人気YouTuber・マルコスが参加!全国釣竿公正取引協議会が東京湾で釣り研修。タチウオジギングに挑戦

ニュース
全国釣竿公正取引協議会の釣り研修会の参加者

全国釣竿公正取引協議会(藤井治幸会長)は、釣り研修会を9月16日に実施した。内容は東京湾でのタチウオジギング。

全国釣竿公正取引協議会の釣り研修会は、2017年に江戸前のハゼ釣り、続いて2018年にマゴチ釣り、2019年にキス釣りを実施した後、2020年と2021年は新型コロナウイルス感染拡大により見送り、3年ぶりの開催となった。

今回は、役員や調査指導委員会の委員たちの他、公正マーク広報ポスターのモデル・マルコスも参加した。

今年のポスターのモデルはマルコス。釣具店等に掲示されているはずだ

当日は早朝から東京都江東区木場の船宿「吉野屋」に集合した。

出船前にはつり情報社の根岸伸之会長が東京湾のタチウオの状況などを説明し、また、吉野屋の中乗り・村山由真さんがタチウオジギングの釣り方を説明した。

全国釣竿公正取引協議会の釣り研修会の説明の様子

出船後は東京湾を南下し、航程1時間ほどで千葉県の木更津沖のポイントに到着して実釣開始。

全国釣竿公正取引協議会の釣り研修会の様子
木更津沖で実釣開始

釣況はまずまずで、4時間ほどの釣りで全員が釣果を手にし、タチウオジギングを堪能していた。

人気YouTuber・マルコス
人気YouTuber・マルコスもタチウオ釣りを堪能した
全国釣竿公正取引協議会の藤井会長
全国釣竿公正取引協議会の藤井会長

帰港した後は屋形船に乗り換えて昼食。根岸会長が「東京湾のタチウオ釣りは一年中やっていてドラゴン級も狙えるので機会あれば挑戦してみて下さい」と述べ、大阪からやってきたマルコスさんは「いい経験になった」と感想を述べた。そして、つり人社の鈴木康友会長が江戸前の釣りの状況など講義した。

以上で今回の釣り研修会を終了した。

【協力:釣具界・編集:釣具新聞】

関連記事 → 人気YouTuber・マルコスがモデル!「釣竿公正マーク」の周知ポスター秋冬版公開【全国釣竿公正取引協議会】

関連記事 → 今年の釣竿公正マーク周知ポスターは人気ユーチューバー・マルコスがモデル【全国釣竿公正取引協議会】

関連記事

約3000人の釣りファンを魅了!「北関東ルアー・フライフェスタ2023」。人気メーカー等60社以上が出展【上州屋】

フィッシング遊スタッフが地元の中学生と清掃活動!ヒラメの稚魚も観察、SDGsについて学ぶ

人気釣りガール高本采実さんの清掃イベント。有名メーカーも協賛【日本全国爆釣プロジェクト】

【明邦化学工業】「VS-7090N SPカラー ブルーグレー」リフトアップシステムで下段にあるタックルの取り出しがスムーズに

【ニッコー化成】「フレックステイル8.5㎝」ツートンカラー採用と匂い成分配合でアピール抜群

【サンライン】「ソルティメイト エギリーダーBS」プラズマライズテクノロジーで長時間の使用でも性能を維持!

釣具店が閉店。貯めて使っていないポイントや金券はどうなるの?【弁護士に聞く】

鴨川で鮎ルアーを体験しませんか?体験会参加者募集中!全員に「REAYU」プレゼント。「リスケード」も試せる!【カツイチ】