【バレーヒル】「ハンドメイドリリースネット」魚に優しいラバーコーティングを採用

製品情報
ハンドメイドリリースネット

 バレーヒルから「ハンドメイドリリースネット」が登場。

 魚への配慮とネットインの負荷軽減を実現しながら、写真映えも両立できるように新たに開発されたのが「ハンドメイドリリースネット」だ。

 従来のハンドメイドランディングネットと同じ木目の美しい天然木をそのまま踏襲しながら、ネット素材だけをクレモナからラバーコーティングに変更。

 さらに一般的なブラックカラーではなく、渓流映えする特注のオリーブカラーを採用している。

 サイズはS、M、L、LLの4種類。価格は7000円-1万5000円。

 詳細は、バレーヒル https://valleyhill.taniyamashoji.co.jp/28691

関連記事

【がまかつ】「うきまろッド&リール」リールは子供も使いやすいスピンキャストタイプ。サビキやちょい投げに!

【ティムコ】「シケイダーオリジン」柔らかい波紋を生み出すルアー

創立45周年「第44回公募東洋魚拓拓正会展」アート魚拓の展覧会を大阪で開催

【ダイワ】「オンラインエギングパーティー2021」開催中!お題に合った写真を投稿して豪華プレゼントを当てよう

海中で分解される!「環境にやさしいサビキカゴ」海洋プラスチック問題・枯渇原料問題に貢献【ハヤブサ】

【フィッシング遊】愛知と三重の漁港で清掃活動を実施!ゴミは持ち帰りましょう!

海岸に並んで一斉に! 広島の長瀬海岸でマコガレイの稚魚放流。小学生に水辺の安全・環境の講義も

御前崎港で親子釣り教室。普段閉鎖されているふ頭の一部を開放、釣りの楽しさ伝える