「ヤマメ釣りを楽しんで!」琴似発寒川(ことにはっさむがわ)にヤマメ1万尾放流。(公財)日本釣振興会北海道支部

ニュース
琴似発寒川へヤマメを放流する様子
ヤマメを放流する日釣振北海道地区支部のメンバー

 「ヤマメ釣りを楽しんで」と(公財)日本釣振興会北海道地区支部は7月25日、札幌市西区西野の琴似発寒川で1万尾のヤマメを放流した。

放流事業の参加者
参加者で記念撮影

 参加したのは同支部加盟のフライフィッシング倶楽部札幌の13人と同支部役員3人の計16人。

 午前7時20分から、購入したヤマメをタンクから綱ですくいだし1人ずつポリ袋に入れ、河岸に運び放流した。

ポリ袋の中はヤマメでびっしり

 ヤマメは全長8〜10㎝。ヤマメの入ったタンクから川岸までは歩いて数分で、次々に運ぶことができたため15分ほどで終了した。

  琴似発寒川は二級河川の新川の支流で、札幌市西区を流れる全長12キロ弱の河川。河川近くには公園、パークゴルフ場などが整備される市民憩いの場所で、河岸ではキャンプをしたり、釣りを楽しむ光景が見られた。

 (公財)日本釣振興会北海道地区支部は新型コロナ感染拡大で、野外に出る機会の減った釣りファンに楽しんでもらおうと同河川の放流を行った。

 ヤマメは秋にはもう一回り大きくなるため、子供から大人まで、もっと引きを楽しめるようになるだろう。

 【(公財)日本釣振興会北海道地区支部提供・編集:釣具新聞】

関連記事

【がまかつ】「うきまろウキウキちょい投サビキ」足元だけでなく、ちょっと先を狙える仕掛け

【日本釣振興会50周年】第二部記念講演会、第三部記念祝賀会を盛大に開催

民間団体の環境保全活動をサポート!「LOVE BLUE助成」12月1日まで募集中【Let’s海そうじ】

【訃報】シマノ最高顧問・島野喜三氏が逝去

【ダイワ】「サムライ太刀 キビナゴシャッド爆釣パック」食い渋り対応、投げてゆっくり巻くだけでタチウオが釣れる!

【日本釣振興会】東京湾で「アジ釣り教室」開催。1投目からヒット連発!

高梁川(岡山県)にアユの産卵床を造成。アユの自然再生産を手助け

【釣りフェス2022】「釣りキャンプ特集」国内最大級のアウトドアWEBマガジン「hinata」とコラボ!