中学生に「好きなことを仕事にする楽しさ」伝える。フィッシング遊スタッフが学校で講演を実施

ショップインフォ
アサヒレジャーの講演の様子

釣具店の「フィッシング遊」を展開しているアサヒレジャーでは、7月14日(金)、「令和5年度職業人から学ぶしごと魅力発見事業」のカリキュラムとして、中学2年生120人を対象に将来の就職に向けて講演を行った。

今回依頼があったのは、アサヒレジャーと一緒に清掃活動を継続している三重県津市立一志中学校。

講演テーマは「好きなことを仕事にする楽しさについて」だ。

アサヒレジャーでは学生に向けての講演は初めてだったが、釣具店・釣具業界について、地元三重の現在の釣りの状況、そして実際の店舗での仕事内容などの話を行った。

途中、竿曲げ体験や実際の釣具に触れる機会を作り、生徒たちが途中で飽きないよう工夫を凝らした講演となっていた。

アサヒレジャーの講演の様子
講演の様子。釣具店の仕事や釣具業界について等、様々な事が話された

生徒からの感想文によると、講演テーマもしっかり伝わっており、将来の就職を選ぶ基準の1つに「好きな事を仕事にしてもよい」という認識を持ってもらえた様子だった。

アサヒレジャーは、「今回の講演は、当社が取り組んでいるSDGs活動にも通じるものがあり、たどたどしい講演内容だったと思いますが、それでも一生懸命聞いていただいた一志中学校の生徒の皆さんに感謝するとともに、彼らの将来が楽しく、より充実したものになりますよう、心より願える貴重な体験をさせていただきました」とコメントしている。

講演の参加者で集合写真
生徒達にもしっかり講演のテーマが伝わっていた

【提供:アサヒレジャー・編集:釣具新聞】

関連記事

【シマノ】「海攻 ヒラメリミテッド」手持ち操作を追求したフラッグシップモデル

【ゴールデンミーン】「GMアルミフックキーパー」ゴムリングで簡単装着

【EMLINX(エムリンクス)】釣具店の万引き防止に新提案!近隣店舗と情報共有し地域犯罪撲滅を

世界のトーナメントを制するために磨き上げられたバスロッド「スティーズ リアルコントロール」 【ダイワ】

【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。~放流魚の標識を知る。釣り人も協力できる!~

【高本采実さんにインタビュー】「4コマ水産学」が話題の釣りタレント。魚の生態から釣りの魅力を発信!

田代誠一郎監修!「アバニ キャスティングPE」にヒラマサチューンが登場

【ポイント】「うきまろグッズプレゼントキャンペーン」開催中。うきまろアイテム購入で可愛いグッズをGET!