【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。放流の問題、放流直後の生存

スペシャル ニュース

諸問題は長年の歴史を持つ日本の放流実績の賜物。様々な対策で放流成功の糧に

こうした問題に対して様々な対策がとられている。

例えば、放流後のパニック状態を緩和するため、放流魚を地先の海水に慣らしたり、放流魚を海底近くで放流することもある。また、防波堤の内港側の自然環境を利用して放流魚を飼付けしたり、音響馴致(おんきょうじゅんち・音がするとエサがもらえる事を学習させる)しながら人工飼料を与え(海洋牧場)、少しずつ自然環境に慣らすこともある。

流翌日の人工アユ
放流翌日の人工アユ。飼育環境と同じように、水面下に群を作って悠然と泳いでいる

放流魚の被食に対しては、予め放流場所の捕食者を調べたり、捕食されにくい大きさの放流魚を放流している。

また、マダイなら海底に横たわる行動(横臥「おうが」行動)を示したり、ヒラメなら砂に潜る能力(潜砂能力)の高い個体を放流することも効果的だ。放流魚と捕食魚を一時的に同居させ、放流魚に恐怖を体験させるというユニークな試みもある。

マダイ稚魚の横臥行動
危険を察知すると本能で底に横たわるマダイ稚魚(横臥行動)。体側のシマ模様がくっきりと浮き上がるのも特徴

放流魚の体質に関しては、飼育密度をできるだけ下げたり、照明の照度を落とすことで個体間の干渉を少なくすることで、放流魚が天然魚に近い体質になることがわかっている。また、魚体成分の生化学的な成分分析によって、天然魚に近く、放流に適した種苗が指標化されている。

その他、放流後の生残に影響するものは、放流魚の放流場所や放流時期だろう。

目安として放流場所に同種の天然稚魚がいることが大切だ。放流魚を放流した場合、放流魚は天然稚魚と群を作り、餌の捕り方や捕食者回避など、生き残り戦術を学べるからだ。

一方で、過剰な放流魚を放流すれば、天然魚と放流魚の間で餌を巡る競合が起こる。稚魚を育てる天然の餌料には限りがあるので、環境収容力を見極めた上で放流することも必要だ。

さて、ここまで、種苗放流の問題について解説してきた。放流に関してあまり良いイメージを持たなくなった方もおられるかもしれない。

しかし、これらの諸問題は、約60年の歴史を持つ日本の放流実績の賜であり、放流成功の糧になっているのだ。

次回は、放流のさらなる問題について触れてみたい。

(了)

関連記事 → 「年なしのチヌ」って本当は何歳?クロダイ(チヌ)の全ての解明を目指す、広島大学の海野徹也教授を取材 | 釣具新聞 (tsurigu-np.jp)

関連記事 → 【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。「初期減耗と種苗放流」~魚たちは実に厳しい世界を生き抜いている~

関連記事 → 【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。~放流先進国の日本。原動力は世界に誇る種苗生産技術!~

関連記事 → だからキジハタ(アコウ)はよく釣れる?大阪栽培漁業センターを取材

2 / 2
前へ

関連記事

【がまかつ】「宵姫ランディングネット」魚に優しい高品質ラバーコーティングネット

【シマノ】「SLX DC」幅広いルアーに対応、遠投性能を発揮する

【ニッコー化成】「フレックステイル8.5㎝」ツートンカラー採用と匂い成分配合でアピール抜群

【大阪】泉大津フェニックスで海釣り体験。釣りで地域の魅力を高める。フィッシングマックスが協力

【ホッツ】「タッチレスキーホルダー・ウミガメ」ウイルス感染リスクを軽減できるギア

【タカ産業】「スケルトンメッシュ丸型バケツ」メッシュ蓋採用、入れた魚が逃げない

【ヴァンフック】「ブレードチューンアシスト」超薄型ブレードのトリッキーな動きで様々な魚種に高アピール

【ダイワ】「エメラルダス AIR AGS」ダイワ史上最軽量のエギングロッド