大阪南港で熱戦!「第20回目大阪湾落し込みトーナメント」の最終予選を開催。能登半島応援プロジェクトも実施

ニュース
        

黒鯛工房は、6月9日、「第20回目大阪湾落し込みトーナメント」の最終予選を大阪南港で開催した。

当日の天気は曇りのち小雨。会場には69名の選手が集まった。

競技開始と同時に、選手たちのそれぞれがセル石・宇部波止と狙いのポイントに直行。潮の高い朝一の時合いに期待して攻めていくものの、思ったほどのアタリはなく、競技時間を通して、競技エリア全体をみても明らかな時合いという時間を感じることなく予選会を終了した。

「第20回目の大阪湾落し込みトーナメント」の様子
時合いらしい時合いがないまま競技終了。結果はいかに…?

当日は47枚のチヌが記録され、32名の選手が釣果をマーク。複数釣果の選手たちは全員予選を突破したものの、1枚のみの選手は長寸勝負で惜しくも予選通過が出来ない選手もいた。最後まで緊張感ある予選会となった。

「第20回目の大阪湾落し込みトーナメント」のじゃんけん大会の様子
お楽しみのじゃんけん大会も行われた

本予選では決勝大会へ25名の選手が駒を進め、前回の武庫川予選の通過選手29名と合わせて総勢54名のファイナリストが7月27日、28日の決勝大会で熱いデッドヒートを展開する。

なお、今大会では選手全員から「能登半島応援プロジェクト」に協力してもらった。黒鯛工房は、「参加費から義援金、応援グッズ販売などたくさんのご協力ありがとうございました」とコメントしている。

大会結果(敬称略)

「第20回目の大阪湾落し込みトーナメント」の第1位
見事1位に輝いた池田伸選手

1位
池田伸(3枚・最大長49.3㎝)

2位
田中豊久(3枚・最大長46.6㎝)

3位
川原護(2枚・最大長48.7㎝)

4位
島本幸伸(2枚・最大長47.2㎝)

5位
玉置真也(2枚・最大長47.2㎝)

【提供:黒鯛工房・編集:釣具新聞】

なお、大会の様子は、黒鯛工房公式ホームページでも確認出来る。

関連記事

東京都内2カ所でヘラブナを放流。近隣住人も見学、計320㎏のフナが旅立つ

【サンライン】宝刀うおばさみメンテナンスキャンペーン8月31日(月)まで開催中

【ささめ針】「ボウズのがれライトゲーム」中層・底をまとめてちょい投げ!

「釣りの聖地・五島列島」。長崎県五島市の野口市太郎市長を取材「釣りは大切な観光資源」。平和卓也プロも推薦「釣り人の夢の魚が全部いる!」

「子供の頃、ビニールハウスのパイプを釣竿代わりに…」。ミュージシャンの宮沢和史さん、釣りを語る【ロイヤルアングラー賞】

釣り中の事故は減少傾向。引き続き安全対策の徹底を!【令和4年船舶事故・人身事故発生状況】

【日釣振北海道】苫小牧港で清掃活動。100名で440kgのゴミを回収!

【バスフィッシングは重要な観光資源】。岐阜県海津市の取組み。横川市長とジークラック青木社長が対談