アユルアーでもっと釣りたい人必見!DUO萩原トオルが大内山川で入れ掛かり!釣果アップの攻め方を大公開!

スペシャル ニュース
鮎ルアー特集
良型のアユを釣るデュオの萩原さん
6月中旬の取材だったが20㎝を超える良型のアユもヒット。追星もしっかり出た良型のアユで、すさまじい引きを見せていた

アユルアーは7ー9月がハイシーズンとなる。アユルアーを楽しんでいる人の中には「どのように釣ればよいか分からない」、「今よりもっと釣れる方法を知りたい」と思っている人も多いのではないだろうか。

そこで、今回はDUOの萩原トオルさんに、三重県屈指のアユ釣り河川である大内山川(おおうちやまがわ)でアユルアーの釣りを披露してもらった。結果はなんと、友釣りも含めて当日の大内山川で竿頭の釣果。萩原さんはどのような釣りをしたのか、ぜひご一読下さい。

三重県の大内山川は今年(2024年)からアユルアー開放エリアを大幅拡大!

大内山漁協
大内山漁業協同組合の事務所。国道42号線沿いにあり見つけやすい。釣行前に立ち寄って遊漁券の購入や最新の状況を聞いておこう

大内山川は毎年多くの友釣り師で賑わう、三重県を代表するアユ釣り河川の1つだ。その大内山川で今年からアユルアーが楽しめるようになった。当初は大内山川支流の三ケ野川だけだったが、6月14日より本川である大内山川でもアユルアーが解禁された。アユルアーを楽しむ人から大注目の釣り場となっている。

大内山川に限った話ではないが、アユルアーをする場合、ルアーでアユ釣りをして良い河川かどうか、エリアは限定されているかどうか、掛け針のルール等をホームページで確認し、不明な点があれば、直接各漁協に確認してからアユルアーを楽しもう。

取材前日は全国的な大雨。各地の河川は大増水と濁り。しかし大内山川は…

大内山川の様子
回復の早い大内山川。恐らくこの日の朝から鮎釣りが出来た河川は全国的にも少なかったのではないだろうか

取材を行ったのは6月19日。前日の18日は西日本、東日本の広い範囲で大雨となった。大内山川でも前日未明から昼までは大雨となり、増水と濁りで釣りが出来る状態ではなかった。

しかし、大内山川は濁りが抜けやすく、水位も戻りやすい。大雨からの回復が早い川としても知られている。19日の朝には水位はプラス50㎝となっていたが、濁りも収まりつつあり、アユルアーも出来る状態になっていた。

午前10時より大内山川の中流域で釣りスタート!

当日は午前8時に大内山漁協に集合し、漁協で色々と情報収集を行った。そして、最初に入るポイントは大内山川の中流域、「ひこ瀬」と呼ばれるエリアに決定。ここは最近アユの友釣り師が入っていないという情報に加え、深場や瀬など様々なポイントがあるので増水の影響も少なく、この一帯を行き来するアユも多いはずという理由で選択した。

道具の撮影なども行い、午前10時頃にいよいよスタートフィッシングとなった。

萩原トオルさん
萩原さんのアユルアースタイル
萩原さんが使っている鮎ルアーの写真
当日使用した萩原さんの一軍ルアー。ルアーやアイテムは別記事で詳しく紹介

関連記事 → アユルアーのテクニック、装備、タックル、便利アイテムを一挙紹介。DUO萩原トオルさんを取材 | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

当日の状況としては、決して良いコンディションではなかった。前日までの大雨の影響で増水し、水温も通常より3~4度下がっており、アユの活性も低そうだ。そのような状況を萩原さんはどう攻略するのか。一通り川の状況を確認した萩原さんは、1つのルアーを手にした。

デュオの流鮎ディープ
流れが強い場所や深い場所には「流鮎DEEP」が最適。実は浅い場所から深い場所まで探れる万能ルアーでもある。萩原さんの使用頻度も高い

萩原さんが最初に選んだのは「流鮎ディープ」の「煽り鮎」という派手系のカラーだ。「流鮎ディープ」を選択したのは、水量が多く流れが強いため、ショートリップのアユルアーでは底が攻めにくいからだ。また薄く濁りが入っているため、視認性の高いカラーを選択した。

大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
朝は水量が多く僅かながら濁りも入っていた。時間が経つにつれ、水位も下がり水温も上がっていった

朝は流心を外した筋を攻め、水温が上がってから流心を攻略

まず、萩原さんは瀬や流心ではなく、流心から少し外れた流れのやや強い筋を攻めていく。川を下りながら、同じ筋を攻めていった。すると…!

大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
1尾目を掛けた萩原さん。DUOのアユルアーロッド「翠流10.6」が気持ちよく曲がる
大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
手前まで寄せてくると抜き上げてネットイン

釣りを始めて約20分で早速1尾目が掛かった。慎重に取り込み見事にネットイン。シーズン序盤らしく小型のアユだったが、幸先の良いスタートとなった。同じ攻め方で掛かるアユがいるのか、川を下りながら同じ筋を攻めていった。

流鮎ディープと掛かったアユ
流鮎ディープはボディが10㎝。ルアーとそれほど変わらないサイズだが良く引くアユだった

しかし、1尾目が釣れた流れの筋で連発とはいかなった。萩原さんも川底を観察しながら釣りをするが、群れアユや石に付いているアユも確認できず、アユの活性はまだ低いと判断した。そして、本命は流心にいそうだがそれは残しておこうと考えた。水温がもっと上がってから攻めた方が掛かる確率も高いからだ。こういった判断は重要だ。

萩原さんは流れの強い場所や緩い場所などいろいろなポイントを探りながら川を下っていく。

途中、「流鮎ディープ」と「流鮎バイブ」を水深によって使い分けていた。

下流にある段々瀬に入ると、大きな石にアユのハミ跡も付いており、近くに深場もあり、いかにも魚が溜まっていそうなポイントを発見した。

「流鮎DEEP」がアユの付いた石の回りをウロウロ…!段々瀬で入れ掛かり!

大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
掛かり出すと、アユルアーは友釣りよりも手返しが早い事が多い

流れも強いため、引き続き「流鮎ディープ」で魚の溜まっていそうな石の回りにルアーを行き来させると「ゴンッ!」と気持ち良いアタリが出た。縄張りアユが掛かってきた。

大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
2尾目と同じ場所でこの後も連発した。アユが多く付いている場所は、何尾も連続して釣れる場合がある
大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
サイズは小型だが追い気のあるアユだった

その後も「流鮎ディープ」で連発が続いた。結局、この場所で5尾の入れ掛かりとなった。流れの強さや水深で、適切なルアーを選ぶ事もアユルアーで釣果を上げるために重要だ。

釣りを始めてから約2時間、正午までに6尾をキャッチした。当日の状況を考えると上々の釣果だ。

ここで、監視に回ってきた漁協スタッフに話を聞くと、他のポイントで釣っている友釣りの人は釣れていないという。一般的にアユルアーは友釣りより釣れないと言われるが、この日はアユルアーの方が釣果が上回っていた。

大内山川でアユを釣るデュオの萩原トオルさん
「流鮎DEEP」がハマり入れ掛かりとなった

上流側へ大きく場所移動。本命の瀬や流心攻めでついに…

萩原さんは段々瀬の下流まで攻めた後、大きく上流側に移動し、今度は深場やトロ場も狙ってみた。しかし、アユの姿は見られるが、ルアーにアタックしてくるアユはいなかった。

大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
上流側の背肩(瀬の上流側)を攻める。流れも緩い。通常は魚のストックも多く良いポイントだ

そこで、川を下りながら、今度は本命の瀬や流心を攻めていく。

萩原さんは川を切るように下流に向かって斜めにルアーをキャストし、引いてくる。時には流れに対して横向きにキャストをする。石の回りで止める時間も短い。ルアーを動かし続ける攻め方だ。また、キャストは最大でも20mだ。サイドハンドでキャストし、近距離の石を狙い、流れの中を引いてくる。

石が見えない場所までロングキャストをする必要はない。ロングキャストは掛かったとしても、魚がバレる事も多くオススメしないそうだ。

DUOの翠流の写真
アユルアーではベイトロッドを推している萩原さん。クラッチ操作でルアーのポジションを変えられるなどメリットが多い

使っているルアーは「流鮎ディープ」だ。底に石があれば、激しい流れの中でもルアーが落ち着く場所が出来る。いろいろな角度からルアーを通して、石の場所や流れの強弱を確認しながら、アユが付いていそうな場所を探していく。

大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
瀬を攻める萩原さん。色々な角度から狙った石の回りにルアーを通していく

すると、今までで一番の強いアタリが出た。萩原さんも「アユか?ウグイか?」と迷うほど強く重い引きだ。

瀬を下りながら慎重にやりとりする。萩原さんが使っているアユルアーロッドの翠流は良型が来た時にもバレにくく、安心したファイトが出来る

そして、ついにネットに入れたのは、20㎝を超える良型のアユだ。良いコケを食べているのか体色も黄色い。萩原さんが狙っていたアユだ。瀬など強い流れの中には、こういった強い個体が付いている事が多い。大雨の翌日で状況も良くない中、会心の1尾となった。

良型の鮎を釣ったデュオの萩原さん
「流鮎DEEP」で瀬を攻略し、黄色い体高もある見事なアユをゲット。強い流れの中には強いアユがいる事が多い
流鮎ディープと良型の鮎
流れの強烈な場所でも底付近でルアーが安定する場所がある。そういった場所を探すためにも「流鮎DEEP」は使いやすい

「流鮎VIB」で攻めて更に良型を追加!

その後、川を下りながら流心の脇を流れる強い流れの筋を攻めていった。ルアーも「流鮎バイブ」に変更した。流れが強い場所で、ある程度浅ければ「流鮎バイブ」が使いやすく、一定以上深くなると「流鮎ディープ」が使いやすくなるそうだ。

そしてやや浅い場所を「流鮎バイブ」で攻めているとドンッ!と良いアタリがあった。

大内山川でアユルアーをするデュオの萩原トオルさん
翠流がキレイに曲がっている。大内山川では10.6ftというロングロッドのメリットも十分に活かせる
流鮎バイブとアユ
「流鮎VIB」で釣れたキレイなアユ。ルアーの使い分けも楽しい

この後も、アユを掛けて更に追加していき、夕方に終了となった。結果的には22㎝頭に11尾。後で漁協に聞くと、当日の大内山川でトップ釣果と会心の釣行となった。途中、ネットイン間際のバラシ等もあったので、これ以上の釣果も望めた。

1日の動きの組み立ても大切。水の流れや水深に合わせて適切なルアーを投入

当日、萩原さんは早朝にザっと全域を見て回り、漁協から情報も聞いて大まかに狙う場所を選んだ。実際に釣りをはじめ、状況を確認しながら良型が付いていそうな流心などは水温が上がる昼以降に残していた。それぞれの場所で、流れの強さや水深に合わせて適切なルアーとカラーをチョイスした。特に「流鮎ディープ」と「流鮎バイブ」というルアーセレクトが完全に合っていた事が好釣果を出せた大きな要因だ。アユルアーで釣果を伸ばす際、こうった1日の動きを組み立てる事も重要で、楽しさも増えるはずだ。

7月から9月のハイシーズンは、さらに釣果が見込める。良型の入れ掛かりもあり得える。しっかりと戦略を立てながら、大内山川でアユルアーの腕を磨いてみてはどうだろうか?

大内山川でアユルアーを楽しんだデュオの萩原トオルさん
6月19日の大内山川での釣果。大雨の翌日だがこれだけの釣果となった

当日の萩原さんのタックル

デュオの翠流
萩原さんのタックルはシンプルで良く整理されている

ロッド:翠流10.6
リール:カルカッタコンクエストBFS HG LEFT
ライン:PE0.4号 + フロロ6lbを2ヒロ

関連記事 → 鮎に本気のDUOからアユルアー専用ロッド「翠流」が登場。10.6ftの超ロングロッドもラインナップ | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事 → 鮎ルアー特集 | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事

風や気温、小雨など、著しい環境変化に対応する高機能ウエア「ブローアタックフーディー」

【サンライン】「Angler’s Ecology(アングラーズエコロジー)」を発表。釣りをずっと楽しむため、自然環境保全・回復に貢献

【テレビ愛知】「Fishing Lover 東海」10月2日(土)放送開始!毎週土曜日朝7時~7時半放送

【デュエル】「ハードコア モンスターショット[S]」高強度の肉厚ボディと貫通ワイヤー構造のSWプラグ

【あと少しに手が届く!】「ど遠投カゴサビキ」とにかくよく飛び、操作性も抜群【釣研】

釣り具メーカーのテスターが問題動画投稿、SNSで大炎上。過激な誹謗中傷に法的措置は取れる?【弁護士に聞く】

【明邦化学工業】「VS-7090N」リフトアップシステム搭載!タックルの出し入れがスムーズに

【マルキユー】「ロッドケースISO-01」水や汚れに強いPVC、EVA素材採用