(公財)日本釣振興会神奈川県支部、神奈川県横須賀市「海辺つり公園」にメバルの稚魚5000尾放流

ニュース
2020年7月17日、神奈川県横須賀市の「海辺つり公園」でメバルの稚魚約5000尾が放流された
2020年7月17日、神奈川県横須賀市の「海辺つり公園」でメバルの稚魚約5000尾が放流された

 (公財)日本釣振興会神奈川県支部では、2020年7月17日(金)に神奈川県横須賀市にある「海辺つり公園」でメバルの稚魚約5000尾の放流活動を実施した。

 例年、この時期に行われる全磯連神奈川県支部主催の「青少年少女つり大会」への協賛イベントとして、釣り大会に参加している子供たちの協力のもと実施しているメバル稚魚放流。

メバルの稚魚をバケツリレーで運ぶ様子
メバルの稚魚をバケツリレーで運ぶ様子
メバルの稚魚
今回放流したメバルの稚魚は平均60㎜前後だった

 しかし新型コロナウイルスの影響に加え、2019年9月に関東地方を直撃した、台風15号による公園施設の損壊以降閉園が続いていたため、今回の放流は(公財)日本釣振興会神奈川県支部・海辺つり公園・神奈川県栽培漁業協会のスタッフのみで実施した。

 今回放流したのは平均60㎜前後のメバルの稚魚約5000尾だった。

 【報告:(公財)日本釣振興会神奈川県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【シマノ】「STELLA SW」追加機種が登場

マルキユー・プライムエリアヘラフェスタ 茨城県友部湯崎湖で10月22日に開催

【サンライン】「ライトフィットグローブ」長時間の着用でも疲れを感じにくい

【アングラーズグループ】「2020秋フォトコンテスト」開催中!釣った対象魚の写真を提出して豪華賞品をゲットしよう!

【タカミヤ】「雲丹笑油」ウニ贅沢使用の激旨調味料

【テイルウォーク】「SUPER AJIST TZ」人気アジングロッドに追加機種が登場

【シャウト!フィッシャーマンズツール】「スーパーライトアシスト」スーパーライトジギング対応細軸アシストフック

【がまかつ】「がま船 シーファング マルイカ」掛ける調子のマルイカ専用船竿