子ども達を水難事故から守る!富士工業がライジャケ寄贈。三ケ日青年の家にライフジャケットレンタルステーション開設

ニュース
富士工業のライフジャケット寄贈の記念写真
富士工業では、日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環としてライフジャケットを寄贈した

富士工業では、海と日本プロジェクトin静岡県実行委員会が取り組む、「子ども達を水難事故から守る!」 ライフジャケットレンタルステーション事業に協賛し、2月2日(木)に、富士工業から静岡県立三ケ日青年の家へ30着のライフジャケットを寄贈いたしました。

この寄贈されたライフジャケットをもとに、2023年3月末より三ケ日青年の家では5名以上のグループの申請に対して無償でライフジャケットの貸出を行うライフジャケットレンタルステーションを開設いたします。

寄贈したライフジャケットは子供用(小)7着、(大)8着、大人用(中学生用)15着の合計30着です。

富士工業が寄贈したライフジャケット
富士工業が寄贈したライフジャケット

ライフジャケットレンタルステーションとは、ライフジャケットを「みんなのものにする」ためのインフラを整え、ステーションを起点として、ライフジャケットの貸し出し・管理、普及啓発を行います。

貸し出し申請を受けて貸し出すと同時にライフジャケットの装着方法や水辺で備えるべき事を伝え、水辺の事故減少を目指します。また官民が連携することで持続可能な運営を実現します。

富士工業のライフジャケット寄贈の様子

富士工業は、地球環境との共存を目指し、地域との共生を図りながら発展する文化創造企業を目指しております。

豊かな水辺環境を次世代へつなぐ活動や、水辺で安全・安心に活動をするための啓蒙活動も行っております。今後も水辺のレジャーに関わる企業として、社会・地域貢献活動に努めてまいります。

この取り組みは、次世代へ豊かで美しい海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる日本財団「海と日本プロジェクト」の一環です。

【提供:富士工業・編集:釣具新聞】

関連記事 → 静岡の豊な自然を守る。地元サッカーチームと「Sports&Fishing」プロジェクト【富士工業】

関連記事

恋路ヶ浜でビーチクリーン&稚魚放流!観光客や地元園児も参加。釣りの聖地で環境維持の活動広める

普段は入れない御前崎港中央ふ頭の一部を開放!釣り教室で多彩な魚が釣れ、家族連れも大喜び

初心者に優しい釣具店を大募集!全国の釣具店を検索できる「あなたの町の釣具店」【釣りフェス2023】

第10期「隼華(HAYAKA)」メンバー大募集!ハヤブサ製品を使って、釣りの楽しさを広めよう!

【キャスティング】福岡店・大宰府店のスタッフがGW明けに糸島市の漁港で清掃活動を実施!

【奥山文弥・理想的な釣り環境】野生魚?放流魚?こんな釣り場が理想です

【シマノ】COMPLEX XR(コンプレックスXR)。バスフィッシング専用スピニングリール

【ヤマイ】「スーパーライトジギング ショートアシスト(夜光レインボー&フラッシャー)」SLJ対応のアシストフック。魚に猛アピール!