【富士工業】「マルチフックキーパー(MHKM)」安全・安心のWロック採用。大切なロッドにはフックキーパーを!

製品情報
富士工業マルチフックキーパー
フックキーパーをつけて安全で楽しい釣りを!

富士工業の「マルチフックキーパー(MHKM)」は、ラッピング&コーティングの手間いらずで、取り付け簡単な後付け型フックキーパー。

安全・安心のWロック機構(PAT.P)等を採用している。

富士工業マルチフックキーパーWロック
(出典:富士工業公式ホームページ)

キャスト時にラインが絡みにくいフラットボディー採用。

ロッド装着後にゴムリングで自由に取り付け位置を調節することが出来る。
ブラックのゴムリング大(適合ロッド径9~16mm)・小(適合ロッド径5~9mm)付き。

カラーはゴールド、シルバー、ブラック、レッドの全4色。
詳細は、富士工業公式ホームページまで。

関連記事

【アルファタックル】「グラスラム」多彩なターゲットをカバーするグラスソリッドワンピースロッドに追加モデル

【ダイワ】「クリスティアワカサギCRT+/CRTα」

【ダイワ】「20クレスト」LTコンセプトにより大幅軽量化

【フジノライン】「フロロテンカラハリス」滑りが良く、快適に結べる

広島県江田島市でマコガレイの稚魚3000尾放流、地元の子供達も参加

【釣りフェス2022】23日(日)の見どころはココ!イチオシプログラムを紹介

【浜市】「イワシ三昧」イワシを丸ごとミンチにしたサビキ用のエサ。強烈な臭気で高い集魚力を発揮!

【日本釣振興会和歌山県支部】濱ノ瀬漁港と戸津井漁港でクロダイ1万2000尾を放流