【アオリイカ産卵中!】神奈川県岩漁港に産卵床設置。一週間後には産卵するイカの姿も…

ニュース
日本釣振興会神奈川県支部の産卵床設置の集合写真
岩漁港にアオリイカの産卵床が設置された。写真は活動の参加者

5月12日(金)、公益財団法人日本釣振興会神奈川県支部では、真鶴町の岩漁港でアオリイカの産卵床を設置した。

この事業は2017年から継続して行われており、今年で7年目を迎える。

今回も岩ダイビングセンターの田端氏協力のもと、ヤマリアの社員4名、地元の岩漁協の漁師3名で行われた。

間伐材の木枝の伐り出し(きりだし)から産卵床の制作、土嚢を付けて船へ積み、ダイビングスポット付近への投入までの一連の作業を行った。

日本釣振興会神奈川県支部の産卵床設置の運搬の様子
みんなで協力し木材の運搬!
日本釣振興会神奈川県支部の産卵床設置の産卵床製作の様子
産卵床を制作している様子
日本釣振興会神奈川県支部の産卵床設置の土嚢の括り付けの様子
沈めるためにオモリとなる土嚢を括り付ける
日本釣振興会神奈川県支部の産卵床設置の産卵床を投入している様子
産卵床を投入!

当日の岩港周辺の海水温は1カ月前とほとんど変わらない15℃。

アオリイカの産卵の遅れも心配されたが、田端氏によると、1週間後の19日には海水温が上りはじめ、産卵床には盛んに産卵を行うアオリイカのペアの姿が確認出来たそうだ。

【提供:日本釣振興会神奈川県支部・編集:釣具新聞】 

関連記事

鈴の製造から釣り具メーカーに。大島製作所「ようこそ、Roman Fishingの世界へ!」

釣り人に大好評!ゴミ袋ならぬ「ギョミ袋」に込められた想いとは?日本釣用品工業会が行うユニークなマナー啓発

釣果良好、お土産盛りだくさん!女性のための釣り体験会「SLJ釣り体験in塩釜」大盛り上がり【つりジェンヌ】

【日本釣振興会北海道地区支部】「釣り文化振興モデル港」を清掃。苫小牧市のオリジナルキャラクターも清掃に参加!

【マルキユー】「鮎乱舞」捕食スイッチを入れる!軽く、バラケ性の良い鮎専用寄せエサ

左右の異なる厚みが生む2種類の波動でマダイを刺激!「桜幻 マルチゲージネクタイ」は、あらゆる状況に対応する2タイプ展開で、タイラバの世界がさらに広がる

イチバン・エイト主催 ダイワとのコラボ企画「イカすエギングミーティング」大盛況

【フィッシングショーOSAKA2022】公式ホームページをチェック。新製品はタグで検索可能!新情報も