フィッシングショーOSAKA2020、初日終了。国内外の業者で賑わう

ニュース
フィッシングショーOSAKA2020のオープニングセレモニーの様子
オープニングセレモニーのテープカットの様子。ショーの開幕が告げられた

 2月7―9日(7日は業者商談日・8-9日が一般公開日)、大阪南港のインテックス大阪で行われている「フィッシングショーOSAKA2020」の初日が終了した。

 7日は終日業者商談日で、関係業者のみが入場でき、一般の人は入場する事はできない。

 今年も国内外の多くの釣り関係業者が会場を訪れていた。

フィッシングショーOSAKA2020の会場内の様子
会場内の様子。話題の新製品が多く各ブースで活発な商談が行われていた

 今年は新型コロナウイルスの影響で、来日をキャンセルする海外の業者や、国内でも大阪への出張と取りやめる業者もいた。
 
 フィッシングショーOSAKAの主催者としては、新型コロナウイルスへの対応をホームページに事前に掲載したほか、スタッフもマスクを着用。また各入場口等にアルコール消毒液の設置などの対応を行っている。

 ショーの会場は、国内最大規模の釣り用品展示会とあって、話題の新製品などが多数出品され、各ブースや商談スペースでは例年と変わらず活発な商談が行われていた。

 業者商談日の来場者数は新型コロナウイルスの影響もあったが、昨年より1割減に留まり、混乱もなく例年通りに初日が終了した。

 2月8日(土)、9日(日)が一般公開日であり、今年も多くの来場者が予想される。

 各ブースでも、スタッフのマスク着用や出品物の定期的な清掃など、新型コロナウイルスの対策を行いながらも、多くの釣りファンに向けて新製品や釣りの楽しさのPRを行いたいとしている。

 フィッシングショーOSAKA2020公式ページ

関連記事

【釣研】「ウキ釣り超入門セット」誰でも簡単に仕掛けセットが可能

コピー商品(模倣品)の釣り具を発見!どうしたらいいの?【弁護士に聞く】

ハヤブサ創業60周年記念 インスタフォトコンキャンペーン

【がまかつ】「瀬戸マダイシラスプロサビキ ショート」全長3.4mのショートタイプのマダイサビキ仕掛け

【フィッシングショーOSAKA2022】サンテレビ特番の予告映像がYouTubeで配信中!

【テイルウォーク】「KEISON RUNSBACK SPEC-K」1日振り続けても持ち重りしない軽さのトラウトロッド

【オーナーばり】「ハイパー五目城」堤防の足元狙いならこの製品がオススメ!

【マルキユー×上州屋】鎌田誠が解説!「クロダイウキ釣り塾」秋田港北防波堤にて開催