【日本釣振興会埼玉県支部】霞川にオイカワの産卵床設置。魚を増やそう!自然再生にも貢献

ニュース
霞川で産卵床設置を行ったメンバー
当日の参加者。釣り具メーカーではマルキユーやバリバス等が協力した

公益財団法人日本釣振興会埼玉県支部(岡田信義支部長)では6月22日に「つり環境ビジョンコンセプトに基づくLOVE BLUE事業」の一環として、入間漁業協同組合の協力・指導の下、埼玉県入間市を流れる霞川(かすみがわ)の中神地区でオイカワの産卵床作りを行った。

地元のNPO法人バーブレスフック普及協会から砂利120㎏などの資材の提供と備品の協力を受けた。

日釣振埼玉県支部の岡田信義支部長が挨拶する様子
日釣振埼玉県支部の岡田信義支部長が挨拶した

午前10時に霞川の中神地区の河川敷に集合。(公財)日本釣振興会埼玉県支部からは岡田信義支部長、荒井一郎役員、吉田俊彦役員はじめ8名。入間漁協からは古島照夫組合長はじめ3名、NPO法人バーブレスフック普及協会から2名が参加した。

当日は曇り空の下、時折日も差し、快適な気候の中で実施できた。

日本釣振興会埼玉県支部が行ったオイカワの産卵床作りの様子
産卵床は畳一畳の面積を木枠で囲う。その木枠作りから始められた

オイカワの人工産卵床は水深20㎝以下、流速が毎秒30㎝以下の場所に2カ所に設置した。

日本釣振興会埼玉県支部が行ったオイカワの産卵床作りの様子
オイカワの産卵床設置作業の様子
日本釣振興会埼玉県支部が行ったオイカワの産卵床作りの様子
産卵床の固定作業

畳一畳の面積を木枠で囲い川底を耕うんし、大きな石を取り除いてからオイカワが産卵するのに好む大きさ1―2㎝あまりの小石を厚さ5㎝程度敷き詰めて作った。

日本釣振興会埼玉県支部が行ったオイカワの産卵床作りの様子
オイカワが産卵するのに好む小石を敷き詰める
日本釣振興会埼玉県支部が行ったオイカワの産卵床作りの様子
参加者によって産卵床作りが無事終了した

さらに半自然の産卵床を2.5m×5mほどの縦長の浅瀬を耕うんして大きな石を止め石として緩やかな流れを作り設置した。

参加者の協力により1時間ほどで産卵床造成の作業を無事終えることができた。

これからこの川の在来種であるオイカワが増えていくのを期待して見守っていきたい。

 【提供:日本釣振興会埼玉県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【エバーグリーン】「インスピラーレ」2021年モデルコンセプトはショート&ストロング

【エコギア】「エコギア熟成アクア スーパーどじょうM」特殊形状ボディのタチウオ用ワーム

【ゴールデンミーン】「GMキャプチャーグリップ」手を汚さずに安全に獲物をキャッチできる

「吉見製作所」形状記憶合金のプロ集団、坂社長に聞く

【ア・ネットコトブキヤ】「新型針外し」木製グリップが手に馴染むツール

【バレーヒル】「エビカーリー」エビシャッドファミリーに新たな仲間が追加!

【シマノ】「ソアレ リミテッド」ライトゲームロッドのハイエンドモデル登場

【モーリス】「VARIVAS ワカサギ仕掛け桧原V-spec7本鈎(ミルキーピンク玉)」