(公財)日本釣振興会神奈川県支部、横須賀市の人気釣りスポット「海辺つり公園」でカサゴの稚魚5000尾放流

ニュース
神奈川県横須賀市にある人気釣りスポット「海辺つり公園」でカサゴの稚魚が放流された

 (公財)日本釣振興会神奈川県支部では2020年9月25日(金)に神奈川県横須賀市にある「海辺つり公園」でカサゴの稚魚5000尾の放流活動を行った。

 この放流事業は当初、「水辺感謝の日」のイベントとして10月11日(日)に神奈川県横須賀市にある荒崎公園で開催が予定されていた「荒崎グリーンフェスタ2020秋」の中で、地元や観光客の子供も参加して実施される予定だった。

今回放流したカサゴの稚魚のサイズは平均60㎜前後だった
今回放流したカサゴの稚魚のサイズは平均60㎜前後だった

 しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響からイベント自体の開催が中止となり、日程・場所を変更して2020年9月25日(金)に神奈川県横須賀市にある「海辺つり公園」でカサゴの稚魚の放流事業が実施された。

放流に参加したスタッフ
放流に参加したスタッフ

 「海辺つり公園」は2020年9月11日(金)に時間を短縮して営業を再開したが、今回の放流も密を避けるために平日にスタッフのみで実施した。

 【報告:(公財)日本釣振興会神奈川県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【ハヤブサ】「コンパクトロッド かんたん投げ釣りセット 2本鈎2セット」道糸を結ぶだけの簡単仕掛け

【ダイワ】「エギングパーティー2020」今年はオンラインイベントとして開催

【浜市】「サビキ三昧」釣りエサがチューブに入って手軽に使用できる

【Oland】「Troll Weight」レイクトローリングを手軽に楽しめるアイテム

【天龍】「ホライゾンMJ」ハイピッチ&スローに対応するジギングロッド

【フジノライン】「AQナイロンへら道糸/AQナイロンへらハリス」

公益財団法人日本釣振興会「水辺感謝の日」、2019年度の実施報告

【第2回】やるぞ内水面漁業活性化事業、第二期へ。未来の漁協運営モデルを創出