埼玉県内の釣り場に約8万3000尾のギンブナを放流!次世代まで長く釣りが楽しめるように、魚を増やす活動を継続

ニュース
日本釣振興会埼玉県支部の古代蓮の里での放流の様子
埼玉県内の複数の釣り場で放流が行われた(写真は古代蓮の里での放流の様子)

公益財団法人日本釣振興会埼玉県支部は、9月6日、7日に県内の複数の釣り場でギンブナの放流を行った。

6日には、「つり環境ビジョンコンセプトに基づくLOVE BLUE事業」として、埼玉県水産研究所産のギンブナを入間川水系(入間市、狭山市、日高市)へ放流。

埼玉県水産研究所
埼玉県水産研究所産のギンブナを放流

7日には、古代蓮の里の釣り池(行田市)、北本総合公園の調整池(北本市)、城山公園の大池(桶川市)へ放流を行った。

釣り場の管理者や漁協協力のもと実施。後日釣り教室が開催された場所も

入間川水系では、カワウの捕食を少しでも避けるために複数カ所で放流を実施。入間漁協各支部の協力の下、日釣振埼玉県支部からは地元の吉田副支部長、事務局2名と共に入間川、霞川、不老川、小畔川に90㎏(約3万尾)を放流した。

日本釣振興会埼玉県支部の入間川水系の放流の様子
入間川水系の放流の様子
日本釣振興会埼玉県支部の入間川水系の放流の参加者
入間川水系の参加者

7日の活動では、同支部の瀧瀬顧問、事務局2名が放流を実施。

古代蓮の里では、古代蓮の里管理スタッフ2名が立ち合い、40㎏(約1万3000尾)を放流。

日本釣振興会埼玉県支部の古代蓮の里での放流の参加者
古代蓮の里での活動参加者。子供達にも放流を手伝ってもらった

北本総合公園では、公園管理スタッフ1名が立ち合い、85㎏(約2万8000尾)を放流。

日本釣振興会埼玉県支部の北本総合公園での放流の様子
北本総合公園での放流の様子
日本釣振興会埼玉県支部の北本総合公園での放流の参加者
北本総合公園での活動参加者

城山公園では公園管理スタッフ3名が立ち合い、35㎏(約1万2000尾)を放流。

日本釣振興会埼玉県支部の城山公園での放流の様子
城山公園での放流の様子
日本釣振興会埼玉県支部の城山公園での放流の参加者
城山公園での活動参加者

なお、古代蓮の里では9月18日(月)にマルキユー共催、埼玉県支部協賛の「初めての親子さかな釣り教室」が開催された。

また、城山公園では10月7日(土)に埼玉県支部後援により「初めての魚釣り体験」が、北本総合公園では10月9日(月・祝)にマルキユー運営、埼玉県支部協力の「はじめての子ども釣り教室」が開催された。

それぞれ、放流したギンブナが良く釣れたはずだ。

【提供:日本釣振興会埼玉県支部・編集:釣具新聞】

なお、この活動の様子は、日本釣振興会埼玉県支部公式ホームページからも確認出来る。

関連記事

フィッシングマックスがフリースクールの生徒に釣り体験を提供。平磯海づり公園で仲間とワイワイ楽しむ

【ジギングの必需品!】初心者にも使いやすい「ジギングサビキ」。使い方次第で様々なターゲットが狙える!

【ゴーセン】「ROOTS PE×4」強度、感度、耐久性のベストバランスを追求したライン

【高階救命器具】「ブルーストーム 膨脹式ライフジャケット(水感知機能付き) BSJ-8320RS」サスペンダータイプの救命胴衣

船釣りでボウズ。乗船料の支払い拒否はあり得る!?【弁護士に聞く】

だからキジハタ(アコウ)はよく釣れる?大阪栽培漁業センターを取材

アクション重視のクローラーベイト「ZACRAWL JR.’」。軽量ウイングと高比重ボディで至高の対応力

(公財)日本釣振興会和歌山県支部、濱ノ瀬漁港、戸津井漁港2カ所でチヌ(クロダイ)の稚魚1万2000尾放流