【ルミカ】高輝度LEDウキ「烈光」にホワイトカラーが登場

製品情報
ルミカの烈光ホワイト

 ルミカの電気ウキ新ブランド「烈光」シリーズに新色ホワイトが登場。
 コンサート市場のペンライトで培ったLEDの技術を活かして開発された、視認性の高い特殊水平発光による光源が最大の特長。従来の電気ウキはLEDが上方を向いており、光は上に照射されるが、水平発光の「烈光」は高輝度LEDを側面に向けて照射することで、釣り人の目線にダイレクトに光を届け、長距離での視認が可能に。
 この「烈光」の既存カラーのグリーン、レッドに加え、明るく見やすいホワイトカラーにより、他のウキとの差別化や竿ごとの色分けも可能。
 形状は、アタリの取りやすい棒型のAタイプと、波風の中でも使いやすい安定型のBタイプの2種類。連続点灯時間24時間、使用電池はLR44×4個(電池交換可能、電池別売り)。視認飛距離は約400m。
 サイズは各タイプ2、3、5号。価格は1400円-1600円。
 詳細は、ルミカ https://www.lumica.co.jp/product/chemihotaru/

関連記事

【イチバンエイトグループ】「2020春のつり ぬりえコンテスト」5月10日(日)まで開催中

日本釣振興会創立50周年記念事業「釣りキチ三平コレクション展・僕らと釣りと三平と」フィッシングショーOSAKA2020に出展

【富士工業】「リグスベルシリーズ」様々な仕掛けに使えるリグパーツ

【マルキユー】製品特徴をしっかりキープ「パワーイソメ保存液」

【ダイワ】「スティーズプロップ」ボリューム感のあるプロップベイト

「フィッシング祭りinしらこばと」過去最多の1万7008人が来場し大盛況

【GAMAKATSU PTE LTD】G杯アユ予選会3会場結果

【がまかつ】「ますます釣れてマス仕掛」管理釣り場仕様のマス釣り用仕掛け