第13回ジギングフェスティバルin大阪は2千人近く来場し大盛況!

ニュース
ジギングフェスティバルの会場内の様子
ジギングフェスティバルの会場の様子

 10月13日、「第13回ジギングフェスティバルin大阪」が、大阪市鶴見区(大阪花博記念公園内)にあるハナミズキホールで開催された。主催はJ.I.G(ジギングインストラクターズグループ)。ジギングファンを中心に2000人近くの来場者となり、大盛況のイベントとなった。


 本来、ジギングフェスティバルは12日正午からと13日の2日間の開催予定だったが、台風19号の影響で13日のみの開催となった。また、出展予定だったメーカーの内、数社が台風のために、出展を見送らざるを得なくなった。

 当日の大阪の天気は曇りのち晴れ。開場前から入場待ちの長蛇の列となり、会場内は昼過ぎまで大混雑となっていた。イベントが1日のみの開催となったことや、風の影響で出船できる船が少なくショーに行く人が多いといった要因もあったと思われるが、ジギング熱の高まりを感じさせるショーとなっていた。

ジギングフェスティバルの場内の様子
ジギングフェスティバルの場内が混雑している様子
1日開催となった事もあるが、多くのジギングファンが会場を訪れ場内は混雑していた
シマノのブース
約80社のメーカーが出展し、ジギングに関する商品を出品。人気ブースは終日多くの人で賑わっていた

 出展社は約80社。大手メーカーからインディーズと呼ばれるメーカー、新規にジギング関連用品を扱うメーカーなど様々な企業が出展していた。またキャンピングカーやカスタムカー、用品類、さらに魚を美味しく食べるための用品なども出品され、大人気となっていた。

 ほか、イベントとしては有名アングラーによるセミナーや全国のジギング船案内コーナー、会場のガイドサービス、ラインシステムの強度を競うコーナー、お楽しみ抽選会など、来場者を盛り上げるイベントが多数用意されていた。ジギングファンはもちろん、ジギングに興味のある人にも楽しめるイベントとなっていた。

 商品を見たり話を聞いたりすることはもちろんだが、参加型のコーナーも多く、オリジナルグッズの物販などもあり、来場者それぞれの目的に合わせていろいろな楽しみ方ができるショーとなっていた。

1 / 2
次へ

関連記事

つりどうぐ一休りんくうシークル店オープン。人気商業施設内に出店、インバンドも見込む

【ヒロミ産業】「e-遠投a(アルファ)」遠投性と視認性が高い電気ウキ

【がまかつ】「ランディングフリップネット」軽量アルミニウムを採用

【大阪漁具】「テトラスポットブラクリセット 」穴釣りや探り釣りに最適

【ささめ針】ベースボールキッズ対象に釣り教室

イチバン・エイト主催 ダイワとのコラボ企画「イカすエギングミーティング」大盛況

【バレーヒル】「TG ネイルシンカー RB」タングステンながら低価格を実現

フィッシングマックスと地元野球チームの子供達など120名で兵庫県南芦屋浜で清掃活動を実施