【日本釣振興会三重県支部】三重県津市近隣の海にヒラメの稚魚2300尾放流

ニュース
三重県津市近隣の海に2300尾のヒラメの稚魚が放流された
三重県津市近隣の海に2300尾のヒラメの稚魚が放流された
放流を行ったスタッフ。新型コロナの対策として、必要最低限の人数で放流を実施した
放流を行ったスタッフ。新型コロナの対策として、必要最低限の人数で放流を実施した

 公益財団法人日本釣振興会三重県支部では、去る2020年11月29日(日)に、三重県津市近隣の砂浜にてヒラメの稚魚約2300尾の放流事業を行った。

 今回の放流活動では新型コロナウイルス感染症の対策のため、必要最低限の人数で事業が実施された。

トラックからヒラメの稚魚を受け取る様子
トラックからヒラメの稚魚を受け取る様子

 近年では、三重県の北部から松阪沿岸部にかけてのサーフフィッシングや、新型コロナウイルスの影響からアウトドア需要もあり釣りに出掛ける親子連れや、入門者の人が多く見受けられるようになっている。

 そんな中環境問題等も、大きく取り上げられている。

 日本釣振興会三重県支部では「有限である環境とともに歩んでいく為にも、稚魚放流活動などに今後も力を入れてまいります」としている。

 【報告:日本釣振興会三重県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【モーリス】「VARIVAS アジングマスター フロロカーボン ブルームーン」高比重特性でボトムレンジも攻略

【釣研】対象PEライン購入でもれなくもらえる PE Vノッターキャンペーン

【釣りフェスティバル2021オンライン】見所紹介!1月24日(日)はこれがイチオシ!

「鮎ルアー体験会」滋賀県愛知川で近年注目の釣りスタイルを体験

【エバーグリーン】「ポセイドンNEWアイテム」新たな釣法に向けたジギングロッド

【ささめ針】「ショアジギングスナップ」メタルジグのアクションを良くするスナップ

「釣りフェスティバル2021」オンラインで開催決定!その詳細は…

【がまかつ】「がま磯 ブラックトリガー」遠投性能が高いチヌ用ロッド