好釣果。子どもの部1位は100尾超え!?「家族釣りの祭典2023」埼玉の行田水城公園で開催!

ニュース
家族釣りの祭典2023の様子

公益財団法人日本釣振興会埼玉県支部では、9月24日(日)、行田水城公園で令和5年度第36回県民総合スポーツ大会レクリエーション部門「家族釣りの祭典2023」を開催した。

地元の行田市を中心に県内各地と群馬県、茨城県、栃木県、千葉県からも参加があり、136名(一般男子93名、一般女子10名、子ども33名)が参加。

当日はさわやかな秋晴れのもと、参加者達は釣りを大いに楽しむ1日となった。

競技は一般男子の部、一般女子の部、子どもの部の3部門に分かれ、一般男子の部はフナとコイ、一般女子の部、子どもの部は全ての魚種が対象。

午前7時の合図で競技が開始され、正午に終了となった。その間、7時半頃からは、初めて釣りをする人を対象に釣り教室も行われた。

家族釣りの祭典2023の釣り教室の様子
釣り教室の様子。初心者でも安心して楽しめるイベントとなっていた

午前8時になると、ヘラブナ200㎏を参加者の子供達が放流。放流したヘラブナは5枚1㎏近くのサイズで、放流からしばらく経つと徐々に釣れるようになった。

家族釣りの祭典2023の放流の様子
子供達が放流したヘラブナも、その後徐々に釣れ出した

また、クチボソ等の小魚は池全域で多く見られ、上手く釣っていた人は釣果を伸ばしていた。

気になる競技の結果は…?表彰式後は抽選会で大盛り上がり!

競技終了後は12時半から20分ほど、埼玉県釣りインストラクター連絡機構の岩崎文雄副会長による、子ども対象の魚と釣りと環境に関する教室を行った。

午後1時からは表彰式が行われ、日本釣振興会埼玉県支部の岡田信義支部長、埼玉県水産研究所の青木伯生所長、埼玉中央漁業協同組合の野口啓造代表理事組合長、埼玉県漁業協同組合連合会の鈴木邦雄参事が挨拶。

日本釣振興会埼玉県支部の岡田支部長

その後、成績発表が行われ、各部門1~3位には賞状と賞品が授与された。

表彰式後は、お楽しみ抽選会がにぎやかに行われ、午後1時半頃、「家族釣りの祭典2023」は盛況のうちに閉会となった。

家族釣りの祭典2023の様子
賞品は複数のメーカー等から寄贈された

大会結果(敬称略)

【子どもの部】
1位
福田悠太(110尾)

2位
宮内蓮(94尾)

3位
当間結月(82尾)

家族釣りの祭典2023の子どもの部の上位入賞者
子どもの部の上位入賞者

【一般女子の部】
1位
福田晴江(97尾)

2位

当間道子(42尾)

3位

常見和子(13尾)

家族釣りの祭典2023の一般女子の部の上位入賞者
一般女子の部の上位入賞者

【一般男子の部】
1位
長岡和男(59尾)

2位
松坂直明(38尾)

3位
関本守昌(36尾)

家族釣りの祭典2023の一般男子の部の上位入賞者
一般男子の部の上位入賞者

【提供:日本釣振興会埼玉県支部・編集:釣具新聞】

関連記事
埼玉県内の釣り場に約8万3000尾のギンブナを放流!次世代まで長く釣りが楽しめるように、魚を増やす活動を継続
【大注目情報!】来春から入間川・有間川の一部でニジマス釣りが通年可能に。新フィールド名栗湖も期待!ルアー釣りもOKに
埼玉でオイカワの産卵床設置。継続した活動で魚も増加傾向、今後にも期待!

関連記事

リザーバーの釣りを楽しんで!バス釣りの聖地「池原ダム」で釣り大会を開催【イチバンエイトグループ】

【モーリス】「VARIVAS ガノア アブソルート」イメージムービー公開、長崎発のスリーピースロックバンド「SHANK」とコラボ!

【マルキユー×上州屋】鎌田誠が解説!「クロダイウキ釣り塾」秋田港北防波堤にて開催

【ダイワ新製品】「ライトゲームIC」あらゆるライトゲームに対応する、カウンター付きベイトリール!

前日の仕込み不要!釣り場で仕上げても釣り込める、両トロロ専用麩「美緑(みりょく)」【マルキユー】

沖縄フィッシングコンテンツトレードショー2023大盛況。約8千人来場、5年ぶりの開催、沖縄の釣り活性化

【オーナーばり】「ジャングルワッキーガード」村上晴彦氏、大仲正樹氏W監修のバス用フック

ハイコスパなエギングロッド「セフィアBB」16機種ラインナップで幅広いゲームに!【シマノ】