【バレーヒル】「ハンドメイドリリースネット」魚に優しいラバーコーティングを採用

製品情報
ハンドメイドリリースネット

 バレーヒルから「ハンドメイドリリースネット」が登場。

 魚への配慮とネットインの負荷軽減を実現しながら、写真映えも両立できるように新たに開発されたのが「ハンドメイドリリースネット」だ。

 従来のハンドメイドランディングネットと同じ木目の美しい天然木をそのまま踏襲しながら、ネット素材だけをクレモナからラバーコーティングに変更。

 さらに一般的なブラックカラーではなく、渓流映えする特注のオリーブカラーを採用している。

 サイズはS、M、L、LLの4種類。価格は7000円-1万5000円。

 詳細は、バレーヒル https://valleyhill.taniyamashoji.co.jp/28691

関連記事

強風・極寒の鬼怒川フィッシングエリアで開催!「上州屋×東レCUP トラウトライブ選手権(トライブ)初戦」

機能性もデザイン性も!マルキユーからオシャレなハットとキャップが登場

【マルキユー】M-1CUP全国へら鮒釣り選手権大会応募受付開始!

【釣研】「波止MAX」魚種を選ばない万能棒ウキ

全11機種で船ライトゲームをさらに楽しくする、新しくなった「リーディング LG」

【シマノ】電動ジギング対応「ビーストマスター2000EJ」

【ハヤブサ】「FREEKNOT(フリーノット)公式インスタグラム」開設キャンペーン開催。光電子2wayネックウォーマーが抽選で当たる!

「マルキユープレゼントキャンペーン」開催中。簡単なアンケートに答えて景品を当てよう!