約100名が参加!静岡の釣り場で「水辺感謝の日」清掃活動。「Sports&Fishing」Projectのメンバーも参加

ニュース
日本釣振興会静岡県支部の水辺感謝の日清掃の集合写真
                                      

公益財団法人日本釣振興会静岡県支部では、10 月14 日(土)、静岡市広野海岸公園・用宗漁港において、「水辺感謝の日」清掃活動を実施した。

当日は天候にも恵まれ、早朝より大人89名・子供8名が参加。参加企業・団体は、富士工業、ジャクソン、デュオ、プロショップウィンズほか。

今回も、清水エスパルスと富士工業が協働して行う「Sports&Fishing」Project も参加。参加者全員で、気持ちよい汗をかきながら1.5㎞の範囲を清掃した。

関連記事 → 静岡の豊な自然を守る。地元サッカーチームと「Sports&Fishing」プロジェクト【富士工業】

日本釣振興会静岡県支部の水辺感謝の日清掃の様子
参加者にゴミ袋を配布

ペットボトル、空き缶、弁当の空き容器、ビニール袋のほか、釣り人が残したと思われる、仕掛けのパッケージ、釣り糸、エサ箱、タモなどのゴミも捨てられていた。参加者は協力しながら、合計54袋分のゴミを回収した。

日本釣振興会静岡県支部の水辺感謝の日清掃の様子
清掃活動の様子
日本釣振興会静岡県支部の水辺感謝の日清掃の様子
1.5㎞の広範囲を手分けして清掃していった

同支部では、「モラルの向上、マナーの啓発、釣り場環境の美化保全には地道な活動が必要となりますが、釣具業界の一員として、今後も社会・地域貢献活動に積極的に取り組みをしてまいります」とコメントしている。

日本釣振興会静岡県支部の水辺感謝の日清掃の様子
清掃活動で集められたゴミ。多くのゴミが回収された

【提供:日本釣振興会静岡県支部・編集:釣具新聞】

関連記事
閉鎖している日の出埠頭を一部開放、釣り教室を開催。多彩な魚が釣れ家族で釣り満喫。稚魚放流も実施【静岡県・清水港】
子ども達を水難事故から守る!富士工業がライジャケ寄贈。三ケ日青年の家にライフジャケットレンタルステーション開設
【富士工業】Sports&Fishingプロジェクト。清水エスパルス・西澤健太選手が3代目アンバサダーに

関連記事

75㎝の大型魚も!「テイルウォークタイラバオーナーズチャレンジ」。九州北部最大級の大会、50人のファンが集う

釣竿公正マークポスター秋冬版にマルコスが登場!全国の釣具店や釣り場などで掲載

【2年連続中止決定】みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらこばと。新型コロナ感染拡大、先行き見通せず

【Team ECO×フィッシャーズ】山の下海浜公園で清掃イベント。参加者募集中!清掃後は釣りのデモンストレーションも

たくさん魚を釣って、プレゼントをゲットしよう!「チャレンジフィッシング2023」釣りのポイント全店舗で開催中

【上州屋】「ほくりくフィッシングフェスタ」盛況、石川県産業展示館3号館で開催

【フィッシングショーOSAKA2023】伊丹章・マルコスがPR公式アンバサダーに!当日はステージイベントにも登場

【日釣振東京】「水辺感謝の日」都内2カ所の釣り場で清掃活動。総勢72名が参加