(公財)日本釣振興会北海道地区支部、子供向け「ヤマメ釣り体験教室」開催。魚の引きに大歓声!

ニュース
公財)日本釣振興会北海道地区支部が開催した「ヤマメ釣り体験教室」の様子

 (公財)日本釣振興会北海道地区支部では2020年9月22日(火)に、「札幌市豊平川さけ科学館」敷地に水槽を設置し「ヤマメ釣り体験」を行った。

 集まった小中学生102人はヤマメを釣り上げるたびに歓声を上げていた。

 ヤマメ釣り体験は「札幌市豊平川さけ科学館」の「サケとふれあうミニイベント」の参加事業で、縦2.2m、横4.5m、深さ84㎝のビニール製の大型水槽を設置。

 15㎝程のヤマメ約500尾を大型水槽の中に放し、1人5分の制限時間内にヤマメ3尾を釣ったら終了、釣っても釣れなくても3尾持ち帰ることができる企画を行った。

 参加料は300円で、午前、午後の部に分け先着順で各50人を募ったところ、30分前から並ぶ人が多く、午前も午後もあっという間に定員に達した。

 参加者には指導員が付いたが、釣り経験のある子供はブドウムシなどのエサを付け、仕掛けを落とすと瞬く間に3尾を釣り上げていた。

 また、釣りが初めての子供は指導員のアドバイス通りに仕掛けを投げ入れウキが沈むと同時に竿を上げると、元気のいいヤマメが体を震わせながら上がり、びっくりしながらも嬉しそうな笑顔を見せていた。

 結果的にほとんどの参加者がヤマメ3尾を釣り上げていた。

 【報告:(公財)日本釣振興会北海道地区支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【ささめ針】「SASAMEインスタぬりえキャンペーン」5月17日(日)まで開催中

【ダイワ】「ブレイゾン モバイル」振り出し式モバイルバスロッド5機種

【デュエル】「アオリーQ」安定したフォール姿勢がアオリイカを魅了する

【SLP WORKS】「RCSB SV BOOST 1000スプール G1/ブラック」軽量リグから重量ルアーまで幅広く対応

【テイルウォーク】「キャンピーⅡ」ワンタッチで簡単にキャストできる

「ゆるキャン△」コラボのアウトドアグッズが「DRESS」から登場。釣行にも便利!

【ニッコー化成】「WINNOW 3.75inch」バスをターゲットにしたミノー系ワーム

【訃報】シマノ最高顧問・島野喜三氏が逝去