【ハヤブサ】兵庫県三木市の本社敷地内に新本社、物流センターが竣工

ニュース
ハヤブサ新社屋の外観
新社屋の外観
ハヤブサ新社屋のエントランス
新社屋のエントランス

 釣り具メーカーのハヤブサ(所在地:兵庫県三木市・代表:歯朶由美)では、本社敷地内に建設中であった新本社・物流センターが完成し、竣工式を2020年10月2日(金)に行った。

竣工式の様子
竣工式が執り行われ新本社・物流センターが無事完成したことが報告された
竣工式での集合写真
竣工式で撮影された集合写真

 当日は新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、工事関係者と一部社員にて竣工式が執り行われた。

 今回、新本社・物流センターを建設した目的は、自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore(オートストア)」の導入で、一日でも早く製品を消費者に届ける体制を構築すること、徹底した商品管理により品質の保持と欠品防止を目指すことだ。

AutoStore(オートストア)
自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore(オートストア)」
「AutoStore(オートストア)」の取り出し口
「AutoStore(オートストア)」の取り出し口
「AutoStore(オートストア)」の入庫口
「AutoStore(オートストア)」の入庫口
パレット型自動倉庫
パレット型自動倉庫

 また、新本社事務所はフリーアドレスを採用し、部署・部門を超えたコミュニケーションの強化とスピード感のある意思決定により、生産性向上と業務効率化を図ることを目的としている。

 ハヤブサでは「新本社・物流センター建設を機に、社員一同これまで以上にお客様のニーズに応え、新たな価値を提供できるようモノづくりとコトづくりの両立、そしてご注文を即時にお届けする物流体制、お客様に有益な情報を即時にお届けする情報発信体制の構築に邁進してまいります。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申しあげます」としている。

 ハヤブサ https://www.hayabusa.co.jp/hayabusa/

 関連記事 → ハヤブサフェスタ盛況。地元に感謝の気持ち伝えるイベント

関連記事

【ナカジマ】「ファミリーサビキ釣りセット」竿、リール、エサがあればすぐに釣りが楽しめる

【アルファタックル】「tsurimo」海釣りを始めてみたいファミリー入門セット

【マルキユー】「ウォームインナーセットMQ-01」ソフトな肌触りのボア素材を採用したインナーウエアセット

【アルファタックル】「海人 瀬戸内メバル480T」長仕掛けに対応する超ロングレングスモデル

(公財)日本釣振興会、釣り場のルールマナー講座動画を「オンライン東京湾大感謝祭2020」で公開

【マルキユー】「ハイパー紅雪(べにゆき)」ワカサギ専用くわせエサ

「釣りフェスティバル2020inYokohama」1月17日(金)~19日(日)にパシフィコ横浜で開催

公益財団法人日本釣振興会「水辺感謝の日」、2019年度の実施報告