【釣りフェス2022】「日本の釣り」伝統と歴史、道具の進化を世界へ発信する

ニュース

(一社)日本釣用品工業会主催「釣りフェスティバル 2022 オンライン」が、1月21日(金)~23日(日)を本番会期として開催された。公開は2月末まで。

釣りフェスティバル公式ホームページで公開されている「日本の釣り」では、日本の釣りの文化と歴史、釣具の進化を世界の人々に広く知ってもらうため、伝統的な釣りを動画で紹介している。

釣りフェスティバル公式ホームページ「日本の釣り」
https://www.tsurifest.com/jpn

日本の釣りトップページ

昨年の釣りフェス2021は初のオンライン開催であったが、47都道府県、世界100カ国からの視聴があった。

主催の日本釣用品工業会では、今年もオンライン開催のメリットを最大限に活かし、日本全国だけでなく、世界100カ国以上の釣りファンにいち早く情報を発信することを目標に開催された。

関連記事 → 【釣りフェス2022】世界100カ国以上の釣りファンにいち早く情報を発信!

そんな中、「日本の釣り」では、海外の人にも日本の釣りについて知ってもらうため「テンカラ釣り」と「エギング」の英語翻訳付きの動画を掲載している。

テンカラ釣りは、日本古来から伝わる伝統的な釣り方。動画では、その歴史や道具について解説されている。

テンカラ釣り動画のスクリーンショット

エギングは日本発祥の釣り。動画では、エギングの成り立ちやエギの歴史、特徴を解説している。

エギング動画のスクリーンショット

これらの動画を通して、海外の人に日本の釣りをより深く知ってもらうことが期待できる。

釣りフェスティバルでは、この他にも初心者・経験者問わず楽しめるコンテンツが盛りだくさん。2月末まで公開されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

釣りフェスティバル公式ホームページ
https://www.tsurifest.com/

関連記事 → 【釣りフェスティバル2022オンライン】世界に先駆け新製品が集結!視聴者参加型コンテンツなど新企画も充実
関連記事 → 【釣りフェス2022】出展社一覧を紹介。約90の企業・団体が出展、釣りフェスを盛り上げる!
関連記事 → 【釣りフェス2022】ライブステージのスケジュール発表。新企画にも注目!昨年より更にパワーアップ
関連記事 → 【釣りフェス2022】前田敦子さん、授賞式で釣りへの想い語る。クールアングラーズアワード2022受賞式
関連記事 → 【釣りフェス2022】神野梓(じんのあずさ)さん、第13代アングラーズアイドルに決定!
関連記事 → 【釣りフェス2022】ロイヤルアングラー賞2022は由良拓也さんに決定!
関連記事 → 【釣りフェス2022】17社のメーカーが釣りフェス限定オリジナルグッズを販売!
関連記事 → 【釣りフェス2022】新企画「子ども釣りフォト大賞2022」Instagramで参加募集中。入賞者にはキャンプ場宿泊券プレゼント!

関連記事

サシエのオキアミを海水で締めて鮮度を保つ「TsuriMusha 水切りエサBOX」

【シントワ】「お助けフラッシュグロー」ワンタッチで取り付け可能な集魚パーツ

Da-iCEの大野雄大さんとアングラーズアイドル西村美穂さんが釣り&料理対決!勝利の行方は…?

「このワーム持って釣りに行く!」高等学校でワーム製造実習、魚の生態や環境の大切さ伝える

【山豊テグス】「ナイロンショックリーダー蛍光紫」低光量下でも見えやすいライン

【テイルウォーク】「JIGFORCE SSD」誰にでも操作しやすいバーサタイルジギングロッド

【ヴァンフック】「BBS Single Assist」大型魚との長時間ファイトに適したパワータイプ!

沖縄フィッシングコンテンツトレードショー2023大盛況。約8千人来場、5年ぶりの開催、沖縄の釣り活性化