「釣りが下手くそなくせに…」発言はパワハラ?新入社員とベテランが口論、結果は?【弁護士に聞く】

ニュース

「釣具業界の法律相談所」は、釣具業界でも起こる可能性のあるトラブルについて、弁護士の先生に聞いて見解や対処方法を紹介するコーナーです。

今回は、釣り初心者の新入社員と口論になり、「釣りが下手くそなくせに…」と怒鳴ってしまった場合、パワハラにあたるのかについて弁護士の先生に聞きました。

「釣りがヘタクソなくせに、分かったような事を言うな!」

新入社員とのちょっとした意見の食い違いから、思わず不適切な発言をしてしまったが…

私は釣り具メーカーを経営しています。先日、新入社員からパワハラがあったとして訴えられてしまいました。

当社は私を含め社員3名の会社です。私は子供の頃から40年以上釣りをしており、様々なメディアにも出てきた事から、釣り人の間でも一定の知名度があります。

主に船釣り等の商品を作っているのですが、私の長年の経験によって、よく釣れる釣り具、ちょっとした工夫で快適に釣りが出来る道具等を作り、ヒット商品もいくつか出て何とか経営しています。当然ですが、私は釣りの腕前には絶対の自信があります。

当社も将来を考えると若い人の力が欲しいという事で、今年から新入社員として20代のA君に働いてもらう事となりました。

A君は釣りの経験はほとんどなく、特に釣りが好きでもないのですが、最近流行りのSNSやインターネットに詳しいため、当社で新しい戦力になると期待しておりました。

A君が入社し半年ほどが過ぎました。釣りには相変わらず興味がないようですが、当社のSNSの立ち上げやウェブサイトのメンテナンスにやりがいを持って取り組んでいるように見えました。

ただし、言いたい事は遠慮せずに言ってくるタイプで、私を含めベテラン社員とも、たまに意見が食い違い議論となる事もあったのですが、世代も違うため最終的には私が丸く収めていました。

しかし、ある商品開発会議で、私がデザインした商品についてA君に意見を求めたところ「正直に言って形がダサすぎます。これでは魚もたいして釣れないと思います」と言われました。

私は頭にきて「釣りの経験もろくにないくせに黙っていろ!釣りがヘタクソなお前に、このデザインの良さの何が分かるんだ?」と怒鳴ってしまいました。

怒鳴られた事にショックを受けたA君は黙ってしまい、その後会議で一切発言をしなくなりました。私も怒鳴ってしまった事を反省し、A君に話しかけるなどしましたが、返事はありませんでした。

しばらく経った後、A君が私のところにやってきて、「以前の会議で私を怒鳴った事はパワハラであり、精神的な苦痛を受けた。そのため民事訴訟を起こす」と言ってきました。

私としては、社員の指導の範囲だと思っています。怒鳴った事は謝るが、A君の発言の内容にも問題があり、商品開発のための前向きな発言になっていない、等の話をしましたが、訴訟撤回には至りませんでした。

そこで弁護士の先生にお聞きしたいのですが、私が会議で述べた発言や、新入社員や釣りの経験が浅いスタッフに「釣りがヘタクソなくせに、分かったような事を言うな」といった内容の発言はパワハラになるのでしょうか。

また、パワハラと認定された場合、どういった内容の補償等が必要となるのでしょうか。

※質問は全て架空の質問です。実際の企業等とは一切関係がありません

1 / 2
次へ

関連記事

絶品「飛騨のあばれ鮎」や淡水魚にやさしい農業に注目。日本釣振興会環境委員会が市長を表敬訪問

オンラインで鯛ラバmeeting!【イチバン・エイトグループ】

【フィッシング遊】こども新聞室内釣り教室を名古屋北店で開催。釣りを始めたい家族にピッタリ!

良きマナー広め、魚に優しい釣り人を増やそう!メーカーの顔なら、カッコイイ手本に【奧山文弥・理想的な釣り環境】

【オーナーばり】「鮎トップタビⅢ(フェルトピン)」履きやすい鮎トップタビがカットフェルトを装備し登場!

「家族で楽しむアウトドア!」太田川でハゼ釣りに挑戦。スタッフが初心者をサポート。実釣前にはキャスト練習も

【日本釣振興会】「ごみゼロの日」に釣り場清掃。横須賀市・大津港護岸遊歩道をクリーンアップ!

伝統的河川工法で河川環境改善。流域の市民も参加し木津川に「中聖牛(ちゅうせいぎゅう)」を設置