アユルアーの万能ルアー「流鮎DEEP」。深場はもちろん浅場も攻略。初めてのアユルアーにも最適!

製品情報
鮎ルアー特集
DUOの流鮎ディープ
「流鮎 LUAYU DEEP」※ルアーアユ・オトリ確保兼用モデル。ルアーロッドでも延べ竿でも使える
DUOの流鮎DEEP
「流鮎DEEP」は「流鮎110F」のディープモデル。いずれのカラーもDUOらしい美しい仕上りだ

DUOから2024年、注目のアユルアーが登場する。それが「流鮎DEEP」(ルアユディープ)だ。

昨年発売された「流鮎110F」のディープタイプだが、実は初めてアユルアーゲームに挑戦してみたい人にもオススメ出来る、万能で高性能なルアーに仕上がっている。

DUOの流鮎ディープの上から見た写真
「流鮎DEEP」のリップ。より強い水流の中でもリップがたわむのを避けるためABS素材を採用している

「流鮎DEEP」と「流鮎110F」の大きな違いはリップだ。ディープタイプなのでリップが大きくなり形状も異なる。さらに素材もPE素材からABS素材に変更されている。

リップは大きくなっているが、引き抵抗はそこまで強くないため、特別なタックルを用意する必要はない。普段使用しているアユルアーロッドで、「流鮎DEEP」と「流鮎110F」を十分に使い分ける事が出来る。

デュオの流鮎100Fの上から見た写真
「流鮎110F」のリップはPE(ポリエチレン)を採用している(写真下の黄色いパーツ。視認性を高めるため黄色となっている)。ある程度の弾力性があり、石に当たった時に出る音も小さい
DUOの流鮎100F
昨年発売された「流鮎110F」。リップ形状以外にも「流鮎DEEP」と大きく異なる点がある

また、「流鮎110F」との違いは、ハリス止めの位置だ。「流鮎110F」はルアーとしては珍しく、ルアーの上部(ルアーの背中側)にハリス止めが付いているが、「流鮎DEEP」はルアーの下部(脂ビレと尾ビレの周辺)に付いている。

DUOの流鮎100Fのハリス止め
「流鮎110F」のハリス止めは、ルアーの上部側に付いている

「流鮎110F」は水平に近い水中姿勢なので、ルアーを止めた時にハリスも出来るだけ水平になびくように、また根掛かりのリスクも減少させるためにルアーの上部側(背中側)にハリス止めが付けられている。こだわりの詰まったルアーだ。

一方で「流鮎DEEP」は「流鮎110」に比べると若干おしり上がりの水中姿勢になる。そのため、ハリス止めは背中側に付ける必要がなく、下部に付けられている。

こういった細かな工夫が釣果にも大きく影響し、快適にアユルアーゲームを楽しむ上でも重要となってくる。ルアーの丁寧な作り方は、DUOならではだ。

デュオの流鮎ディープ
ディープモデルは若干、前下がりの姿勢になるため、ハリス止めは尻ビレ(ルアー下部後方)に設置されている

初めての釣り場に行く時は、ぜひオススメ!流鮎DEEPは対応範囲が広い!

この「流鮎DEEP」について、DUOプロスタッフの萩原トオルさんは以下のように語る。

「流れの強い場所や太い流れの場合、『流鮎110Fではボトムまで届かない事があります。しかし、この『流鮎DEEP』を使うと、スッとボトムまで入ってくれます。

鮎釣り河川のイメージ写真
流れの強い場所や深場もありそうなところは「流鮎DEEP」が特に使いやすい

アユルアーが初めての人は、このディープタイプの方が使いやすいかもしれません浅い場所からある程度深い所でも簡単にボトムタッチが出来るからです。初めて釣りに行く場所で、どういったポイントがあるのか分からない時に持っていくルアーとしても最適だと思います。浅瀬だけなら『流鮎110F』の方が使いやすいですが、深場や瀬などいろいろな場所がある場合、ディープタイプの方が万能ルアーとして使う事が出来ます。

アユルアーはグリグリ巻くのではなく、浮かせて止めての繰り返しです。ロングキャストは基本的に不要です。当社が推奨しているのは、最大で20m以内の釣りです。それ以上遠くでアユが掛かっても、どこで釣れたかも見えませんし、取り込みも大変です。サイドハンドやアンダーキャストで狙える範囲で、見える範囲の石を的確に狙う方がゲーム性も高いですし、面白いです。いろいろな場所を細かく狙うにも『流鮎DEEP』がオススメですね」。

今年、アユルアーを始めてみたいという人にも「流鮎DEEP」は最適なルアーと言える。浅場を狙うならロッドを立て気味にすればある程度攻める事も出来、深場も狙える万能ルアーだ。アユルアーの初心者の方からベテランのアユルアー師まで、ぜひ「流鮎DEEP」を試してみてはどうだろうか。

流鮎DEEP 製品情報

Length:100㎜
Weight:12g
Type:重心固定・フローティング
Hook:がまかつ社管付チラシ針使用
カラー:5色

流鮎ディープの煽り鮎カラー
煽り鮎 ※リアルプリント
流鮎ディープの野鮎カラー
野鮎 ※リアルプリント
流鮎ディープの塗り鮎カラー
塗り鮎 ※塗装
流鮎ディープの黄金鮎カラー
黄金鮎 ※リアルプリント
流鮎ディープの縞鮎カラー
縞鮎 ※リアルプリント

DUO公式ホームページ → 流鮎 DEEP – 鮎|製品情報|DUO International / ルアーメーカー デュオ (duo-inc.co.jp)

アユルアー特集 → 鮎ルアー特集 | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事

【日本釣振興会埼玉県支部】埼玉県入間川水系にウグイ、マブナを放流

初めてでも1人で釣りが出来るように!「初心者のためのニジマス釣り教室」で初心者の独り立ちサポート

誰もが使いやすい調子「がま磯 アルデナ」。強度を維持しつつ軽量化にも成功【がまかつ】

【2年連続中止決定】みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらこばと。新型コロナ感染拡大、先行き見通せず

釣り人が始めた放流事業 「ラブメイタ」。メイタやチヌを愛し、守り、育てる【九州リポート福岡発!】

得意先との宴会、二次会中に転倒し骨折。これって労災?【弁護士】

【船匠】蛸匠の締め具。誰でも簡単にタコを締めれる便利アイテム登場

【モーリス】「Nogales フックセットシンカーおもし!」琵琶湖の人気ガイド永野総一朗プロ監修