【日本釣振興会宮城県支部】ファミリーフィッシングでも人気の漁港で清掃活動

ニュース

 公益財団法人日本釣振興会宮城県支部では、2020年10月25日(日)宮城県名取市にある閖上(ゆりあげ)漁港と名取川河口周辺でゴミ拾いを行ない、ペットボトルを中心に約40リットル入りのゴミ袋63袋分を回収した。

 閖上漁港でゴミ拾いを行なうのは今年で3回目。釣り用品卸の竹乃皮屋、アイビックはじめ釣具店などを含め33名がゴミ拾いに参加した。

 午前10時半から1時間、閖上漁港と近くの名取川河口周辺で、空き缶、空きビン合わせ13袋分を集めた。全体ではペットボトルが多かったが、プラスチックの弁当容器、釣具のパッケージなども見られ最終的にはゴミ袋63袋に達した。

 【報告:公益財団法人日本釣振興会宮城県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【フジノライン】「AQナイロンへら道糸/AQナイロンへらハリス」

【ささめ針】「ワカサギ仕掛 三段鬼 桧原湖6本鈎」ほかワカサギ仕掛け多数登場

【バレーヒル】「コエビシャッド」細かく、優しくバスにアピールするワーム

【富士工業】「スピードデルナー天秤」投げ釣り専用の固定L型天秤

「フィッシングショーOSAKA2020」2月8日(土)から9日(日)に大阪南港インテックス大阪で開催(7日は業者商談日)

【ハヤブサ】「ジャックアイ 太刀スピン」タチウオにのみターゲットを絞った専用設計

釣り業界のアイドルオーディション「第12代アングラーズアイドル」募集開始、応募締切は2020年10月30日

【バレーヒル】「エビカーリー」エビシャッドファミリーに新たな仲間が追加!