【全国釣竿公正取引協議会】釣竿公正マーク周知広報ポスター(2020年度秋冬版)完成。信頼のマークをPR

ニュース
全国釣竿公正取引協議会のポスター
「釣竿公正マーク」を広く知ってもらうために制作されているポスター。全国の釣具店等で目にするはずだ

 全国釣竿公正取引協議会(藤井治幸会長)では、「釣竿公正マーク」の周知広報ポスター(秋冬版)を発表した。

 「釣竿公正マーク」とは、「釣竿の表示に関する公正競争規約」の内容及び条件に適合しているか、全国釣竿公正取引協議会が審査し、合格した釣竿のみ交付されるマークだ。

釣竿公正マーク
釣竿に表示されてあるこのマーク、見た事のある人が多いはず
実際に釣具店に出向いて、店頭での調査も行われている。2018年には、ふくだあかりさんも調査員として参加している

 つまり、「釣竿公正マーク」のある釣竿は、釣竿の全長や自重などの表示が「釣竿の表示に関する公正競争規約」に則り、適正に表示されているという事だ。

 このポスターは、全国釣竿公正取引協議会の活動や「釣竿公正マーク」を多くの人に知ってもらうために制作されている。モデルはふくだあかりさん。全国の釣具店等で目にするはずだ。

 関連記事:「会員対象調査の実施」 https://tsurigu-np.jp/news/408/

 詳細は全国釣竿公正取引協議会 http://www.jaftma.or.jp/koutori/

関連記事

【サンライン】「ベーシックFC」あらゆる釣りに対応するフロロカーボンライン

【明邦化学工業】「ウォーターガード72」水に強い防水構造のボックス

【ルミカ】「神経絞めMEDIUM」漁師の技術を手軽に再現できるアイテム

【シマノ】「フォースマスター9000」深海をハードに攻める電動リール

「釣りフェスティバル2021」オンラインで開催決定!その詳細は…

【サンライン】「メッシュトップバケツ」開閉式メッシュトップ蓋採用、魚をストックしたまま水の汲み換えが可能

【ポイント】大分高城店、出雲店、八幡本店で「2020 鮎新製品展示受注会 」開催

【上州屋】5月31日(日)「北関東ルアー・フライフェスタ2020展示受注会」開催