船釣りでボウズ。乗船料の支払い拒否はあり得る!?【弁護士に聞く】

ニュース

「釣具業界の法律相談所」は、釣具業界でも起こる可能性のあるトラブルについて、弁護士の先生に聞いて見解や対処方法を紹介するコーナーです。

今回は、釣り船の客は、ボウズを理由に乗船料の支払いを拒否出来るのかについて弁護士の先生に聞きました。

チャーターで出船したが釣果ゼロ。帰港後お客様とトラブルに…

釣り船で釣りをしている様子
よく釣れると評判の釣り船。チャーターで出船したが、運悪く1尾も釣れず…
(写真はあくまでもイメージです)

私は遊漁船業を営んでいます。海に出てその季節に合った様々な魚を狙います。お客様からは「いつもよく釣らせてくれて、親切な釣り船」と評判で、営業している日はほとんど予約が入っています。

しかし先日、あるお客様のグループに乗船して頂いた際に、トラブルになってしまいました。

そのお客様は、全員が最近釣りを始められたという事でした。ホームページを見て当船の事を知られたそうで、5名で釣り船をチャーターする予約を頂きました。道具もほとんどお持ちでないという事で、レンタルの釣り道具も人数分用意させて頂きました。

釣行当日、時間通りに港にお集まり頂き、出船となりました。

ポイントに到着して、いつも通り釣りを開始したのですが、驚いた事に魚が全く釣れません。釣りをしていたのが全員初心者だった事もありますが、エサを付けて底に落としていれば、通常では何らかの魚が釣れる場所です。

私もお客様が釣れるように、エサの付け方や竿の動かし方などをアドバイスして回りましたが、全く釣れません。試しに私も釣りをしたのですが、かろうじて小さな魚が1尾釣れただけで、いつもとは全く状況が違うと感じました。

そこで、釣る場所を大きく移動して再度挑戦してもらったのですが、そこでも同じような状況でした。その後も何とかお客様に釣ってもらおうと、釣る場所や道具も変えて色々な事を試したのですが、結局、お客様は1尾も魚を釣り上げる事が出来ないまま帰港となってしまいました。

帰港した際に当日の料金をお支払い頂きます。お支払い頂く金額は、船のチャーター代金が5万円と、レンタルタックルが1名につき2000円を5名分で1万円、合計6万円です。この金額はホームページにも記載されている通りですし、周りの遊漁船と比べても一般的な料金設定となっています。

ただ、このお客様は「全く魚が釣れなかったのだから、釣りは成立していない」と、支払いを拒否されました。

釣りなのですから釣れない事もあると説得しても「仲間に楽しんでもらおうと釣りに連れてきたのに、誰も何も釣れなかった。しんどい思いをしただけで、どうしてお金を払わないといけないのか。少なくとも減額すべきだ。どうしても全額払えというなら裁判を起こす」と言ってこられました。

当船のホームページでも、釣れなかった場合の料金についての記載はありませんが、ガソリン代や道具代など経費はいつも以上に掛かっており、出来れば減額もしたくありません。まして、支払いの拒否だと大赤字です。

そこで弁護士の先生に質問です。

このお客様の要求(料金の減額や支払自体の拒否)は法律的に応じる必要があるのでしょうか。

また、こういったトラブルを避けるため、ホームページ等に事前に記載していた方が良い文言などはあるでしょうか。


ご回答、よろしくお願い致します。
(※質問は全て架空の質問です。実際の企業等とは一切関係がありません)

1 / 2
次へ

関連記事

北九州市・紫川の遡上を手助け。石組み魚道を補修整備。「LOVE BLUE」の資金活用

上州屋鴻巣店がBIGにオープン!豊富な品揃えで地域の釣りを徹底応援。オープニングセールも開催中【埼玉県】

【マルキユー】「ロッドケースISO-01」水や汚れに強いPVC、EVA素材採用

【つりジェンヌ】釣りに挑戦してみたい女性を応援。2020年に開催予定の釣りイベント

日本釣用品工業会が水辺の安全ネットワーク会議に参加。釣具業界の取り組みをパネル展示、活動内容を発信

【京の川の恵みを活かす会】京都・鴨川に仮設魚道設置。天然魚増やし川の魅力高める

【キャスティング千葉稲毛海岸店】オープン!商品も豊富な大型総合釣具店

【11月30日オープン】上州屋盛岡上堂店がリニューアル!オープン後に使えるクーポンも配布中