【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。~アオリイカの生態と資源~

スペシャル ニュース

前回は釣り人に「クロダイ王国」として知られる広島のクロダイ事情について紹介した。

関連記事 → 【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。~広島のクロダイに学ぶ~

広島のクロダイ資源は放流事業によって見事なV字復活を遂げた。
しかし、放流によって増えすぎたクロダイに想定外の問題が生じた。入荷量が多くなることで市場価格が暴落し、漁業者から敬遠されるようになった。

また、広島のマガキ養殖業者にとって稚貝を食べるクロダイは害魚として認知されるようになった。広島のクロダイは放流事業の成功という輝かしい実績を持つ反面、放流事業について新たな教訓をもたらしたのだ。

「アオリイカ」と呼ばれるイカ。実はちょっと問題が…

アオリイカの写真
今回は全国的に人気のターゲット、アオリイカの生態や資源について紹介する

今回からは(クロダイと同じように)全国的に人気のあるアオリイカについて紹介する。最初にアオリイカの基本的な生態について紹介する。

私たちがアオリイカと呼んでいるイカは、南西諸島に生息している小型のクワイカ、主に太平洋黒潮帯に生息し大型化するアカイカ、そして日本に広く分布するシロイカのいずれかに相当する。

クワイカ、アカイカ、シロイカは遺伝的に種レベルの違いがあり、学術的には既に別種として認められている。

少し前までアオリイカの学名に「Sepioteuthis lessoniana」が使われていたが、この学名に相当するのが3種のうちどれなのかも決まっていない。どれにも相当しない可能性もある。

また、アオリイカという標準和名も適切ではない状況で、今後、クワイカ、アカイカ、シロイカと呼ばれている3種の標準和名も学名決定後に再検討しなければならない。

今回の原稿では、日本に最も広く分布するシロイカ種の生態を中心に紹介するが、私たちが慣れ親しんだ「アオリイカ」を呼称として使用させて頂く。

アオリイカの写真
釣り人にも「アオリイカ」で通っているが、実は違う種のイカをまとめて「アオリイカ」と呼ばれている状態で、今後変更される可能性もゼロではない

稚イカの驚異的な成長スピード!

アオリイカの寿命は約1年で、産卵は5~7月が主だ。ふ化した時の仔イカの大きさ(胴長)は5㎜ほどだが、1カ月半で10倍の約50㎜に育つ。

稚イカの成長も早く「一潮(15日)ごとに大きくなる」と言われている。成長のペースは、1日に1㎜、一潮で15㎜、1カ月で3㎝が標準だ。

人工飼育では、100日もすれば胴長13㎝、170日で胴長20㎝、体重は500gを超えたという記録もある。「お盆を過ぎる頃に稚イカが湧いたように現れる」と言われるが、これには稚イカの驚異的な成長に起因している。

稚イカの成長や生存を左右するのは環境だ。アオリイカは水温20度以上の高水温帯を好む。高温好みのアオリイカが豊漁となるのは記録的な猛暑日が続いた年であり、そんな年はエアコンがよく売れ、米も豊作だ。

逆に、低塩分は稚イカにとって致命的だ。真水で3倍に希釈した海水(3分の1海水)に稚イカを入れると、10時間で全滅する。大雨を伴う台風は、稚イカに低塩分をもたらす危険性がある。

また、台風の風波によって稚イカが餌の少ない沖に流出されると生残が悪化する。長雨と台風が多い年は、アオリイカは不漁になる。

エギングと生態

アオリイカの驚異的な成長を支えているのが旺盛な食欲で、餌に対してどう猛で、貪欲にふるまう。食物連鎖で上位に位置するアオリイカにとって、動いているものはすべてターゲットだろう。

エギングで使う餌木の発祥は江戸時代中期の大隅諸島で、夜釣りに使用した松明(たいまつ)の切れ端にアオリイカが抱きついたのがヒントとなったという説がある。松明説はあくまで言い伝えであり、真実は謎だが、アオリイカのどう猛貪欲な性格を利用してるのが餌木とエギングだろう。

江戸時代の餌木(エギ)の写真
餌木は江戸時代から使われている漁具だ。アオリイカのどう猛な性格を上手く利用している(写真は2016年に開催された「釣道楽の世界」で撮影)

エギングの場合、アオリイカはシャクった後のフォールに反応する。おそらく、餌木のトリッキーな動きが「鍵刺激(かぎしげき)になっているだろう。

「鍵刺激」というのは反射的な行動のようなものだ。クモの巣に触れると、餌がトラップされたと勘違いしたクモが反応するのと同じだ。

エギングで演出されたトリッキーな動きは弱った魚と同じであり、アオリイカからは必ず捕獲に成功できる絶好の餌に見えている。どう猛で貪欲なアオリイカの食欲をそそる効果的な「鍵刺激」になるだろう。

次ページ → 気になるアオリイカの視力!実はスゴイ見えてます!

1 / 2
次へ

関連記事

北九州市・紫川の遡上を手助け。石組み魚道を補修整備。「LOVE BLUE」の資金活用

【シミズ】「SMZメジャーキーホルダー」全長150㎝まで計測できる小型メジャー

【サンライン】「ライトフィットグローブ」長時間の着用でも疲れを感じにくい

【釣りフェス2022】トップアングラーがタチウオ釣りを語る!実釣映像を見ながらトークショー

【ニッコー化成】「スーパータコベイト」にニューカラー4色が追加

【がまかつ】「ラグゼ ハンドウォーマーLE-700」使い捨てカイロ用ポケット採用で保温性向上

【モーリス】「VARIVAS アームカバー VAI-08」夏の日差しから腕を守るアイテム

【ティムコ】「レッドペッパーナノ」ライトゲームで使えるルアー