【全国釣竿公正取引協議会】鈴木隆前副会長が景品表示適正化功績者表彰

ニュース

全国釣竿公正取引協議会(藤井治幸会長)の鈴木隆前副会長が、景品表示適正化功績者表彰・内閣府特命担当大臣表彰を受ける事となり、6月28日に消費者庁大臣室で表書式が行われた。

表彰式には鈴木隆前副会長が出席し、伊藤明子消費者庁長官より表彰状及び祝辞(代読)が贈られた。

鈴木隆前副会長、景品表示適正化功績者表彰の様子
消費者庁大臣室で表彰式が行われた。伊藤明子消費者庁長官から表彰状が手渡された。(撮影のためマスクは外している。万全のコロナ対策と最小限の人数で式は行われた)

景品表示適正化功績者表彰は、長年にわたり公正競争規約の適正な運用に尽力した人物が表彰される制度だ。

鈴木隆前副会長(株式会社リチャーズ代表取締役)は、鈴木酉造氏(鈴木前副会長の父)が、全国釣竿公正取引協議会設立時より会計理事を務めており、櫻井宏克会長の依頼を受け、鈴木隆氏は2001年に監事に就任した。そして2011年に理事に就任。

表彰の経緯としては、鈴木隆氏は同会の副会長以外の役員として在任期間が15年以上(2年間の副会長期間を含め20年間役員を務めており、副会長退任後も理事として活躍)である事。また下記の点が表彰の理由となった。

表彰のポイントは以下の通り

・継続性、公正競争規約の運用に必要な会合の開催等の活動実績
定時総会、理事会、総務委員会に出席し、同会の運営に参画している。また公正競争規約改正等に取り組んでいる。

・広範性、活動が広く影響を与えているか
同会の会員は全国にある。釣りフェスティバルやフィッシングショーOSAKA等で一般消費者、会員外メーカーにも釣竿の表示に関する公正競争規約の趣旨を説明している。さらに年2回ポスターを作成し、日本全国の釣具店、釣り宿店、管理釣り場、各社イベント等で掲示を他の役員と協力し行っている。

釣竿公正マーク周知ポスター21年秋冬版
年2回、春夏版と秋冬版のポスターを作成。写真は今年の秋冬版ポスター

関連記事 → 【全国釣竿公正取引協議会】秋冬版の釣竿公正マーク周知ポスター発表。アングラーズアイドル・池山智瑛さんを起用
関連記事 → 【全国釣竿公正取引協議会】釣竿公正マーク周知のポスター完成。第12代アングラーズアイドル・池山智瑛さんを起用

・独自性、他の公正取引協議会(釣竿以外の公正取引協議会)の手本となるような活動を行っているか
事務局職員の育成として、メーカー出身でない事務局員に、釣竿製造工程を見学させる事で、製造工程の理解を促し、製造工程を理解した上での適正な公正競争規約の運用を行えるように人材育成を図った。

・積極性、消費者利益の確保に向けて積極的に取り組んでいるか
前述のフィッシングショーでの一般消費者に向けたPRを行っている。

表彰式は午後1時から消費者庁大臣室で行われた。

表彰は全国釣竿公正取引協議会含め3名、1団体。鈴木隆氏の他、カレー業全国公正取引協議会の高橋正則委員長と近畿地区不動産公正取引協議会の川﨑宏事務局長、日本即席食品工業公正取引協議会が表彰された。

景品表示適正化功績者表彰の集合写真
表彰者と記念撮影。全国釣竿公正取引協議会の鈴木前副会長以外に3名1団体が表彰された


井上信治内閣府特命大臣が公務のため、伊藤明子消費者庁長官が対象者に表彰状を手わたし、祝辞の代読を行った。表彰者から謝辞も述べられた。

当日は写真撮影の時はマスクを外したが、コロナ対策も万全に行われており、最小限の人数で実施されていた。

2001年以降の全国釣竿公正取引協議会の主な出来事

・2001年
鈴木隆氏が監事就任。日本フィッシング会館で初めての定時総会を開催。感電事故防止のPR活動(フィッシングショー)。
・2002年
感電事故防止パンフレット。離隔距離に関する啓蒙
・2003年
公正競争規約の見直しの検討(測定基準・特定用語)
・2004年
設立20周年。(株)リチャーズが会員継続20周年で表彰。公取協だより発刊
・2005年
新公正マークCFRJ設定。12月12日に公正取引委員会承認
・3007年
公正競争規約改正。カーボンロッド、グラスロッドの定義の改正、ボロンロッド→複合ロッドとする。9月10日、公正取引委員会承認
・2008年
第1回会員対象調査
・2009年
消費者庁発足に伴う公正競争規約の改正
・2010年
第1回釣竿の繊維含有率検査実施
・2011年
鈴木隆氏理事に就任。総務委員会委員就任
・2012年
規約改正(景表法に沿った文言、品名、全長、組み立てを行った国等の追加)に係る表示連絡会を開催し学識経験者・関係団体に規約改正の意見を聴取
・2013年
規約改正。30周年事業の検討
・2014年
役員表彰12年。30周年記念事業として懸賞を実施
・2016年
規約改正。先径・元径の表示方法の変更。10月28日、公正取引委員会・消費者庁承認
・2017年
釣竿における公正マークの使用及び基準に関する規則を6月21日に変更。条文の現行化
・2019年
鈴木隆氏が副会長就任
・2021年
鈴木隆氏副会長退任。役員表彰20年。内閣府特命担当大臣・景品表示適正化功績者表彰

全国釣竿公正取引協議会表彰者(敬称略、役職は当時)

・1992年 藤井繁克会長(公正取引委員会事務局長賞)
・1993年 全国釣竿公正取引協議会(公正取引委員会委員長より感謝状)
・1994年 塩澤美芳副会長(公正取引委員会事務局長賞)
・1995年 鈴木健兒副会長(公正取引委員会事務局長賞)
・1995年 藤井繁克会長(公正取引委員会委員長賞)
・2004年 塩澤美芳会長(公正取引委員会委員長賞。
・2005年 櫻井宏克会長(公正取引委員会経済取引局長表彰)
・2008年 酒井貞彦理事(公正取引委員会経済取引局長表彰)
・2015年 全国釣竿公正取引協議会(内閣府特命担当大臣表彰)
・2021年 鈴木隆前副会長(内閣府特命担当大臣表彰・景品表示適正化功績者表彰)

※この記事は釣具新聞2021年7月15日付号に掲載された記事です。

関連記事

【サンライン】「トルネード松田スペシャル ブラックストリーム マークX」特殊ポリマー層を形成したハリス

【大藤つり具】「ザッピー 潮き~るシンカーR」海底で立ち、根掛りしにくい

【かわせみ針】「船メバルサビキ(珈琲皮)」食い渋り時に効果を発揮する仕掛け

「水辺感謝の日」清掃、全国で開催。大阪は3カ所で実施、約240人参加

【上州屋】ふくしまワカサギ・ルアーフェスタ展示受注会大盛況

【バレーヒル】「エビカーリー」エビシャッドファミリーに新たな仲間が追加!

【フジノライン】根ズレ、石ズレに強い石鯛専用ナイロン道糸

【マルキユー】氷瀑TシャツMQ―01。灼熱の野外からクーラーの効いた室内でも快適!優れもののTシャツ