釣り好き・ミキ亜生が「釣りマナー向上大使」就任!ミキ昴生「俺も大使でええんちゃうん?」。釣りの魅力とマナー伝える

スペシャル ニュース
左から「釣りマナー向上大使」に就任したミキ亜生、日本釣用品工業会の大村一仁会長、「釣りマナー向上サポート大使」のミキ昴生
左から「釣りマナー向上大使」に就任したミキ亜生、日本釣用品工業会の大村一仁会長、「釣りマナー向上サポート大使」のミキ昴生

6月23日、東京都目黒区の恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルームで、一般社団法人日本釣用品工業会(大村一仁会長)「釣りマナー向上大使」就任発表イベントが行われた。

「釣りマナー向上大使」には、釣り好きで知られるお笑い芸人・ミキ亜生が就任。ミキ昴生は「釣りマナー向上サポート大使」に任命された。就任発表会では、釣りにまつわるトークや、釣り用語&マナークイズ等も行われ、爆笑の会見となった。

釣りマナー向上大使に就任したミキ亜生とミキ昴生
釣竿でボケるミキ昴生。発表会は終始笑い声に包まれていた

マナーを守りながら釣りをより楽しんでもらうため、マナー向上大使を任命

日本釣用品工業会(にほんつりようひんこうぎょうかい)ではLOVE BLUE事業を通じて、持続可能な釣り環境を構築できるよう取り組んでいる。「LOVE BLUE~地球の未来を~」をスローガンに、環境保全と資源回復を両軸として、①水辺をキレイに、②魚を守ろう、③フィールドを広げよう、以上の3つの優先事業として活動している。

コロナ禍以降、釣りは人気のレジャーになりつつある反面、マナー問題も増加している現状も踏まえて、マナーを守りながら釣りをより楽しんでもらうことを啓蒙するため、日本釣用品工業会では釣りマナー向上大使就任式を行う事となった。

釣りマナー向上大使に就任したミキ亜生とミキ昴生

ミキがステージに上がり、司会からそれぞれ紹介されるとミキ昴生が「すいません。釣りマナー向上大使と、釣りマナー向上サポート大使は何が違うんですか?」と早くもツッコミが入る。

亜生が「僕が釣り人のマナーを向上させるから、その僕をサポートする大使がサポート大使やで」と返して笑いを誘っていた。

大使に任命された感想を求められると、亜生は「僕は本当に釣りが好きで、仕事の合間を縫って釣りに行くほどです。今回の就任は本当に嬉しいです」と感激した様子。

一方で昴生は「サポート大使として亜生くんをこれからもサポートしていく大使…というか、別に2人で釣りマナー向上大使でええんちゃうかなと思いますけど(笑)」と会場を爆笑させた。

今回、亜生は普段釣りに行くスタイルで登場し、一方の昴生は亜生が考えた「釣りバカ日誌の浜ちゃん」をイメージした釣りスタイルで登場した。

ミキ昴生
昭和の釣りスタイルでキメたミキ昴生。普通に釣り場で見かけそうな感じも…

トークショーでは、亜生に釣りを教えたのは俺だ、と昴生が暴露。「父親と俺が行ってたから、それについてくる形で亜生が釣りを覚えた。という事は、亜生の釣りの師匠は俺や」と昴生が話していた。

また、釣り好きの亜生は、以前ロケに向かうため飛行機に乗る際、荷物に釣り用の大きなペンチを持っており、手荷物検査でそれが取り上げられそうになった話なども行った。

就任式ではネーム入り特注品のライフジャケットを贈呈

その後、釣りマナー向上大使就任式が行われた。式では日本釣用品工業会の大村一仁会長から、亜生と昴生にそれぞれネーム入りのオリジナルライフジャケットが贈られた。

釣りマナー向上大使に就任したミキ亜生
釣りマナー向上大使の就任式。オリジナルネーム入りのライフジャケットが大村一仁会長から手渡された

日本釣用品工業会の大村一仁会長は「釣り人やこれから釣りをされる皆様に、マナーを守りながら、釣りをより楽しんで頂くことを啓蒙していくために、ミキ亜生に釣りマナー向上大使、ミキ昴生をサポート大使に任命させて頂きます。よろしくお願いします」と力強く任命した。

釣りマナー向上大使に就任したミキ亜生とミキ昴生
釣りマナー向上大使をしっかりサポートする、釣りマナー向上サポート大使の昴生
釣りマナー向上大使に就任したミキ亜生
特注品のライフジャケットを着用して「よしもとのクラブ員にも自慢出来ます!」と喜ぶミキ亜生
ミキ昴生
「これを付けて釣りに行きます」と語るミキ昴生

亜生も気になっている…釣り場でマナーを守ろう!

また、就任式では釣り人のマナーについての話も行われた。

亜生も釣り場でゴミが落ちている事が気になっており、ゴミを捨てないのは当たり前で、小さなゴミ袋を持ち歩いて目につくゴミは拾っているという。また釣り禁止場所への立ち入りは絶対やめるように、といった話も行われた。

亜生は「大使に就任したことで、釣りのマナーをいろいろな人に知って頂き、釣り場もキレイになって、みんなが釣りに参加できるように出来たらと思います」と話した。

昴生も「釣りに興味ない人、これから釣りを始めようという人も、釣りにはマナーがあるので、それを守って釣りを楽しんでもらいたいと思います。僕もここでしっかりマナーを学んで、皆さんに伝えていきたいと思います」と話した。

釣り用語&マナークイズも実施。ミキ昴生は途中で…

釣りマナー向上大使に就任したミキ亜生とミキ昴生
「地球を釣る」の回答は…。昴生の答えに会場も「絶対ありそう」と爆笑

発表会では釣り用語&マナーのクイズも行われた。「地球を釣る」とはどういう意味か?といったクイズが出され、亜生は正解、昴生は大喜利の要領で回答して、場内を爆笑させていた。

しかし、問題が進むと亜生は正解するだけでよいが、爆笑の答えが求めらる昴生にプレッシャーが掛かりだす。「あと何問あるんですか?」とタジタジになっていた。

スベっている芸人にライフジャケットを…

最後の質疑応答でもライフジャケットについて聞かれると「スベっている芸人にライフジャケットを渡そうかなと思います。沈み気味な芸人にもライフジャケットを…(笑)」といって、会場を盛り上げていた。

今後のミキの釣りマナー向上(サポート)大使としての活躍が大いに注目される。

関連記事 → マナーの良い釣り人は「ゴイゴイスー!」釣りマナー向上大使にダイアンが就任 | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事

石川県の釣り場3カ所でクロダイ3万尾放流。子供たちも参加、魚や環境を学ぶ

【ハヤブサ】「ジャックアイ 太刀スピン」タチウオにのみターゲットを絞った専用設計

【デュエル】「3D INSHORE TOPKNOCK PENCIL (F)」音と衝撃波と遠投性能で 広範囲を攻略

【ダイワ】「MR 750」入門機に最適な小型スピニングリール

【がまかつ】「ラグゼ エギストレージバッグ」ベルクロフラップを採用したエギ専用ケース

マコガレイの稚魚1万尾、東京湾羽田沖に放流。東京湾遊漁船業協同組合が実施

【フジノライン】「完全テンカラ」先端に毛針を結ぶだけですぐに使える

【竹村勝則・釣り記者の回顧録】指ブレーキからレバーブレーキリールへ