【ハヤブサ】「スクイッドジャンキーライブリーダート」生感をとことん追求した次世代のエギ

製品情報
スクイッドジャンキーライブリーダート
「生感」をとことん追求した次世代エギの登場だ
スクイッドジャンキーライブリーダート
SQUID JUNKY LIVELY DART(スクイッドジャンキーライブリーダート)3.5号

ハヤブサから「スクイッドジャンキーライブリーダート」が登場。

新しく始動することとなったエギシリーズ「スクイッドジャンキー」

まるで生きているかのようなアクションで「生感」をとことん追求したコンセプトによって作られた次世代のエギだ。

シリーズ第1作目として登場した「ライブリーダート」は、とにかくアクションのリアルさ、生感にこだわっている。

生命感のあるなめらかなダートと、ベイトが反転するようにヒラ打ちするアクション。
この2つのアクションが組み合わさり、名前の由来にもなった、まるで生きているかのようなライブリーアクションを生み出すことに成功している。

釣果を上げる3つの特長

ライブリーアクションを生み出すスリムボディ
「生感」のあるアクションを生み出すボディは、シャクッた時の水の抵抗を抑え、軽い力でアクションさせることが可能。

スクイッドジャンキーライブリーダート

スライスシンカー
独自の薄型形状が、シャクリの負担を軽減させる。

スクイッドジャンキーライブリーダート

瞬貫段差フック
触れるだけで刺さる驚異の貫通性能。
角度の違う段差フックが鈎掛かりを向上させると共にバラシを軽減させる。

スクイッドジャンキーライブリーダート

攻略の幅が広がる20色をラインナップ

スクイッドジャンキーライブリーダートはカラーにもかなりこだわり、定番カラーからUV系(ケイムラ)、スケルトンボディなど、20色という幅広いラインナップで、カラー攻略の幅をとことん広げた。

2.5、3.0、3.5号それぞれに20色が用意されている。

スクイッドジャンキーライブリーダート
定番カラーやUV系など、多彩なカラーが用意されている

価格は680円~720円。
3.5号は2021年3月、2.5号&3号は2021年7月発売予定

詳細はハヤブサ公式ホームページまで。

関連記事

【日本釣振興会宮城県支部】ファミリーフィッシングでも人気の漁港で清掃活動

【ささめ針】「こんなんなんぼあってもええハサミ」刃先が丸くポケットに入れて持ち運び可能

【タカ産業】「TOOL BAKKAN」ハードインナートレー付きのタックルバッグ

【ベイシックジャパン】「ハッピーファンセットⅢ」ファミリーフィッシング・釣り入門に最適

「キャスティング多賀城店」宮城県多賀城市に新規オープン。地域の釣り人の需要に応える店舗

【上州屋&VARIVAS】11月17日(日)に山中湖で 「ドーム船ワカサギフェスタ」

【和歌山県】串本と勝浦でヒラメ稚魚放流。2代目アングラーズ・アイドル、そらなさゆりさんも参加

【シマノ】「ネクサーブ」フィールドを問わず使える汎用性を追求