釣り好き夫婦の新婚旅行はGTフィッシング!南国「パラオ」へ憧れの魚に会いに行ってきました【女性記者の休日】

ニュース

釣具新聞の女性記者が休日に行った釣行の様子を、使ったアイテムや釣り場の紹介を交えてゆる~くお伝えする企画です。

今回は、美しいサンゴ礁の海に囲まれた島国・パラオで人生初のGTフィッシングに挑戦してきたお話です。

パラオで釣ったGT
      

パラオは、日本から真南に約3000㎞に位置する、300以上の島からなる美しい島国です。そんなパラオで、釣り好きの夫と新婚旅行を楽しんできました。

私たちの旅の最大の目的は、GTフィッシング。パラオは美しい海に囲まれていることからダイバーに人気の国ですが、GTファンにも人気のスポットです。

パラオの位置
   

パラオのGTフィッシングは、魚影が濃くよく釣れ、他のフィールドと比較すると小さい個体が多いため、ビッグゲームやGTゲーム初心者でも比較的気軽にチャレンジできます。

実際、私達夫婦もビッグゲーム自体が初挑戦でしたが、2日間で2人で合計7尾のGTをキャッチ出来ました。

パラオで釣ったGT
世界中のアングラーを魅了するGT(ジャイアント・トレバリー)。憧れの魚に会うため、南国の地で初挑戦です!

また、日本人のガイドさんや日本語が通じるガイドさんがいたり、システムが確立しているので初めて海外にGT釣りに行かれる方に特にオススメ。

さらに、コロナ禍で約2~3年寝かせたフィールドでもあるので、昨年から釣果も好調だそうです。

そんな、「今、超熱いフィールド」であるパラオでの釣りの様子をゆるっと紹介していきます。

いざ、パラオへ。初めての海外遠征は、ツアー会社の利用がオススメ!

パラオの海
美しい海と豊かな自然が広がるパラオ。日本とは歴史的にかかわりが深く、世界有数の親日国です

初の海外釣り遠征ということで不安も多かったのですが、今回は様々な国の海外釣り遠征をサポートしてくれるツアー会社「フリーライドアングラーズ」さんにお世話になりました。

ボートの手配や航空券・ホテルの手配等全てお任せし、「新婚旅行なので旅の前半は釣りをして安い宿に泊まって、後半はリゾートでゆっくりとしたい」等、細かい要望や、釣りや用意するタックルに関する細かい質問まで、丁寧に対応して頂きました。

担当者の方のアドバイスのもと必要な釣り具や持ち物、入国準備のオンライン手続きなどを済ませ、いよいよ旅行当日。関西国際空港を11時に出発し、グアム経由で約10時間かけてパラオに到着しました。

パスポート
   

今は残念ながら日本からの直行便は無いパラオですが、成田空港からの直行チャーター便ツアーが開催されることもあるそうなので、要チェックです。

いよいよGTフィッシング初挑戦!緊張のファイトの結果…

いよいよ釣行1日目。今回お世話になったボートは、日本人の三浦貴史キャプテンが運営する「プラグイン」

チャーター専門で、アングラーのレベルに合わせて楽しい釣りをしっかりサポートしてもらえます。レンタルタックルも完備されているので、道具が無い人や、「飛行機に大事なタックルを載せるのが心配…」という人も安心。私達もルアーやフック等は自分で準備し、ロッドとリールはレンタルしました。

プラグインのショップ
雰囲気が良いプラグインのショップ。帰港後は、タックルの洗浄なども出来ます

また、GT以外にも、ライトタックルでカスミアジ、フエフキダイ、バラフエダイ、ハタ類等が狙え、とても楽しくてエキサイティングな釣りが出来ます。

ライトゲームでの釣果
私達もGTフィッシングの合間にライトゲームを楽しみました。たくさん釣れて、何魚種釣ったか分からないほど…

当日7時半、宿泊していたホテルまで車でお迎えに来てもらい、いざ港へ。道具を準備したらいよいよ出船です。

プラグインの黒船
プラグインのボート「黒船」。大きなキャスティング専用のデッキを持ち、快適な釣りが出来ます

この日のガイドは、日本語ペラペラなパラオ人のエリック。GTはもちろん、美味しい魚が大好きらしく、これはフライにしたら美味しい、これは焼いたら美味しい…など、釣る魚の食べ方を毎回教えてくれました(笑)

しばらく船を走らせポイントに着くと、実釣開始。「あの根を狙って」、「〇時方向に投げて」など的確な指示のもと、どんどん投げていきます。

投げ続けるさなか、夫の竿に初めて魚が掛かりました。落ち着いてファイトすると、真っ赤なバラフエダイがお目見え。記念すべきパラオ初魚となりました。その直後、私の竿にもバラフエダイがヒットし、2人ともとりあえずボウズは回避となりました。

釣れたバラフエダイ
真っ赤なバラフエダイ。ダイワの新製品「ソルティガ カドラー」で見事ゲット

その後、何度かGTのアタリはあるがなかなか乗らず…。

そして、慣れてきた頃合いに、ようやく夫がGTをゲット。約3㎏と小型ですが、記念すべきファーストGTです。

パラオで釣ったGT
記念すべきファーストGT!「ソルティガ カドラー」大活躍です

その後、休憩がてらランチタイムとなりました。釣りに限らず、パラオでダイビングやシュノーケリング等のツアーで出てくるランチは、日本風の「ベントー」の事が多いそうです。私達も船の上で、用意してもらった「ベントー」を堪能しました。

ベントー
疲れた体で青く輝く海の中、船上で食べる「ベントー」は絶品でした

そして、お昼休憩後もひたすら投げ続け、午後3時頃、ようやく私の竿にもGTがヒット!

豪快なドラグ音にとても緊張しました。なんとかギンバルに竿を入れ、エリックの「竿立てすぎ!前出て!」という指示を聞きながら無我夢中で巻くこと数分。15㎏弱のカッコイイGTが顔を見せてくれました。

パラオで釣ったGT
私もファーストGTゲット。今まで釣った魚の中で、一番嬉しかったです。癖強めのTシャツは気にしないでください(笑)

人生初GTが嬉しくて、しばらくニヤニヤが止まりませんでした(笑)

その後、ファイトが疲れたため、やや小さめのプラグに変更。サイズダウンが良かったのか、またもやヒット。今回は先ほどと同じサイズくらいのブラックGTが釣れました。

パラオで釣ったGT
160Fのルアーに変更後、すぐに釣れたカッコイイ魚体のブラックGT。個体によって体色が異なる理由は解明されていないらしい…?

結局この日は、私が膝乗せサイズ(15㎏弱)2尾、夫が3㎏前後を2尾で納竿となりました。2人とも記念すべきファーストGTをゲットできたので、翌日はサイズアップを狙っていきます。

エリックとの記念撮影
最後にエリックと3人で記念撮影。とにかく陽気で楽しいナイスガイでした!

2日目はアウトリーフへ!念願のサイズアップなるか!?

この日のガイドは、日本人ガイドの三浦キャプテンです。

前日の釣果を聞き、三浦さんから「旦那さんは昨日小型しか釣れなかったから、タックルを強めにしようか?」と提案。体格やスキルに合わせてタックルを選んでくれます。

この日はエリアをインリーフからアウトリーフに変え、いざ出船。

プラグインの三浦キャプテン
この日のガイドは三浦キャプテン。初心者や女性にも親切丁寧に指導してくれる、信頼度抜群のキャプテンです

前日は1日中キャストとファイトも頑張ったので、2人とも酷い筋肉痛。一投目からうめき声を上げながらのキャストになりました(笑)

ただ、釣りに熱中していくと筋肉痛の事も忘れ、三浦キャプテンの指示の下ひたすら投げ続けました。

パラオのGTは、メインのベイトはグルクンであること。また、ヒットのうち5割以上は着水から5アクション以内であることから、着水後にすぐルアーを泳がせることが重要だということ。いろんなことを教えてもらいながら、少し慣れてきたという事もあり、1日目よりも余裕を持って釣りを楽しめました。

ジャーマンチャネル
途中、パラオの名スポットでもあるジャーマンチャネルへ。マンタに会えることもあるそうです
ペリュリュー島のあずまや
ランチタイムはペリュリュー島に上陸。太平洋戦争の戦跡が残る、観光スポットの1つです。

そんな中、夫の竿にもやっと大型のGTがヒット。ファイトすること数分、15㎏弱のGTのキャッチに成功しました。

パラオで釣ったGT
「膝乗せ撮影、やってみたかった!」と大喜びの夫。前日に推定20㎏オーバーもバラしていたので、ようやく悲願達成です

この日、夫はもう一尾膝乗せサイズを釣ったほか、まさかのライトゲーム中にも小型GTをゲット。私は残念ながらカスミアジしか釣れませんでしたが、2日間を通して、2人とも膝乗せサイズを含む7尾のGTを釣り上げ、大満足の釣行になりました。

三浦キャプテンと記念撮影
帰港後、三浦キャプテンと記念撮影。素敵な思い出を、本当にありがとうございました!

2日間、初めてGTフィッシングを体験してみて、行く前は本当に私に釣れるのかな…と不安もありましたが、無事に釣れ、忘れられない釣行となりました。フィールドとタックルが自分に合っていたら、初めての女性でも挑戦出来る釣りだと実感しました。

釣り以外も魅力たっぷり。次の遠征はぜひパラオへ!

新婚旅行の4日目以降は、パラオの海とリゾートを大満喫。

シュノーケリングやサップをしたり、天然の泥パックが楽しめるミルキーウェイ、干潮時にしか現れないロングビーチに行ったりと、堪能しました。

日本からは、ダイビングやシュノーケリング、釣り以外にも、ハネムーナーはもちろん、家族連れや女子旅で訪れる人も多いです。親日国で気さくな方が多いので、観光や食事、ショッピングもしやすく、海外旅行が不慣れな人でも比較的気軽に行ける旅先です。

ロングビーチ
生憎の天気でしたが、運良くロングビーチも見られました。出現率は50%以下なんだとか…
ミルキーウェイ
神秘的な乳白色のマリンレイク「ミルキーウェイ」。石灰質の泥で全身をパック
パラオパシフィックリゾート
パラオで一番のリゾート「パラオパシフィックリゾート」に宿泊。綺麗なプライベートビーチと、充実したサービスでリピーターも多いそうです
パラオパシフィックリゾートの夕日
リゾートから見る夕日は格別でした!

釣りはもちろん、旅先としてもとても魅力的なパラオ。ぜひ、次の遠征先の候補に入れてみてくださいね!

フリーライドアングラーズ公式サイト
https://www.worldfishing.co.jp/

プラグイン公式サイト
https://www.pluginpalau.net/

釣りタレントの井上直美さんとタレントのはらともさんも過去に「プラグイン」でGTフィッシングに挑戦。旅番組風で楽しめる動画です ↓↓


関連記事 → 推定10万円!?初めて行ったアマラバで超高級魚のシロアマダイを釣った話。あのトレーラーが最強でした…!【女性記者の休日】

関連記事 → 【女性記者の休日】「ワカサギ釣りキャンプ!」兵庫県の人気キャンプ場、ハイマート佐仲にて

関連記事 → 【女性記者の休日】「管理釣り場でルアー釣り&バーベキュー」初めての釣りにオススメ。ファミリー、カップルでも!

関連記事 → 釣ったタコで作ってほしい!「パロマ たこ焼きミックス粉」でダシの効いた絶品たこ焼きを【女性記者の休日・番外編】

関連記事

【富士工業】「スピードデルナー天秤」投げ釣り専用の固定L型天秤

最新マテリアル採用し、さらなる高みへ。がまかつのフラッグシップモデル「ラグゼ 桜幻 鯛ラバーXX」

【第14回】3年目の「やるぞ内水面漁業活性化事業」電子遊漁券販売システム導入中心に30事業を補助

【がまかつ】「ガーラスペシャル」ラインブレイクを防ぐ!大物釣り師待望のガーラ専用鈎

ギアにこだわる大人な釣り人へ。「TsuriMusha アイスピック」がスマートでお洒落

【ハヤブサ】「ジャックアイ 太刀スピン」タチウオにのみターゲットを絞った専用設計

アオリイカが分かりすぎる1冊。エギングファン必読!【新訂 アオリイカの秘密にせまる】

釣りフェス会場横でカサゴを放流!地元の園児も参加。5000尾の魚が神奈川の海へ旅立つ【LOVE BLUE事業】