埼玉でオイカワの産卵床設置。継続した活動で魚も増加傾向、今後にも期待!

ニュース
日本釣振興会埼玉県支部のオイカワ産卵床設置の集合写真

公益財団法人日本釣振興会埼玉県支部では、7月7日(金)、入間市を流れる霞川の中神地区でオイカワの産卵床を作った。

この活動は、入間漁業協同組合の協力・指導の下、つり環境ビジョンコンセプトに基づくLOVE BLUE事業の一環として行われた。また、地元のNPO法人バーブレスフック普及協会からは、砂利120㎏などの資材や備品が提供された。

当日は晴天。午前10時に霞川の中神地区の河川敷に集合。同支部からは吉田副支部長や福田役員はじめ4名、入間漁協からは3名、バリバスの社員4名の合計11名が参加した。

日本釣振興会埼玉県支部のオイカワ産卵床設置の集合写真
活動の参加者

人工産卵床は水深20㎝以下で流速が30㎝以下の場所に2カ所設置した。

畳一畳の面積を木枠で囲い、川耕しを行ない、大きな石を取り除いてからオイカワが産卵するのに好む大きさ1㎝あまりの小石を、厚さ4㎝程度敷き詰めて作った。取り除いた大きな石を木枠の上流部分に置き、緩やかな流れを作った。

日本釣振興会埼玉県支部のオイカワ産卵床設置の様子
まずは木枠や砂利の準備から開始
日本釣振興会埼玉県支部のオイカワ産卵床設置の様子
川にザブザブ入って作業を行う
日本釣振興会埼玉県支部のオイカワ産卵床設置の様子
木枠の中に小石を敷き詰めていく

さらに、半自然の産卵床を、縦4?m×横3?mほどの縦長の浅瀬を耕して、上流部分の横半分に大きな石を止め石として置き、緩やかな流れと早い流れの箇所を作った。

日本釣振興会埼玉県支部のオイカワ産卵床設置の様子
川を耕している様子

皆で協力し、1時間ほどで産卵床造成の作業を終えることが出来た。

この事業を継続している効果か、近年、霞川では在来種であるオイカワが増えているという報告がある。

同支部では、「今後も期待して見守っていきたいと思います」とコメントしている。

日本釣振興会埼玉県支部が設置したオイカワ産卵床
完成した産卵床

【提供:日本釣振興会埼玉県支部・編集:釣具新聞】

関連記事 → 約600 名・16 団体が参加!「新河岸川放水路・びん沼川環境浄化運動」。日本釣振興会など釣具業界も協力

関連記事
オイカワの産卵を手助け! 埼玉県霞川で手作り産卵床を設置。漁協、NPO、釣り具メーカー等が協力
コイの産卵を手助け!埼玉・入間川で手作りの産卵床設置【日本釣振興会】
【アオリイカ産卵中!】神奈川県岩漁港に産卵床設置。一週間後には産卵するイカの姿も…
「たくさんたまごうんでね!」アオリイカの産卵床設置。地元の子供も参加、環境学習の一環に
アオリイカの卵は数より質!? 親イカの産卵生態とイカシバ(人工産卵床)等を活用した資源保護【海野徹也・魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸】

関連記事

限定品の販売も!「北関東ルアー・フライフェスタ」。人気メーカー多数出展、有名アングラーも来場

子供も大人も初めての釣り満喫!実釣前に座学も。初心者安心のヘラブナ釣り教室

サビキエサを買うとかわいいバケツが貰える!「 サビキエサキャンペーン 2022」開催中【マルキユー】

渓流釣りのために開発されたプラグ用シングルフック「プラッキングシングル ミディアムワイヤー」

「ICEBOX(アイスボックス)」。シマノからキャンプ仕様のクーラーボックスが登場。性能もデザイン性も抜群!

【※中止決定※】「西日本釣り博2020」釣りファン待望のフィッシングショー。3月7日(土)、8日(日)北九州市の西日本総合展示場で開催

ルアーフィッシングのためのレバーブレーキリールで釣りの幅が広がる「ハイパーフォース LB」

【ヴァンフック】「ブレードチューンアシスト」最近流行のブレードジギング。ハイアピールで幅広い魚種を狙おう!