子供達が釣ったマダイに大はしゃぎ!海上釣り堀教室を開催【日本釣振興会三重県支部】

ニュース
参加者が釣り上げたマダイを持っている様子
公益財団法人日本釣振興会三重県支部が、海上釣り堀体験教室を開催。64名が参加した

公益財団法人日本釣振興会三重支部は、5月5日(木)、「海上釣堀教室」を開催した。会場は三重県度会郡南伊勢町礫浦(さざらうら)の海上釣堀「辨屋(べんや)」で、3年ぶりの開催となった。

参加者は、32組64名。当日は天気も良く、風もない絶好の釣り日和だった。

朝6時受付けを行い、開会式後、釣堀に移動。各筏にスタッフが常駐し、参加者に一通り説明を行った後、実釣開始となった。

参加者が仕掛けを投入すると、早速「キターっ!」との声が上がり始めた。

初めて見る生きた真鯛の躍動に、釣りあげた子供たちは大はしゃぎだった。

参加者が釣り上げたマダイを持っている様子
参加者が釣り上げたマダイを持っている様子

放流タイムではたくさんの真鯛やイサキがイケスに入り、しばらくすると、次々に魚が釣れた。

参加者は、しだいに竿さばきもスムーズになり、エサの投入や魚とのやり取りなども補助無しで出来るようになっていった。中には青物を釣り上げた参加者もいた。

参加者が釣り上げたマダイを持っている様子
参加した全員が魚を釣り上げた

参加した全員に釣果があり、子供も保護者も大満足のイベントとなっていた。

参加したスタッフは、「今後も釣りの楽しさを伝え、1人でも釣り人を増やすお手伝いをさせて頂きたいと思います」とコメントしている。

日本釣振興会三重県支部の海上釣り堀体験教室の集合写真
子供も保護者も大満足のイベントとなった

【提供:日本釣振興会三重県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

約2700人が来場!上州屋主催「北関東ルアー・フライフェスタ2024展示受注会」。人気メーカーなど60社以上が出展

【冨士灯器】創業100周年記念ハンディーライトをウエブ限定発売。高級感ある仕上がり、専用充電池も付属

【高階救命器具】「ブルーストーム BSJ-5920RSⅡソバーWB」涼しく快適な着け心地のライフジャケット

【エフ・ケイ】「超消臭+超抗菌スプレー」カビの発生、繁殖の防止効果がある

AGS&メタルトップ採用。2ピース最軽量クラスの「メタリア カワハギ」は高コスパの注目アイテム

【第17回】志賀高原・雑魚川に見る「種川」の生産力。原種イワナを守りながら、釣り人を満足させる漁場管理

【釣りデビューに!】可愛いロッドとリールのセット「Colorful Stick Set 」ライン付属ですぐに釣りが始められる

【明邦化学工業】「バケットマウスBM-7000SPカラー」2色の限定カラー