渋い中の熱戦!全国から36名の選手が集結、「GFG杯争奪全日本地区対抗グレ釣り選手権」開催

ニュース

11月27日(日)、28日(月)、「令和4年度GFG杯争奪全日本地区対抗グレ釣り選手権」が、高知県宿毛市沖にある沖ノ島周辺磯で開催された。

主催はがまかつ製品愛好者によるがまかつファングループ (GFG)、共催はがまかつ。

北は東北地区から、南は沖縄地区までの全11地区本部よりそれぞれ3名ずつ選抜された計36名(開催地の四国地区のみ2組6名選抜)によって個人戦、団体戦の各部門で争われた。

各地区から選抜されたトップ選手36名が集結した

試合のルールは、25㎝以上のグレ5尾までの総重量、同重量の場合は最大長寸で競う。

新型コロナウイルスの影響で2年に渡って開催が延期されていた本大会だが、当日は天候も良く、風も比較的穏やかな大会日和だった。

2 船(高見渡船、岡崎渡船)に分乗した選手が各磯に分かれ、6時間の熱い戦いが繰り広げられた。

競技終了後、検量に移ったが、 5尾揃えて持ち込 む選手がいない厳しい状況だった。

そんな中、4枚を揃えた3名が表彰台に並ぶ事となり、その中でも一回り大きな魚を持ち込んだ、地元四国の岩崎秀雄選手が見事優勝。惜しくも100g差の準優勝には同じく四国の敷地翔太朗選手、3位は九州の中司亮選手となった。

個人戦上位入賞者。左から敷地翔太朗選手(四国地区A)、岩崎秀雄選手(四国地区A)、中司亮選手(九州地区)
全国GFGの田邉克彦会長による表彰状授与
個人戦の結果

また、団体戦では、個人戦で優勝、準優勝者を出した四国地区Aチームが、準優勝と1㎏以上の差をつけて優勝。準優勝は、全地区中で唯一3名ともに釣果を上げた東海地区となった。

団体戦は四国Aチームが制した。左から篠原剛選手、敷地翔太朗選手、岩崎秀雄選手
団体戦の結果

詳細は、がまかつファングループ公式ホームページまで。

関連記事

社内教育の仕組み出来ていますか?「HIKIDAS(ヒキダス)」で製造現場の生産性向上、技術伝承をサポート

ミュージシャンの宮沢和史さんが「ロイヤルアングラー賞2024」を受賞!【釣りフェスティバル2024】

【タカ産業】「水族バッカン」釣った魚を外側から見て楽しめる

「ダイワ×サンライン エギングフェスティバル2019in周防大島」314名が参加したコラボイベント大盛況

エギ2本購入でその場で必ず当たる!「デュエルエギ祭」・「ヨーヅリエギ祭」同時開催中

大切なリールを冷たさと傷から守る、フリーノットの「YK0001リールカバー」は冬のオフショアアングラーにマストなアイテム

【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。~クロダイの生態と放流~

子供達が海岸清掃&稚魚放流!「荒崎クリーンフェスタ2023秋」開催。「大きく育ってね!」と想いを込めて…