「ヤマメ釣りを楽しんで!」日本釣振興会北海道地区支部がヤマメ釣り体験を実施、56人の小中学生が参加

ニュース

(公財)日本釣振興会北海道地区支部は、2021年11月21日、札幌市豊平川さけ科学館の実習館で小中学生56人を集めて「ヤマメ釣り体験」を行った。

幅4.5m、高さ84㎝、奥行き2.2mの塩化ビニール製の大型水槽に、15㎝前後のヤマメ約400尾を放流。参加料は1人300円で、参加者1人ずつにスタッフが付き釣り方を教えた。

ヤマメ釣り体験教室の様子
体験教室の様子。大型水槽を使って行われた

1人の釣り制限時間は5分間で、3尾を釣ったら終了とし、1尾も釣れなくても3尾まで持ち帰り可能であるというルールで行われた。

この日は魚の食い渋りがひどく、掛かってもバラして苦戦する参加者が多かった。

一方、幸運にもヒットした子供は大喜び。全長18㎝のヤマメを釣った少年は、「面白かった」と興奮気味。

祖父と行った海釣りで小サバを釣ったことがあり、そのときの経験が生かされたようだった。

釣れたヤマメを持つ子供
ヒットした子供達は大喜びだった

参加した子供達は、ヤマメを見るのが初めてという子供たちが多く、目を輝かせて魚を追っていた。
【提供:日釣振北海道・編集:釣具新聞】

関連記事

【ハヤブサ新製品】フリースライドから極厚シリコンのバルキータイプネクタイが登場。シングルカーリーモデルを紹介!

日本釣振興会静岡県支部が清水港日の出埠頭で「釣り開放」釣り体験教室を開催。釣果もGOOD!

【バレーヒル】「ドラゴンQ メタルブル」速い潮流時にも安定したフォールスピードを発揮

【デュエル】「アオリーQ LC SLOW 3.0号」飛距離、ダート、安定フォールを高次元で融合!

【シマノ新製品】「シエナコンボ」初めての釣りに!ロッド、リール、ケースのオールインワンセット

日本釣振興会大阪府支部が淡輪漁港で水中清掃。釣りタレントの高本采実さんも参加!

春でも釣れちゃうボートのキス釣り。ゴールデンミーン公式YouTubeチャンネルでチェック!

【がまかつ】「うきまろウキウキちょい投サビキ」足元だけでなく、ちょっと先を狙える仕掛け