【タコマイレージのアンケートに協力を!】漁業者、遊漁船、釣り人が一緒になってルール作り

ニュース
タコマイレージのアンケート画面
上のQRコードをスキャンするとアンケート画面に移る。簡単なアンケートなのでぜひ回答を!

明石市漁連遊漁船業代表者部会では、タコマイレージのアンケートを2023年2月28日まで実施している。

タコマイレージとは兵庫県明石市にある5つの漁協で構成される明石市漁業組合連合会(以下、明石市漁連)が、2022年5月よりタコの資源を保護するための取り組みとして始めた制度だ。

詳細はこの記事をチェック → 「タコマイレージ」始まります!釣り人もタコの資源保護に協力しよう! | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

タコマイレージのポスター
タコマイレージの案内

タコ釣りのメッカ明石ではタコ釣りが盛んだが、近年はタコの漁獲量が減少している。

そこで、明石市漁連に所属している遊漁船業者を利用した釣り人が、マダコ(100g超)を放流用として1パイ提供すると1ポイントがもらえる(マダコの100g以下はもともと兵庫県漁業調整規則によって採捕不可)仕組みを自主的に作った。ポイントがたまると、ポイント数に応じたステッカーがもらえる。

タコマイレージのステッカー
ステッカーは4種類。ゴールドステッカーは達人の証!?

放流用として提供されたマダコは集約され、漁業者と協議の上、保護区等にリリースされるというものだ。

漁業者、遊漁船、釣り人が協力してタコの資源保護に取り組んでいる注目の取り組みだ。今回のアンケートにより、タコマイレージの利用者が実際にどのように感じているか等を調査し、今後の施策や資源保護に活かしていく。

タコ
これからもタコ釣りが楽しめるよう、たくさん釣れた時はタコマイレージ用に提供するかリリースを!

アンケートは簡単に回答出来るので、タコマイレージの利用者はぜひ回答を。漁業者、遊漁船、釣り人が一緒になって、資源保護に繋がる良いルールを作りに協力して欲しい。

タコマイレージのアンケート画面
アンケート画面。1分もあれば回答可能だ

関連記事

流水プールに4500尾のニジマス放流!1000人以上が参加「ファミリーフィッシングinアクアシアン」【九州リポート福岡発!】

上州屋新石巻店で「ソルトフェスタ2023」開催!オリカラルアーやご当地オススメ商品多数ラインナップ

【土肥富】「ロックエックスフック」ライトロックフィッシュゲームを極めたいアングラーに!

【土肥富】「TJ魛(タチウオ)」ジギング用バーブレスフック

釣りに夢と希望をもたらすなら。釣りの楽しさ、どう伝える?【奧山文弥・理想的な釣り環境】

雨風をシャットアウト!「へらスカートMQ-01/PA-01」でヘラブナ釣りをより快適に

【シマノ】追加サイズ登場「バンタム ジジル85 AR-C」

気温上昇、日差しも強め。釣り中は自身のケアだけでなく「エサボウルケースPA-01 」でエサにも紫外線対策を