釣り人に大好評!ゴミ袋ならぬ「ギョミ袋」に込められた想いとは?日本釣用品工業会が行うユニークなマナー啓発

ニュース
ギョミ袋配布イベントの様子
7月に行われた「ギョミ袋」配布イベントの様子。マナー啓発の一環として行われた取り組みだ

一般社団法人日本釣用品工業会では、釣りエントリー層に対する釣りマナー啓発を行っている。

その一環として、ゴミ袋ならぬ「ギョミ袋」を制作し、7月17日(月)の海の日、都内の豊洲ぐるりパーク、城南島海浜公園にて配布を行った。

当日は釣りマナーが改善された「未来から来た」釣り人が配布を行い、ギョミ袋を受け取った人々からも好評だった。

関連記事 → 都内の公園に「未来から来た釣り人」が出現!?ゴミ袋ならぬ“ギョミ袋”を無料配布。釣りマナー向上目指す

ギョミ袋
配布されたギョミ袋。袋をサッと取り出すことができ、カラビナ付きで持ち運びにも便利

現在、日本釣用品工業会のこれまでのマナー啓発についてや、今回制作したギョミ袋について、同工業会の櫻井リーダーにインタビューを行った記事が「ハフポスト」で公開されている。

「なぜギョミ袋を制作したのか?」、「『未来から来た』釣り人とは?」、「ギョミ袋はこれからの釣りマナーにどのように貢献出来るのか」などが分かる記事となっている。

インタビュー記事はコチラ↓↓
「未来から来た」釣り人、ゴミ袋ならぬ“ギョミ”袋をプレゼント。思わずギョギョッとするイベントに込められた願い

日本釣用品工業会では、今後もマナー広報強化を行っていく。

関連記事 → 一木花漣さんにインタビュー!釣りの魅力・始め方を女性目線でPR【日本釣用品工業会】

関連記事 → 【てはじめにマナー】釣りマナー向上呼び掛け。ポスターやステッカーを釣具店に配布

関連記事 → 釣り好き・ミキ亜生が「釣りマナー向上大使」就任!ミキ昴生「俺も大使でええんちゃうん?」。釣りの魅力とマナー伝える

関連記事

【デプス】「テールスライダー」食い渋るスローなバスをバイトに持ち込む

LOVE BLUE事業、北海道広尾町長から日本釣用品工業会へ感謝状

狙え!ビッグフィッシュ!「東山湖FA・大物フォトコンテスト」開催中。優勝者には豪華ロッドを贈呈【ディスプラウト】

6.3m・180gのアユロッド「プライム アユ」は友釣りにも、アユルアーにも最適な高コスパの1本!

【黒鯛工房】「大阪湾落し込みトーナメント」初戦を開催。厳しい釣果が予想される中、気になる結果は…?

【4月20日スタート】海津市でバスを釣ろう!「第6回バス釣り王決定戦」。インスタで気軽に参加、入賞者には豪華賞品

オリカラルアーも販売!キャスティング品川シーサイド店で「シーバスフェスタ2023」開催。人気メーカー多数出展

しなやかでクセが付きにくい柔軟糸質の専用ナイロンライン「海上釣堀」