【モーリス】「VARIVAS ガノア アブソルート」イメージムービー公開、長崎発のスリーピースロックバンド「SHANK」とコラボ!

ニュース

 モーリスでは、バリバスの最高峰ラインの1つである「ガノア アブソルート」のイメージムービーを公開している。

 ムービーには、長崎発スリーピースロックバンド「SHANK(シャンク)」の新曲「Rising Down」を起用し、ロックとフィッシングのクロスオーバーを実現。これまでにないバリバスの釣りの世界観が表現されたコラボレーションムービーが完成した。

バスフィッシングの世界感とSHANKの楽曲があいまって、オンリーワンなモノができあがった

 ムービーは「SHANK」の松崎兵太(ギター/コーラス)とバリバステスターの奥田学プロが琵琶湖で2日間釣りロケを行い、ドローンも駆使し制作されたもので、2人からもコメントが寄せられている。

 奥田学(バスプロ)コメント「バスフィッシングの世界感とSHANKの楽曲があいまって、オンリーワンなモノができあがったと思います。この映像の疾走感はSHANKの楽曲ならではのものだと思います」

 松崎兵太(SHANK)コメント「僕の大好きな音楽と釣りをコラボさせるという企画に参加させてもらいました。灼熱の琵琶湖で厳しいロケでしたが素晴らしい時間と貴重な体験の中でイイ魚とも出会いカッコイイ映像に仕上がっております」

 このムービーは、VARIVASオフィシャルYouTubeチャンネル(VARIVAS TV)で期間限定で公開されている。
 なお、「SHANK」の「Rising Down」が収録されているCD「Candy Cruise EP」は9月2日にリリースされている。

「SHANK」プロフィール

長崎発スリーピースバンド「SHANK」
長崎発スリーピースバンド「SHANK」(出典:SHANKオフィシャルウエブサイト)

 【SHANKプロフィール】
 2004年結成、長崎発スリーピースバンド。

 現在も拠点を長崎に置いたまま自身のツアーはもちろん、様々なフェスやイベントにも出演し、全国でライヴ活動を展開している。

 2014年には初の海外ツアーを敢行。2015年にはエイベックス内に自身のレーベル「BAiTFiSH RECORDS(ベイトフィッシュ・レコーズ)」を立ち上げ移籍。

 地元長崎では、主宰イベントBLAZE UP NAGASASKIをハウステンボスで開催するなど、常に精力的な活動を続けている。

 2020年3月まで「15th Anniversary One-Man Tour The Heavy Clash」を全国6公演開催。

 2020年9月2日には最新CD「Candy Cruise EP」とLIVE DVD/Blu-ray「THE HEAVY CLASH at SHINKIBA STUDIO COAST」を同時リリースしている。

 SHANKオフィシャルウエブサイト → http://www.shankofficial.com/

 詳細は、モーリス https://www.varivas.co.jp/

関連記事

【大阪】泉大津フェニックスで海釣り体験。釣りで地域の魅力を高める。フィッシングマックスが協力

【テイルウォーク】「KEISON RUNSBACK SPEC-K」1日振り続けても持ち重りしない軽さのトラウトロッド

【デュエル】SNSを使用した釣果フォトコンテスト、7月31日(金)まで延長開催中

【第4回】遊漁券もネット販売の時代!? 内水面の釣り場はどう変わるのか

【イマカツ】「ゲキアサシャッド」爆風でもストレスなくキャストできるルアー

【タカ産業】「SLIM TIP PLIERS」極小スプリットリングも外せるプライヤー

【上州屋】山形県内各店舗にて「春の新製品予約受注会」開催

【安全推進釣具店】認定制度、釣具店と協力、釣り人への安全啓発を強化