白熱!「第1回トラウトライブ選手権」最終戦。予選を勝ち抜いたトップ選手が集結【上州屋】

ショップインフォ
第1回トラウトライブ選手権最終戦の参加者
「第1回トラウトライブ選手権」の最終戦の参加者。予選を勝ち抜いた選手が集まった

上州屋では、3月19日(日)、「トラウトライブ選手権2022-2023上州屋&T‌O‌RA‌Y CUP」を開催した。

開催場所は栃木県の「アングラーズパークキングフィッシャー」。

本大会は、昨年12月からスタートした第1回トラウトライブ選手権、通称「トライブ選手権」の最終戦となる。12月の鬼怒川FA予選、2月のなら山沼予選を勝ち抜いた選手が集合し、熱戦が繰り広げられた。

当日は、前日の大雨が嘘のように止み、晴天でおだやかな天候となった。

開会式後予選が開始されたが、魚の放流もありあちらこちらでドラグ音が鳴り響いた。

決勝戦は予選を勝ち進んだ6名による白熱した対戦、さすがに喰い渋りバラシも多発したが、そこは予選を勝ち進んで来た選手たち。状況に対応したタックル選択、テクニックを駆使し、しっかりとヒットに持ち込んでいた。

第1回トラウトライブ選手権最終戦の様子
大会の様子。快晴の中、熱戦が繰り広げられた
第1回トラウトライブ選手権最終戦の様子

結果は、合計13尾を釣り上げた川田将大選手が初代トライブ王者の座に輝いた。

第1回トラウトライブ選手権最終戦の上位入賞者
大会の上位入賞者

表彰式の後は、参加者全員での抽選会で盛り上がり閉会となった。

大会結果(敬称略)

優勝川田将大
準優勝野村隆行
3位西澤春彦
4位川俣豪介
5位今野正明
6位小森英明

【提供:上州屋・編集:釣具新聞】

大会の様子は、上州屋公式ホームページでも確認出来る。

関連記事

【ニッコー化成】「ZAZA ヘビトンボ 3inch」水中で針を持ち上げ根がかりを軽減するハイフロートワーム

【サンライン】「ベーシックFC」あらゆる釣りに対応するフロロカーボンライン

【ダイワ】「ラテオR」シーバスのスタンダードシリーズが大幅に進化して登場

【デプス】「ブルフラット」ブルーギルをイミテートしたワーム

【ルミカ】「神経絞めMEDIUM」漁師の技術を手軽に再現できるアイテム

「マイクロキャンプストーブ」驚くほど軽量でコンパクト!カセットボンベ対応のアウトドアバーナー

「釣り場のゴミは持ち帰ろう!」釣りのポイントのスタッフが清掃活動。大量のゴミを回収!

【芸人・ナダル出演】「グッドマナーでグッドフィッシング!」釣りマナーを楽しく学べる動画が公開