング大会の釣果
大型の魚も釣れ盛り上がった

大会・イベントで釣り人口増加に貢献。業界の活性化目指す

実釣後は表彰式とお楽しみ抽選会を実施。メーカーや卸業者から協賛された賞品をプレゼントし、大会終了となった。

ファミリーフィッシング大会の表彰台
大会の表彰台

フィッシング遊は、「今後も大会や釣り教室などを積極的に開催し、微力ではありますが、未来の釣り人の創造、釣り業界の活性化へ貢献していきたいと思います」とコメントしている。

【提供:アサヒレジャー・編集:釣具新聞】

関連記事
「SDGs宣言」で地元貢献。清掃・放流など取り組み、「三重県S‌D‌Gs推進パートナー」にも登録【フィッシング遊】
【フィッシング遊】「ハゼの佃煮」を若い世代へ!釣り大会で食文化の継承。地元食品会社と協力
フィッシング遊スタッフが地元の中学生と清掃活動!ヒラメの稚魚も観察、SDGsについて学ぶ
中学生に「好きなことを仕事にする楽しさ」伝える。フィッシング遊スタッフが学校で講演を実施

関連記事

【テイルウォーク】「TAIGAME SSD」ラインナップが豊富なタイラバ用ロッド

「マリア秋の青物祭り2023」店頭とInstagramで開催中!簡単応募で豪華賞品を当てよう【Maria】

【バレーヒル】タングステンラトル採用「LV 500GP TG」

上州屋盛岡上堂店がリニューアルオープン!記念セールも絶賛開催中。地域密着・充実の品揃えで東北の釣りを応援

【ニッコー化成】「ZAZA おたまじゃくし 2.9inch」新色追加

【マルキユー】製品特徴をしっかりキープ「パワーイソメ保存液」

【東海地区最大級の釣具店】「フィッシング遊東郷店」、「FLD東郷店」が10月17日(月)にオープン!

【ダイワ】「ZILLION SV TW」タフバーサタイルリール