水産庁が釣り人向けパンフレットを「放課後ていぼう日誌」とコラボしてリニューアル

ニュース
水産庁が「放課後ていぼう日誌」とコラボした釣り人向けのパンフレット

 水産庁では、テレビアニメ「放課後ていぼう日誌」とタイアップして、「遊漁のルールとマナー」に関するパンフレットをリニューアルした。イラストはパンフレットのために描き下ろされたものだ。

 「放課後ていぼう日誌」は、テレビでもアニメが放送されている人気漫画だ。
 
 都会から田舎に引っ越してきた主人公の鶴木陽渚(つるぎひな)が、「ていぼう部」に入部し釣りを始め、釣りの魅力を知っていく内容だが、釣りをしない一般の人が抱く釣りへの疑問や釣り方などが丁寧に描かれている。

 このパンフレットは水産庁のウエブサイトからダウンロード出来るほか、イベントや講習会、全国の釣具店で7月上旬から無料配布している。

遊漁の基本ルールやマナー、法令などが紹介されている

「遊漁のルールとマナー」に関するパンフレット1
「遊漁のルールとマナー」に関するパンフレット2
パンフレットには可愛いイラストとともに、遊漁の基本的なマナーやルール、釣りに関する法令などが紹介されている

 パンフレットの内容は、遊漁の基本とルールとマナーとして、釣りに関わる法令の紹介や、ゴミのポイ捨てなどをしないといったマナー、漁業者とのトラブルが起きないようにする注意や、ライフジャケットを着用するなど安全の確保等について紹介されている。

 「放課後ていぼう日誌」とコラボしたパンフレットはこちらからダウンロード可能 → https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/enoki/attach/pdf/200707-3.pdf

 詳細は、水産庁 https://www.jfa.maff.go.jp/index.html

関連記事

【マルキユー】「巨鯉Ⅱ」集魚力が高い吸い込み釣り用エサ

【デュエル】SNSを使用した釣果フォトコンテスト、7月31日(金)まで延長開催中

【がまかつ】「がま磯 ブラックトリガー」遠投性能が高いチヌ用ロッド

東京湾にカサゴ稚魚2万5000尾放流。日本釣振興会東京都支部・東京湾遊漁船業協同共催

シマノ製リールオーバーホールキャンペーン 9月2日から10月18日まで

【シャウト!フィッシャーマンズツール】「スーパーライトアシスト」スーパーライトジギング対応細軸アシストフック

【ルミカ】「イカスーツ」タイラバ用着せ替えイカ型ワーム

【つりジェンヌ】釣りに挑戦してみたい女性を応援。2020年に開催予定の釣りイベント