今年のクールアングラーズアワード受賞者はミキ亜生。昴生も登場し、笑いの絶えない受賞式&トークショー【釣りフェス2023】

ニュース
クールアングラーズアワードを受賞したミキ亜生さん(左)と、相方のミキ昴生さん(右)

「釣りフェスティバル2023inYokohama」が、2023年1月20日(金)~22日(日)を本番会期として開催されている。主催者は、一般社団法人日本釣用品工業会

関連記事 → 【釣りフェス出展社一覧】1月に3年ぶりのリアル開催。2023年の新製品集結、オンラインでも同時開催

関連記事 → いよいよ今週末開催!釣りフェスのチケット購入方法は?会場マップで予習も万全に!【釣りフェス2023】

今回はパシフィコ横浜でのリアル開催と、webを使ったオンラインの両方で開催。リアルでの開催は2020年以来、3年ぶりの開催となる。

表彰式には昴生も登場!トークショーも開催

クールアングラーズアワードを受賞したミキ亜生さんと、日本釣用品工業会の大村会長

リアル会場のメインステージでは、20日(金)11時から「クールアングラーズアワード」の表彰式が行われた。

「クールアングラーズアワード」は、釣りファンの拡大、釣りのイメージ向上に貢献した著名人に贈られる賞で、2023年度受賞者はお笑い芸人のミキ亜生さんに決定した。

トロフィー片手に笑顔の亜生さん。「てはじめにマナー」は、日本釣用品工業会の、釣り人のマナー向上のために作られたキャッチコピーだ

ミキ亜生さんは、芸能人屈指の釣り好きでも知られ、兄の昴生さんとお笑いコンビ・ミキとしてバラエティ番組を中心に活躍中。

2022年には、日本釣用品工業会が主催する「釣りマナー向上大使」に就任した。環境保全と資源回復を両軸として、持続可能な釣り環境を構築できるよう取り組みにも力を入れている。

関連記事 → 釣り好き・ミキ亜生が「釣りマナー向上大使」就任!ミキ昴生「俺も大使でええんちゃうん?」。釣りの魅力とマナー伝える

多忙なスケジュールの中、テレビやSNSを通じて釣りの楽しさやマナーの大切さについての情報発信をしていることが今回の受賞につながった。

表彰式では、日本釣用品工業会の大村会長から表彰状が読み上げられた。

ステージには相方のミキ昴生さんも登場し、釣りマナーについてのトークショーも開催。会場を大いに盛り上げていた。

コンビの掛け合いで賑やかなトークショーとなった

2人は、司会者から「今年気をつけたいマナーは?」と聞かれ、亜生は「道具などをしっかり準備する。危ない場所もあるので安全に釣りができるよう気をつける」とコメント。

昴生は、「派手な色の服を着ない」と答え観客は失笑だったが、「夜釣りでは派手な服もいい」と亜生がフォローし、コンビならではの面白い掛け合いも見られた。

亜生は「釣り以外で気をつけたいことは?」と聞かれ、「昴生を連れてこない」とコメントし、会場は笑いに包まれていた。

なお、表彰式とトークショーの模様は、14時40分からオンラインサイトの「釣りフェスチャンネル」でも配信されるため、リアル会場へ行けない人も視聴することが出来る。

詳細は、釣りフェスティバル2023inYokohama公式ホームページまで。

関連記事 → 【釣りフェス2022】前田敦子さん、授賞式で釣りへの想い語る。クールアングラーズアワード2022受賞式

関連記事 → 山下健二郎さんがクールアングラーズアワード2021を受賞。3年連続受賞で初の殿堂入り【釣りフェスティバル2021オンライン】

「釣りフェスティバル」最新情報随時更新中! ↓↓

関連記事 → 【釣りフェス出展社一覧】1月に3年ぶりのリアル開催。2023年の新製品集結、オンラインでも同時開催

関連記事 → いよいよ今週末開催!釣りフェスのチケット購入方法は?会場マップで予習も万全に!【釣りフェス2023】

関連記事 → 【釣りフェス2023】メインステージは人気企画満載!オンラインでの前夜祭は有名メーカーが集結

関連記事 → 人気メーカーの釣りフェスオリジナルグッズを要チェック!一部オンライン販売も【釣りフェスティバル2023】

関連記事 → クールアングラーズアワード、ミキ亜生さんに決定!釣りフェスで表彰式&相方とのトークショー【釣りフェス2023】

関連記事 → 命を守る!釣りフェスで「ライジャケの自主点検」講習会開催。パーツ交換作業も体験【釣りフェスティバル2023】

関連記事

釣りフェス1日目の見どころはココ!グッズ販売やメインステージもお見逃しなく!【釣りフェスティバル2023】

【FISHING LABO さゝ木】佐々木洋三氏が新ブランド立ち上げ。こだわりの鯛ラバネクタイをリリース!

【デュエル】「ハードコア ジップアップパーカー」フィッシングシーンからタウンユースまで使える優れものウエア

【アルファタックル】「ブルークォーターNEXT」操作性が高い真鯛ロッド

【ルミカ】「アジホタル」サビキ仕掛けに簡単セットできる集魚ライト

【タカ産業】「TOOL BAKKAN」ハードインナートレー付きのタックルバッグ

【オーナーばり】「ジャングルワッキーガード」村上晴彦氏、大仲正樹氏W監修のバス用フック

【富士工業】オリジナルエコバッグを制作。小さな取り組みから大きな環境保護の流れに