平和卓也さんが50㎝オーバー含め良型グレ連発!五島列島ならではの攻め方を披露。湧きグレも攻略!

スペシャル ニュース
50㎝オーバーのグレを仕留めた平和卓也さん
終盤、湧きグレ狙いに切り替えて見事に仕留めた51㎝!

2023年12月上旬、日本屈指の磯釣り師である平和卓也さんが、五島列島(下五島)でグレ51㎝頭に40㎝オーバー多数と、マダイなど五島列島らしい様々な魚を釣り上げた時の模様を紹介します!

そもそも、今回は長崎県五島市の魅力を伝える企画の一環として、平和卓也さんに下五島での実釣をお願いしました。

五島市は五島列島の下五島(福江島を中心とした南西側の島が下五島・中通島を中心とした北東側は上五島)に位置しています。

五島市の中心となる福江島と周辺の磯は、平和卓也さんが2回優勝している「シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会」の開催地となっています。記録級の魚が狙えるポイントが多いのはもちろんですが、釣りだけでなく食事や観光など魅力溢れる町なので、詳しくは下の記事も見て下さい。五島市も釣り人を歓迎していますよ。

関連記事 → 「釣りの聖地・五島列島」。長崎県五島市の野口市太郎市長を取材「釣りは大切な観光資源」。平和卓也プロも推薦「釣り人の夢の魚が全部いる!」 | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

さて、五島列島で平和卓也さんが釣りをするのは、コロナ禍を挟んでいたこともあり4年振り。しかも、今回の取材で釣りが出来たのは1日だけと、まさにブッツケ本番の実釣取材となりました。

釣りの聖地「五島列島」。飛行機だと最短で3時間台、意外と近い!

その前に、「釣りの聖地」と言われる五島列島。「遠いんでしょ。何かと不便でしょ」と思っている人が多いと思いますが、関西や関東から飛行機を使えば、五島列島まで最短3時間半ぐらいで到着。意外と近いです。福岡や長崎からフェリーで行くのも快適ですよ。

五島つばき空港
五島列島唯一の空港は福江島の「五島つばき空港」。福岡空港や長崎空港からあっという間に到着します
ORCの飛行機
今回、使用した長崎空港と五島つばき空港を結ぶORCの機材。40人ぐらい乗れます

今回、初めて五島市の福江島を訪れた記者が驚いたのは、五島つばき空港(あるいは島の玄関口となる福江港)から、宿泊先、飲食店街、食料等の調達にも便利なスーパー、釣具店、出船する港、釣り場と全てが近い事。快適に釣りが出来るインフラが整っている町だと感じました。磯釣りはもちろん、ロックショア、エギングなど五島列島に初めて釣りに行く方には、福江島は特にオススメです。

フィッシング五島モリタの店舗
今回お世話になった「フィッシング五島モリタ」。福江港の近くです

ゲスト2名と五島列島での実釣!平和さんが最初に狙ったのは…

実釣当日の天候は晴れ後曇り。やや北西の風が強い1日でした。瀬渡しは渡船「せいわ」を利用。午前6時頃に福江島の丸木漁港を出て走ること数十分、平和卓也さんとゲスト2名は「椎ノ木」に渡してもらいました。

五島列島の渡船「せいわ」
写真は途中で様子を見に来てくれた「せいわ」。技術も抜群の渡船屋さん。安心して磯に上がれます
平和卓也さんら実釣メンバー
実釣したメンバー。左から田中一智さん、平和卓也さん、加藤龍成さん。ゲスト2名もかなりの腕前です

ゲスト2名は早速グレ釣りの準備を開始。一方、平和卓也さんはゲストと談笑後、まずはルアーをキャスト!

この取材は五島列島の釣りの魅力を伝えるのが趣旨で、「記録級のグレを狙う!」といった企画ではありません。もちろん、記録級のグレ狙いが出来る場所ですが、それ以外にも色々な種類の魅力的な魚が釣れるのが五島列島の特長です。

ルアー釣りをする平和卓也さん
まずはミノーをキャスト。磯で狙える魚は多いので、いろいろなタックルを持っていくのもオススメです

平和さんは普段から磯でグレに限らず、色々な魚を狙いますが、五島列島は最大限に本領が発揮されるフィールドかもしれません。

磯釣りをする平和卓也さん
普段からルアーもガンガン投げる平和さん。早速ミノーにヒット!上がてきたのは…

そうこうしていると、平和卓也さんのミノーにガツンとアタリが出て、ボーダレスがグイグイ曲がっている。上がってきたのは、美味しそうなスマカヅオでした。

スマガツオを釣った平和卓也さん
「昨日、スマカヅオが回ってると聞いたので投げてみたんです。めっちゃ面白いですわー」と語る平和さん

いよいよグレ狙い。まずは3mラインを探っていくが…

4年振りの五島列島で1尾目となる魚を手にした後、平和卓也さんもようやく本命のグレ釣りの準備に取り掛かりました。

タックル準備をする平和卓也さん
ちなみに当日の気温は7度前後。北西からの風が5m/s前後。風が当たるとかなり体が冷える

平和卓也さんを含め3名がそれぞれのポイントでグレを狙うと、平和さんと反対側で釣りをしていた田中一智さんが、当日最初のグレをヒット。

タモ係をする平和卓也さん
率先してタモ係を買って出る平和卓也さん
良型のグレを釣った田中さん
1尾目となる40㎝弱のグレを見事に釣り上げた。田中さんは引かれ潮のポイントを上手く攻略し、この後も多数釣り上げる

グレ釣りを始めてしばらくしてから、朝の状況を平和卓也さんに聞いてみました。

五島列島の釣りの風景
写真奥が平和さん。平和さんの右側から左に向けて潮が走っている。左側の加藤さんの正面あたりで潮がぶつかり、複雑な流れとなっている

「まず、凪ですね。潮が走っていて、潮に対して横から風が来ています。風より潮の流れが強いので良い感じです。潮にきちんと乗せれば釣れると思います。ラインでアタリを取る感じになると思いますが、面白い釣りが出来ると思います」。

一気に攻め方変更、必殺「ドスン仕掛け」投入。すると…

解説後、なかなかアタリがなく、仕掛けを回収するとエサも残ってしまう状態でした。そこで、平和卓也さんは一気に攻め方を変えると、すぐにロッドが豪快に曲がります。

五島列島で釣りをする平和卓也さん
「ほら、来たー!」。マスターチューンが豪快に曲がる

そして、上がってきたのは立派な45㎝のグレでした。普通、いきなり釣れるサイズではありません。

グレを釣った平和卓也さん
1尾目から45㎝。通常なら取材終了してもおかしくない釣果です

平和卓也さんは、久しぶりの五島列島という事もあり、通常よりワンランク太い糸を使っていました。そのため、45㎝クラスのグレの強烈な引きもある程度余裕を持ってファイトをしていました(普通の釣り人なら焦ると思いますが…)。

五島列島で釣りをする平和卓也さん
強烈な引きを楽しみながら1尾目のグレをキャッチ

さらに、続けざまに同じ攻め方で40㎝オーバーのグレをキャッチ。まだ前半にもかかわらず、すごすぎる釣果となってきました。

平和卓也さんに、最初にしていた釣り方をどう変えたのか聞いてみました。

浅いタナからすごく深いタナまで釣れるのは五島列島の特徴

「最初は水深3-5mで潮の流れが速い中でも、食ってくる魚がいるだろうと狙っていました。しかし、基本的にエサが残ってしまうので、食ってくる魚はいないと判断しました。

仕掛けの流れ方を見る平和卓也さん
海の中の状況を的確に把握していく平和さん

そこで、仕掛けを大きく変えました。これは五島列島の釣りならではですが、五島列島では浅いところから、すごく深い場所でも魚が釣れます。ですから、ウキ下を3mから一気に8mまで伸ばし、それでもしっくりこないので、1号のウキに1号のオモリを付けて、潮にジワーっと入っていく形にしました。さらにBのオモリを追加し、潮の外側から流していくと、キレイに潮に乗りました。

そこから更にBのオモリを追加しました。糸は70mぐらい流していて、竿2本半ぐらいのタナを攻めました。すると、流れの中でキレイなアタリが出ました。

平和卓也さんのウキ
浅いタナ狙いからウキ下を大幅に変え、1号のオモリを追加し、さらにオモリを追加して一気にタナを深くすると連発!これだけ深い場所を探るのも五島列島ならではだ

魚は速い流れの中で寒いのが嫌なのか、流れがキツイのを嫌がっているのかと考えていたのですが、そうではなくて水深が違ったのです。ベースのウキ下も変わってませんし、狙った場所にエサが入っています。1尾ならまぐれの場合もありますけど、2尾続くと探しあてたと言えるので、心の中でガッツポーズです(笑)。五島のグレを捕まえたって感じですね」。

五島列島でグレを釣った平和卓也さん
続けざまに釣り上げた2尾目の40㎝オーバー。狙い通りに釣り上げた

使用タックル。仕掛けはワンランク太めで色々な魚種に対応

ちなみに、平和卓也さんが主に使っていたタックルは以下の通りです。

ロッド:マスターチューン1.2―530(シマノ)
リール:BB-X デスピナC3000(シマノ)
道糸:TGピースマスター磯ビヨンド2.25号(デュエル)
ウキ:攻流セメル1号(ピーススタイル)
ハリス:魚に見えないピンクフロロ磯ハリス2.5号(デュエル)
針:グレ針7号

今回のタックルについて平和卓也さんは「ロッドも1.5にするか迷ったのですが、久し振りの五島列島ですし、グレが掛かった時にも気持ち良く曲がる竿がいいなと思い、1.2をチョイスしました。道糸も普通なら2号でいいですし、口太だけを狙うならもっと細くてもいいです。しかし、今日はいろいろ釣りたいですし、大きな青物がヒットする可能性もあります。何が来るか分からないので、余裕をもって2.25号にしました」と話していました。

ゲストが48㎝!さらに40㎝オーバーをどんどん追加。五島列島のポテンシャルはすご過ぎ!?

その後、平和さんの隣で釣りをしていた加藤龍成さんに、今までにない大型がヒット。上がってくると、なんと48㎝。

五島列島で良型のグレを釣った加藤さん
加藤さんが釣った48㎝!十分すぎるサイズですが、この後さらに大きなグレが…。五島列島のポテンシャルはすごすぎです
五島列島で良型のグレを釣った田中さん
田中さんも40㎝オーバーを仕留める。数は一番釣られていました

その後、潮が止まってくる時間帯もあり、平和卓也さんはグレだけでなく、前日にスーパーで購入したキビナゴも使いながら、色々な魚を狙いました。以下、その模様を紹介します。

グレをファイトする平和卓也さん
アオブダイ、イラ、マダイなど色々な魚を狙い次々ヒットさせる平和さん
五島列島でイラを釣った平和卓也さん
「今日はこれは釣りたかったんですよ~」を話す平和さん。五島列島で釣れる魚として有名なイラ
五島列島のキビナ
五島列島の名産品でもあるキビナ(キビナゴ)。食べても絶対に美味しい。大型のアオブダイなどもヒットしました
五島列島でマダイを釣った平和卓也さん
潮が緩んだタイミングでマダイ狙いに切り替え、見事に良型をゲット!五島列島の魚を釣りまくる平和さん

平和さんが色々な釣りを楽しんでいる間もゲストの加藤さんと田中さんは、グレを狙い続け、良型を追加していました。

五島列島でグレを釣った加藤さん
当日釣れたアベレージサイスのグレ
五島列島でグレを釣った田中さん
良型のグレが良く釣れました。五島列島は大型のグレを狙うには日本一の場所かもしれません

最後に当日最大サイズ。湧きグレを攻略!

既に40㎝アップを含めて多数のグレを釣り上げて、魚でいっぱいになった状態でしたが、終盤に更なるドラマが待っていました。

夕方が近づくと、海面がザワつきはじめ、湧きグレが確認できるようになりました。当日、最大魚の48㎝を釣っていた加藤さんが、今までよりも強烈な引きをみせる大型グレをヒット! しかし、強烈すぎる引きで足下でバラしてしまいました。

その後、湧きグレ用の攻め方に変えた平和卓也さんが、狙い通りに湧きグレをヒット! 今日一番の強烈なツッコミをいなして、釣り上げたのはなんと51㎝のグレ。同時に加藤さんも40㎝オーバーをヒットさせ釣り上げるなど、グレ釣りのサイズ感覚がおかしくなるほどの釣果となりました。

五島列島でグレのダブルヒット
40㎝オーバーのグレのダブルヒット!
五島列島で51㎝のグレを平和卓也さん
当日最大サイズの50㎝オーバー。平和さんもスゴイが、五島列島もスゴイ!
五島列島でグレのダブルヒット
五島列島は行く価値絶対アリです。このサイズのグレが揃う磯は日本国中探してもなかなかないと思います。ぜひ五島市を訪れて釣りをしてください。記録級がヒットするかも…!?

最後は磯の上を全員で掃除して、取材終了となりました。4年振りに五島列島で釣りをした平和卓也さんも大満足の釣果となりました。「特に口太グレでいうと日本で一番魚影が濃いと思います。やっぱり、五島列島は面白いですね~」と話していました。

磯を掃除する平和卓也さん
最後は磯をキレイに掃除
渡船せいわの船長と平和卓也さん
今回利用した渡船「せいわ」の山下康治船長

瀬渡し・海上タクシー「せいわ」
電話番号 090-3883-8096

五島列島は夜も楽しい!魚も肉もめちゃくちゃ美味しい!

五島列島の夕食の様子
祝勝会?の様子。釣りの後のお酒(食事)は最高です。今日の釣りの振り返りや各地の釣り場の話等も盛り上がりますね~
五島列島の魚の刺身盛り合わせ
想像通り魚は美味しいです。手前のキビナゴやグレも…、とにかく全部美味しいです
グレの刺身を食べる平和卓也さん
グレを食べる平和さん。平和さんは魚を最高の状態で持って帰るプロでもあります
かっとっぽ
五島列島の郷土料理「かっとっぽ」。ハコフグの中に味噌や魚のキモの煮込みが入っている。日本酒などお酒が進み過ぎる料理。ぜひ、お試しあれ
五島牛の焼肉
釣りとは別の日ですが、幻のブランド牛と言われる「五島牛」もめちゃくちゃ美味しいです。カルビ、ハラミなど最高です。ぜひ、五島牛も試してください!

五島市では、現在「磯釣り大会in五島フォトダービー」を開催しています。興味のある方はぜひご参加を!(2024年1月31日まで)。

また2月3日、4日にインテックス大阪で開催される「フィッシングショーOSAKA2024」の地方創生ブースで、五島市も出展しています。会場に行かれる方は、ぜひお立ち寄りください! 五島市の詳しい情報が聞けます!

関連記事 → 長崎県五島市で「オールインワンフィッシング in GOTO」スタート。 釣りが初めての人でも手ぶらで「釣りの聖地・五島」の釣りが楽しめる | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事 → 釣りの聖地でチャレンジ!「磯釣り大会in五島フォトダービー」開催中!上位入賞者には豪華賞品。インスタで参加出来る特別賞も | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事
釣りの聖地でチャレンジ!「磯釣り大会in五島フォトダービー」開催中!上位入賞者には豪華賞品。インスタで参加出来る特別賞も
長崎県五島市で「オールインワンフィッシング in GOTO」スタート。 釣りが初めての人でも手ぶらで「釣りの聖地・五島」の釣りが楽しめる

関連記事

【プロックス】「イージーワカサギセット」初心者にも最適な簡単ワカサギ釣りセット

【フィッシングショーOSAKA】必見!マルキユーブース情報。最新の注目アイテム、充実のステージイベントを体験!

【がまかつ】「ラグゼ AVENGE バイブ 58」1日投げ切れるベーシックなバイブレーション

【釣研】ポイント還元型エギング釣果情報サイト「エギングスタジアム 」オープン

船ライトゲームの決定版。深紅のベイトリールが先進機能を纏って登場「ADMIRA 100XH/XHL」

新表面加工とカラーシステムを採用したサンラインのジギング専用PEライン「ソルティメイト インフィニティブX8/X4」

【釣研】「インセンド」超薄膜塗装を採用したウキ

あなたも釣り界のイメージガールになれる!第14代アングラーズアイドル募集開始【釣りフェス2023】