1本のロッドで全長を2段階に切り替え!ジャッカルの「ナワバリレンジ」はアユルアーロッドを進化させる

製品情報
鮎ルアー特集
ナワバリレンジ
     

ジャッカルが発売したアユルアーロッド「ナワバリレンジ」。スピニングモデルとベイトキャスティングモデルの2機種が登場。それぞれ、フィールドの状況に合わせてロッドの長さを2段階に変更できる「コンバーチブルジョイントシステム」が搭載されている。

アユルアーでは、川幅や当日の川の水位、ポイントによって、使いやすいロッドの長さが異なる。友釣りでもズームロッドのように、長さを川の状況に合わせて変えられる竿を使う人も多い。その便利な機能をアユルアーロッドに落とし込んだのが「ナワバリレンジ」だ。

#3のジョイントを抜き差しすることで8ft6inと10ftの2段階に全長を変えられ、川幅の狭いポイントや手返しよく探りたい場合は8ft6inに、より遠くのスポットにルアーを送り込みたい場合は10ftにして使うことが出来る。特に大規模河川では10ftのロッドがあれば、狙える範囲も各段に広がる事が多い。

いろいろな川に遠征に行く人にとっても、1本のロッドで完結するため、非常に便利だ。

ナワバリレンジの「コンバーチブルジョイントシステム」の仕組み
「コンバーチブルジョイントシステム」搭載により1本で大規模河川から小規模河川まで幅広く対応できる!

機能性も抜群!安心のバットパワーとしなやかに曲がり込むティップ

ロッドの特長としては、バット・ベリー部分には張りを持たせ、ティップ部分はしなやかで自然に曲がり込む柔軟なティップを採用している。

アユルアーでは、流れとは逆方向の引き抵抗がある中で釣れた魚を取り込む事が多いが、そんな時でも安心してやり取りができるバットパワーを持っている。

ナワバリレンジ
現場でのフィードバックやテストを経て開発されたブランクだ

グリップは、手の平全体でしっかり握り込んでロッドを支えることが出来るデザイン。ガイドは、富士工業社製ステンレスSiCガイドを採用。

ナワバリレンジを握り込んだ様子
ベイトモデルもしっかり握れるため、流れの速い瀬の中でも釣りやすい
ナワバリレンジのガイド
ステンレスSiCガイド

ほか、組み立てる時に便利なジョイントマークや、移動時に簡易的にルアーを固定出来るフックキーパーなど、便利な機能が満載だ。

ナワバリレンジのジョイントマークとフックキーパー
ジョイントマーク(左)やフックキーパーなど、細かい便利機能も嬉しい

メープルウッド特注パーツ採用。世界に1本の自分だけのロッドに

デザイン性も高く、グリップ部分には高級感のあるメープルウッドの特注パーツを採用。1つ1つ異なる木目模様で、世界に1つだけの、自分のロッドを持つことが出来る。

シンプルで使いやすい専用ロッドバッグは、各節ごとに収納できるポケット付きで、傷や破損から守ってくれる。

ナワバリレンジのグリップ部分
貴重な天然メープルのこぶを削り出して作ったパーツ。オンリーワンの模様となり愛着が湧く
ナワバリレンジの専用バッグ
専用のロッドバッグ付き。バッグもオシャレだ

他にはない便利な機能や、オシャレで魅力たっぷりなジャッカルの「ナワバリレンジ」。ぜひ、自分だけのスペシャルな1本で、アユルアーを楽しんでみてほしい。

製品情報

NameLength継数PowerLure WeightPrice
NR-S86/100M
(スピニングモデル)
2.60m/3.05m
8’6″/10’0″
4本Medium5~20g¥35,200
NR-C86/100M
(ベイトキャスティングモデル)
2.60m/3.05m
8’6″/10’0″
4本Medium5~20g¥35,200
 


詳細は、ジャッカル公式ホームページまで。

アユルアー特集 → 鮎ルアー特集 | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事 → 【ジャッカル】「よく釣れるオトリ」からヒントを得たアユ専用ルアー「オトリミノー」。シリーズ最大サイズ138mmも登場! | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事

20年目の質実剛健スピニング。使い手を選ばない操作性と、確かな剛性で進化を遂げた「セルテート」

【ダイワ】「アルファスSV TW」様々な釣種に対応する次世代ベイトリール

【ハヤブサ】「スクイッドジャンキーライブリーダート」生感をとことん追求した次世代のエギ

【釣りフェス2022】第13代アングラーズアイドルが23日(日)に決定!

「買った竿がすぐに折れた、交換しろ!」お客様の過剰なクレームや要求、どこまで対応すべき?【弁護士に聞く】

【全国釣竿公正取引協議会】ポスターと動画で釣竿の感電について危険性を周知

【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。~広島のクロダイに学ぶ~

【日本釣振興会】東京湾で「アジ釣り教室」開催。1投目からヒット連発!