OWVとDAIWAがコラボ。サステナブル素材のライブコスチュームを制作。ドキュメント動画も公開中

ニュース
釣具業界 環境への取り組み特集
OWVのメンバー4人
「OWV」(オウブ)のメンバー。オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」に出演した元練習生4名により結成された

世界的な釣りのブランド「DAIWA」を展開するグローブライド株式会社では、廃棄漁網からウェアへと再生する「BE EARTH-FRIENDLY-漁網アップサイクルプロジェクト-」を2022年3月より始動している。

そのプロジェクトの一環として、「Rakuten Fashion Week TOKYO 2022A/W」の公式会場への出展を皮切りに、第二弾では、「文化学園」と「東京藝術大学」の 2 校とコラボレーション。「海の世界から生まれ変わるアップサイクル」をテーマに、文化学園の学生がファッションアイテムを、東京藝術大学の学生に会場構成をそれぞれ担当し「Rakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/S」公式イベント会場で展示した。

関連記事 → ライフタイムスポーツ文化の進化と発展を目指して。グローブライドの取り組み | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

また、釣りの一大イベントである「釣りフェスティバル 2023 in Yokohama」、「フィッシングショーOSAKA2023」にも出展し、「BE EARTH-FRIENDLY-漁網アップサイクルプロジェクト-」の活動紹介も行い、大きな反響があった。

「BE EARTH-FRIENDLY-漁網アップサイクルプロジェクト-」のブース
横浜で開催された釣りフェスティバルや、大阪で開催されたフィッシングショーOSAKAのDAIWAブースで漁網アップサイクルプロジェクトの取り組みが紹介され、注目を集めていた

OWVが漁網アップサイクルプロジェクトに参画。サステナブル素材のライブコスチュームをデザイン

この度、吉本興業所属のボーイズグループ 「OWV(オウブ)」が、「BE EARTH-FRIENDLY-漁網アップサイクルプロジェクト-」に参画。 2 月 16 日より配信を開始したドキュメント動画を皮切りに、OWV×DAIWA のコラボレーション企画が本格スタートしている。

※OWV(オウブ)…日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」に出演した元練習生4名により結成されたボーイズグループ。グループ名「OWV」には “Our only Way to get Victory~勝利を掴む僕たちだけの道~ 誰にも真似することのできない唯一無二のグループとなり、この世界で勝利を掴む”というメンバーの強い想いが込められている。【公式HPより】

OWVのYouTubeチャンネルで動画が配信中。ぜひチェックを!

「OWV」は、3月11日に福島からスタートしている全国ツアー「OWV LIVE TOUR 2023-CASINO-」で、メンバーが着用するライブコスチュームを、北海道で回収した廃棄漁網から再生した素材「REAMIDE®(リアミド)※」を用いて制作した。

この取り組みを追跡したドキュメント動画が「OWV YouTubeチャンネル」で順次公開されている。

今回の「OWV」ライブツアーは東日本大震災の被災地である福島県より、発生した3月11日からスタートする。そこには、福島県出身のリーダー、本田康祐の大震災に対する熱い想いが込められている。

OWVの本田康祐
福島県出身の本田康祐。想いが込められたライブツアーだ

そして、自然との共生を大切に考えるグローブライド株式会社が実施している「BE EARTH-FRIENDLY-漁網アップサイクルプロジェクト-」に参画し、自然環境の大切さを広める一翼を担うこととなった。

ドキュメントでは、「OWV」がDAIWAのショールームで「漁網アップサイクルプロジェクト」の趣旨を聴く様子や、北海道苫小牧市にある漁港や工場に赴き、回収した廃棄漁網を再生する様子の見学に加え、「OWV」がプロジェクトへの想いを込め、DAIWAのデザインチームと一緒になって制作したライブコスチュームを着用しパフォーマンスする舞台裏に密着。プロジェクトを通じて、「OWV」が感じた自然環境への想いが伝えられる。

DAIWAのデザインチームとの打ち合わせするOWV
DAIWAのデザインチームとの打ち合わせ風景。OWVと一緒になって衣装を作り上げていく

今まで3本の動画がアップされているが、4本目に完成したコスチュームを来てQWV(ファンの名称)にパフォーマンスを披露する動画の公開が予定されている。OWVのYouTubeチャンネルをチェックしていると、公開されるはずだ。

OWV YouTubeチェンネル
 ↓  ↓  ↓
OWV – YouTube

OWVメンバーからコメント

OWVの本田康祐

本田 康祐

この度DAIWAさんとコラボさせて頂く事になりました。この企画をキッカケに「こんな事も可能なのか、こんなSDGsもあるんだなぁ」と色んな方が環境について考える良いきっかけになれるように頑張りたいと思います!
ライブ衣装もお楽しみに!

OWVの中川勝就

中川 勝就

このプロジェクトを通じてOWVのファンの皆様はもちろん、1人でも多くの方に漁網はアップサイクルすることで、再び活躍できることを伝えていければと思います。1人1人の心掛けで環境が良くなることを伝えていきたいです。

OWVの佐野文哉

佐野 文哉

古着コーデ対決の際に発した一言がこのような大規模なプロジェクトに発展するとは想像もしていませんでした。今回、DAIWAさんとプロジェクトを始めるにあたりショールームに何度も行かせて頂いたり、北海道の漁港や工場にもお邪魔させて頂いたことで、たくさんの知見を得ることが出来ました。
我々Z世代から自然環境への意識を広げていけたらと思います。

OWVの浦野秀太

浦野 秀太

僕自身、環境に対する問題意識に昔から触れる機会が多かったので、今回もこのような機会を与えて頂きとても嬉しかったです。これを機に廃棄漁網だって色んな形で再生できるんだということを伝え、アップサイクルをこの手で広めることに役立てればと思います。

※「リアミド」、「REAMIDE®」は株式会社リファインバースグループの登録商標

関連リンク

 OWV OFFICIAL FANCLUB

関連リンク

 グローブライドの環境への取り組み

関連記事

【オーナーばり】「手巻 忍ヤマメ」渓流針にタフワイヤー素材を初採用

【がまかつ】パーフェクト仕掛け「堤防大物ウキ胴突仕掛(金)」

【釣りフェス2022】「スローループ」出演声優がフライフィッシングにチャレンジ!気になる釣果は…?

倉敷大橋付近でアユの産卵場設置。水中カメラで今後も産卵状況を調査【岡山県】

【ピュア・フィッシング・ジャパン】「AbuGarcia ZENON (ゼノン)」強度を犠牲にせず究極の超軽量を実現

【もりげん】「GOGOヒラメ」一発逆転!サビキで釣ったアジ・イワシをエサにヒラメなどの大物を狙おう

渋い中の熱戦!「GFG杯争奪全日本地区対抗チヌ釣り選手権」開催。36名のトップ選手が全国から集結

【ニッコー化成】「スーパータコベイト」にニューカラー4色が追加