有名メーカー集結!「庄内フィッシングフェスタ」で山形の釣りファン魅了。限定品など物販コーナーも大人気【上州屋】

ショップインフォ
庄内フィッシングフェスタ新製品予約受注会の様子

10月1日(日)、「庄内フィッシングフェスタ新製品予約受注会」が、山形県の道の駅「庄内みかわ」のいろり火の里「なの花ホール」にて開催された。主催者は上州屋。

当日は、小雨の降る中、開場の午前9時前から長蛇の列が出来ていた。

開場後は、ライトソルトルアー、シーバス、磯釣り、堤防釣りのファンをはじめ、多数の釣り人が来場。約1600人が来場する盛況ぶりだった。

会場には、シマノやダイワを筆頭に、30社以上のメーカーが出展。2023年新製品やメーカーのイチオシアイテムが所狭しと並べられた。

庄内フィッシングフェスタ新製品予約受注会の様子
新製品やイチオシアイテムがズラリと並ぶメーカーブース

各ブースでは、メーカーの担当者やインストラクターによる商品の紹介や説明、記念撮影が行われ、多くのファンを魅了していた。

物販コーナーでは、超人気ルアーや会場限定アイテム、お買い得品を取り揃え、一時は身動きが取れなくなるほどの混雑となった。

庄内フィッシングフェスタ新製品予約受注会の物販コーナーの様子
大人気の物販コーナーの様子

また、当日は、ファミリーでの来場者も多く、キッズイベントコーナーにも長蛇の列が出来、子供向けゲームやメダカ釣りを楽しんでいた。

なお、来年度は、3月24日(日)に山形ビッグウイングにて「やまがたフィッシングフェスタ新製品予約受注会」を、10月には同会場にて「庄内フィッシングフェスタ新製品予約受注会」の開催を予定している。

【提供:上州屋・編集:釣具新聞】

関連記事

【スクープ!】「27Webライブ」のタイムスケジュール公開。フィッシングショーOSAKA2021Web&TVの目玉企画

【土肥富】「くるくるオクトパス」シンプル設計でダイレクトかつクイックなアクションを実現

次の「M-1 チャンプ」は誰だ!?「2024 マルキユーM-1CUP 全国へら鮒釣り選手権大会」エントリー受付開始!

【DUELエギ祭2021年春】デュエルエギ2本購入で豪華賞品がその場で当たる!

外来魚を「有効利用」する釣り大会、琵琶湖の彦根で開催!ファミリーなど約250名が参加

【釣りフェスティバル2022オンライン】世界に先駆け新製品が集結!視聴者参加型コンテンツなど新企画も充実

初心者歓迎!「タイラバ真鯛釣り体験in明石」参加者募集中。6月10日開催、丁寧なサポートで女性も安心!

【ダイワ】インスタグラム投稿プレゼントキャンペーン6月30日(火)まで開催中