世界最大級 ❝女性だけ❞の釣りイベント!「女性だけのカワハギフェスタ」大盛況。関東・関西で約240名の女性が参加

ニュース
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の関東会場の集合写真
つりジェンヌの「第9回女性だけのカワハギフェスタ」が、関東・関西の同時開催で行われた(写真は関東会場の参加者)

女性アングラーを中心としたボランティア団体「つりジェンヌ」では、10月22日(日)、「第9回女性だけのカワハギフェスタ」を開催した。

「女性だけのカワハギフェスタ」は、つりジェンヌが毎年開催している女性のみの参加者で行われるカワハギ釣り大会だ。今回は昨年に引き続き、関東・関西同時開催で行われた。

女性向け釣りイベントを運営する「つりジェンヌ」。カワハギフェスタは大人気イベント!

つりジェンヌのロゴ
                                    

つりジェンヌは、多くの女性に釣りの楽しさと自然の豊かさを体験してもらうことを目的としているボランティア団体。

女性アングラーを中心とした釣り人と釣具業界の関係者が集い、平成14年に発足。女性向けの釣り大会や釣り教室を企画・運営している。

今回、関東会場には180名の女性が参加し、神奈川県三崎港・うらりで開催。つりジェンヌアンバサダーの晴山由梨さん、オブザーバーの今井寿美礼さん、武田架奈美さんも参加した。 初心者向けのスクール船1隻と、一般船9隻の計10隻で行われた。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の招待アングラー
左から、武田架奈美さん、晴山由梨さん、今井寿美礼さん。船にも乗船し、参加者達とカワハギ釣りを楽しんだ

一方、関西会場には53名の女性が参加し、和歌山県の加太で開催。つりジェンヌアンバサダーのそらなさゆりさんが参加し、2隻で行われた。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」でのそらなさゆりさんと参加者
関西会場ではそらなさゆりさんが参加。船にも乗船し大会を盛り上げた

関東会場を密着取材!華やか・賑やかなカワハギ釣り大会

取材に行った関東会場の大会本部では、朝5時半からスタッフが集まり大会の準備が行われた。受付開始の7時半前から続々と参加者が集まり、8時10分から開会式が行われた。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の受付の様子
受付の様子
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の参加賞
受付では参加賞が配られた。この他にも、競技後には全員が当たる抽選会もあり、閉会時にも豪華な参加賞が配られた

開会式の司会進行は、(株)フジノラインの兼松美紀代表取締役が担当。初めに武田架奈美さんによる開会宣言が行われた。

続いて、招待アングラーの紹介、スケジュールや競技ルール、表彰方式、注意事項の説明が行われた。

競技はカワハギ3枚の重量で競い、表彰は公平を期すため横取り方式を採用。各船1位の中から優勝を決め、10位までを決定する。

一通りの説明が終わると集合写真を撮影し、各自決められた船に乗船して出港となった。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の乗船の様子
乗船の様子。関東会場では10隻に分かれて競技が行われた

渋い状況下、女の熱き戦いが繰り広げられる…!

出港後、各船ポイントに着くと競技を開始。取材で乗った一般船は経験者が多く、各自移動中にテキパキと仕掛けの準備を行い、ポイントに着き次第一斉に釣りを開始した。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
船上の様子
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
一般船には経験者が多かった。スタッフも乗船していたが、タモ入れやオマツリほどきは基本的に各自で行う

この日の状況はなかなか渋く、初めはアタリが来ない状況が続いた。10時前になるとやっと釣れ始めたが、30分くらいするとまた活性が止まった。

その後も何度かラッシュが訪れたが一時的で、短時間の高活性時にしっかりと釣果が伸ばせるかが勝敗を分けていたようだった。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
まずは、みんな3枚揃えることを目指し仕掛けを落とし続けた
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
熱心なカワハギ釣りファンの参加者も
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
              
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
本命ゲットでステキな笑顔
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
       
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
ノリの良い参加者が多く、みんなで楽しく釣技を競っていた

選手達はどうにか釣果を伸ばそうと真剣な様子だったが、隣同士で会話を楽しみながら釣りをしている人もおり、船上は終始賑やかな様子だった。

13時半に競技終了。船内1位が最後の10分で逆転するなど、最後まで盛り上る展開となった。

武田架奈美さん
参加者と釣りを楽しむ武田架奈美さん
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の検量の様子
ドキドキの検量タイム

大盛り上がりの表彰式&抽選会。女性に嬉しい賞品も取り揃え!

帰港後、各船1位の人は、大会本部で全員同じ検量機を使って再検量を行った。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の検量の様子
帰港後陸で行われた最終検量の様子

検量が終わると、15時より表彰式を開催。まず、晴山由梨さんから表彰者の発表が行われた。

今回、関東会場で見事優勝に輝いたのは、1138gを記録した小林久美さん。渋い状況下だったにも関わらず、入賞者の中では唯一の1㎏超えという結果を残した。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の優勝者インタビューの様子
優勝者インタビューの様子。渋い状況下で6枚も釣り上げたそうだ

優勝者には盾と賞状、入賞者全員に協賛社からの豪華な賞品が贈られた。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の関東会場の上位入賞者
関東会場の上位入賞者

表彰式後は、お楽しみ抽選会とじゃんけん大会が行われた。

入賞者や抽選会の賞品は、クーラーボックスや釣り竿、地元産の野菜、お肉等のほか、シャネルのアイテムや入浴剤、調理家電など、女性が喜ぶアイテムも多数用意されており、参加者も大喜びだった。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の抽選会の様子
抽選会で一番歓声が上がったのは、黒毛和牛
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の抽選会の様子
竿などの釣り具も用意された
「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の抽選会の様子
折り畳み自転車などの豪華な賞品も

表彰式と抽選会では終始黄色い歓声が飛び交い、会場は賑やかな様子だった。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」のじゃんけん大会の様子
じゃんけん大会の様子

最後には、毎年恒例となっている三浦市産のダイコンや参加賞が全員に配られ、「第9回女性だけのカワハギフェスタ」は、盛況のうちに終了となった。

初心者もベテランも楽しめる「女性だけのカワハギフェスタ」。来年以降もつりジェンヌの活動に注目!

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の関西会場の集合写真
関西会場の集合写真。昨年よりも定員を増やして開催された

参加していた女性達に話を聞くと、「釣り初心者で、今日はスクール船に乗船します。つりジェンヌのことはネットで知って、今回のイベントに応募してみました」、「カワハギフェスタには何度か参加しているリピーターです。今年は、この大会がキッカケで出来た友達4人で一緒に参加しました」、「去年、SNSでこのイベントを知って、1人で参加しました。今年は、去年の大会でできた友達と参加しました」といった声が寄せられた。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
1人ではもちろん、友達同士でも楽しめるイベントだ

カワハギフェスタの参加者はリピーターが非常に多く、この大会で同性の釣り友達が出来たという人も多い。女性の釣り人の交流の場ともなっている大会だ。

また、ベテランだけでなく初心者にも人気で、講師のサポートが受けられるスクール船は、今年もエントリー開始後すぐに満員となっていた。

最後に、サポート企業として以前からつりジェンヌの運営に関わっているフジノラインの兼松美紀代表取締役に話を伺った。

フジノラインの兼松美紀代表取締役
フジノラインの兼松美紀代表取締役

「今回は、関東・関西合わせて約240名の参加者に集まって頂きました。『世界最大級の女性だけの釣りイベント』という目標も達成出来ました。去年はコロナ禍で人数制限を行いましたが、今回は制限もなく盛大に開催することが出来ました。

協賛社には女性が喜ぶ賞品を用意して頂いたり、地元と一緒に盛り上がれるよう三崎港のマグロや三浦市産の野菜を用意するなど、賞品もかなり良く、皆さん抽選会やじゃんけん大会なども含め、競技だけでなくイベントとして楽しんで頂けています。

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の様子
以前のカワハギフェスタがキッカケで知り合った4人組。真剣に競いながらも、まるで華やかな女子会の雰囲気だった

大会としては、リピーターさんも多く年々レベルが上がっていますが、初心者の参加者も非常に多く、他のつりジェンヌの体験会がキッカケでフェスタにも参加して頂けている方も多いです。

今年からは関西や東北でもイベントを行っています。来年以降は、関東以外でのイベントも回数を増やし、開催地域も広げていけたらなと思っています。女性の釣り人は増えていると実感していますが、特に地方ではつりジェンヌを知らない方もまだまだ多いと痛感しています。

我々も今後は、釣具業界の方々のお力をお借りしながら活動の幅をさらに広げ、女性の釣り人を増やし、釣り人口拡大に貢献していきたいと思っています」。

大会結果(敬称略)

【関東会場】
優勝
小林久美(喜平治丸・ 1138g)

準優勝
逸見俊絵(翔太丸・ 952g)

3位
白岩あすか(棒面丸・ 906g)


関西会場】
優勝
坂口陽子(三邦丸 A・ 1355g)

準優勝
高木道子(三邦丸 B・ 1085g)

3位
高辻玲子(三邦丸A・ 1130g)

「第9回女性だけのカワハギフェスタ」の関西会場の上位入賞者
関西会場の上位入賞者

大会の様子は、つりジェンヌ公式ホームページからも確認出来る。

関連記事
「女性だけのカワハギフェスタ」180名の女性釣り人が参加。初の関東・関西同時開催は大盛況!【つりジェンヌ】
【つりジェンヌ】「女性の釣り人500万人プロジェクト」2050年までの達成を目標に始動!
【つりジェンヌ・東北初開催!】女性のための「SLJ釣り体験in塩釜」。あの大物も!?まるで女子会の賑やかなイベント

関連記事

神奈川県中津川で「GFG杯争奪全日本地区対抗アユ釣り選手権」開催。熾烈な戦いの結果は…?

アユルアーにチャレンジ!「安曇川廣瀬鮎ルアー講習会」開催。参加者には「リアユ」をプレゼント【カツイチ】

【知識ゼロからの釣り入門】上州屋アウトドアワールド東大和店監修。釣り未経験者にオススメの入門書!

【サンライン】「ソルティメイト ツナギートFC」PEラインとの結束力が大幅に向上!

温湿度調整機能を持つ高性能素材採用。優れた防水性で雨の日も快適な「ディアプレックス®オールウェザースーツ」

【日本釣振興会埼玉県支部】びん沼川で「水辺感謝の日」清掃。複数の企業から64名が参加

【釣りフェス2022】ライブステージのスケジュール発表。新企画にも注目!昨年より更にパワーアップ

サビキエサを買うとかわいいバケツが貰える!「 サビキエサキャンペーン 2022」開催中【マルキユー】