人気上昇中のアーバンスタイルに最適。高コスパなチニング専用ロッド「シルバーウルフ」がモデルチェンジ

製品情報
シルバーウルフ
チヌ(クロダイ)、キビレをルアーで狙うのがチニング

近年、人気上昇中のチニング。
その理由は、チヌ(クロダイ)、キビレといった身近なターゲットが、時間帯やシチュエーション問わずに手軽に狙えるところにあります。
また、最近では様々な釣法が生まれ、誰もが気軽に狙える半面、いろんな攻め方で楽しめるところも、チニングの魅力の1つと言ってもよいでしょう。

シルバーウルフ
アーバンチニングのメインフィールドは、都市型河川、運河、港湾部など

「アーバンチニング」といったスタイルも進化。
アクセスのよい都市部の河川や運河、港湾のデイゲームで狙えるスタイルで、エントリーのしやすさからも、今後もさらに広がりを見せるチニングスタイルの1つです。

そんな「アーバンチニング」をコンセプトにした、新しいロッドがダイワから登場。

シルバーウルフ

シルバーウルフ

チニングロッドのエントリーモデル「シルバーウルフ」。コストパフォーマンスの高い専用ロッドが「アーバンチニング」モデルとなって、モデルチェンジしました。

シルバーウルフ
76MLB-S・W

シリーズ全体の特長は、チニングに必要とされるキャストフィールと操作性のよさ。

シルバーウルフ
高感度なソリッドティップ

従来よりも張りのあるソリッドティップを搭載し、精細なルアー操作を可能に。
多用されるフリーリグなどのボトム系リグがナチュラルにアクションできるようになり、操作性が向上。
チヌが違和感なくバイトし、フッキングレスポンスも抜群。

シルバーウルフ
多点ガイド

そして、軽快なキャスティングとルアーアクションを叶える、多点配置の小径ガイド設計。
糸絡みなどのライントラブルが軽減する、Kガイドの小径モデルを多点配置し、水中の情報をよりダイレクトに感知します。

シルバーウルフ
チニングで人気の高いボトム系リグの代表格・フリーリグ

フリーリグなどのボトム系リグを中心に、トップウォーター、バイブレーションなど、あらゆるルアーに対応する4アイテムのラインナップ。ベイトモデルのほか、スピニングモデルも用意されているのが、ベイトキャスティングに不慣れなビギナーさんにも嬉しい点ですね。

SPEC

シルバーウルフ

身近なフィールドで手軽に楽しめるチニング。だけどファイトはスリリングで、1度チヌを釣ってしまうと、その魅力にどっぷりと浸かってしまうこと請け合いです。
チニングの多彩な釣法に対応する、モデルチェンジした「シルバーウルフ」で、ぜひ体感してください。

詳細は、ダイワ公式ホームページまで。

関連記事

【入間川で釣ったアユ、買い取ります!】友釣り、ルアー問わず期間限定買い取り。ルアー区間大幅拡大中!

【ハヤブサ】エギングキャンペーン2020年10月11日(日)まで開催中、豪華賞品が抽選で当たる!

【フィッシングショーOSAKA2022】公式HPで23日放送の特番が視聴可能に!プレゼント企画もスタート!

釣り糸が見えると不利になる?(前編)。クロダイは釣り糸が見えているか実証実験!結果は…。

140名がサビキ釣り体験!「長州出島・こども釣り体験イベント」。日本釣振興会が地域と連携【九州リポート福岡発!】

【バレーヒル】「スクイッド・シーカー40ヘビー ラトリン♪」エギのバランスを崩さない軽量なアルミボールを採用!

【釣りフェス2022】トップエギンガー3人が和歌山で実釣ロケ!夢の共演!

全国から精鋭23チームが集結!「第16回クラブ対抗イカダ釣り選手権」。優勝は…?【黒鯛工房】